サウジアラビアは35年ぶりの映画館解禁。映画を自由に観ることができない国があるって本当?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

サウジアラビアは35年ぶりの映画館解禁。映画を自由に観ることができない国があるって本当?

2018.04.20

提供:マイナビ進学編集部

サウジアラビアは35年ぶりの映画館解禁。映画を自由に観ることができない国があるって本当?

皆さんの中には、話題の映画を観るためによく映画館へ行くという人も多いのではないでしょうか。映画を自由に観ることができる日本とは違い、政府が上映する映画を厳しく制限している国があることをご存じですか? ある国では、実に35年ぶりに映画館の営業が解禁される見通しとなりました。そもそも禁止された理由は何だったのでしょうか?

この記事をまとめると

  • サウジアラビアでは、宗教上の理由で禁止されていた映画館が35年ぶりに解禁される
  • イランやタイなどは、監督や作品によって映画の制作・上映が禁じられている場合がある
  • こうした異文化を理解する学問に国際文化学がある

上映禁止の理由は、宗教と関係アリ?

映画館の営業が禁止されていた国は、西アジアに位置するサウジアラビアです。サウジアラビアでは、1970年代には映画館の営業が認められていましたが、現在は政府の方針で禁止されています。その理由は宗教上の問題にあるようです。

サウジアラビアでは、国民の多くがイスラム教を深く信仰しています。イスラム教には男女の過ごし方や娯楽など生活習慣について厳しい決まりがあり、国による政策もこうした宗教観を反映しています。1980年代初期からは特に規制が厳しくなり、公的な場所で男女が一緒に過ごすのはよくないとして、それまであった映画館は廃業になってしまったのです。

しかし、このたびムハンマド・ビン・サルマン皇太子が主導する近代化政策の一環で、2018年3月を皮切りに300施設を超える映画館が順次オープンする予定なのだとか。

とはいえ、映画館の解禁でようやく好きな映画が観られると喜ぶのは少し気が早いかもしれません。政府は、国の価値観やイスラム教に基づいて法律に合った映画のみ、上映を認める方針です。つまり上映される映画は制限される可能性があるのです。今後、自由に映画を楽しめるようになることがあれば、サウジアラビアの人々の娯楽は大きく変わりそうですね。

映画を観るのもダメなら、撮るのもダメな場合も!?

サウジアラビア以外でも、海外には政治的な理由から映画の上映だけでなく、制作さえ禁止となるケースがあります。例えば、イランのジャファル・パナヒ監督は2010年、自身が手掛けた映画作品が「反体制的」などの理由で逮捕されました。アメリカのスティーヴン・スピルバーグ監督ら、名だたる著名人たちの嘆願や本人の努力で保釈が実現しましたが、政府は20年間の映画制作禁止の他、脚本執筆、出国すら禁じました。

また、タイのアピチャッポン・ウィーラセタクン監督は、海外からの評価が高く、日本でも作品が上映されるなど人気を集めている監督ですが、その作品には現代のタイの政治的な描写や皮肉が交えられているとされ、タイ国内での上映は禁止とされています。私たちにとっては普通の娯楽作品でも、国によっては見方が全く異なることがあるのですね。

映画などから異文化を理解し、考える国際文化学

このように世界のあらゆる国々や地域で生じている課題を、映像や音楽、絵画などの文化的な作品や現象を通して読み解き、解決方法を探ることは「国際文化学」で学ぶことができます。私たち日本人にとっては楽しめる映画が外国では物議を醸すこともあるように、一つの作品や文化が国ごとで異なってとらえられることは興味深いと思いませんか?

国際文化学部がある学校には、各国の民族や宗教、言語や芸術などに着目したさまざまなコースがあります。国ごとの考え方の違いについて理解を深めつつ、広い視野で世界全体の情勢をとらえるためです。学校によっては講義だけでなく、海外留学やインターンシップを行う場合もあります。

国際文化学に興味がわいた人は、今度観に行く映画がどこの国で制作されたものかに着目してみてはいかがでしょうか? ストーリーの端々にその国の社会情勢などが垣間見えるかもしれません。身近なところから国際文化学への関心を深めていってください。

【参考文献】
シネマトゥデイ
https://www.cinematoday.jp/news/N0096861https://www.cnn.co.jp/showbiz/35102215.html
Real Sound
http://realsound.jp/movie/2017/10/post-114823.html
ぴあ関西版WEB
http://kansai.pia.co.jp/interview/cinema/2016-04/thaiarteiga.html
Arab News
http://www.arabnews.com/node/1091441/saudi-arabia
毎日新聞
https://mainichi.jp/articles/20171212/k00/00e/030/198000chttps://mainichi.jp/articles/20170502/k00/00e/030/190000c

この記事のテーマ
国際・国際関係」を解説

国際問題とひと口に言っても、貧困問題や民族間紛争、資源や食料、環境問題、経済的な競争や協調など、じつにさまざまです。こうした問題を抱えた国際社会で活躍できる人材となるためには、語学力はもちろん、世界各地の文化、経済、政治、法律など、学ばなければならない範囲は多岐にわたります。実際に海外で活動するためには、異文化への理解やデリケートな国際感覚も求められます。留学生との交流や自身の留学も役立つでしょう。

「国際・国際関係」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「国際関係学」
はこんな学問です

世界各地と日本、または研究対象に選んだ地域の問題を、歴史学・社会学・経済学・政治学など幅広い学術的な視点から理解・分析する学問。国際社会のさまざまな問題を把握し、国際的な政治、経済、法律も活用して、異文化地域や利害関係を持つ国家・地域同士が共存を図る方法を見出していくために大切な学問である。外資系企業、旅行業界、海外取引のあるメーカーのほか、公務員や教員など学びを生かせる仕事の幅は広い。

「国際関係学」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける