【シゴトを知ろう】絵付師 ~番外編~

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

【シゴトを知ろう】絵付師 ~番外編~

2018.02.05

提供:マイナビ進学編集部

【シゴトを知ろう】絵付師 ~番外編~

九谷焼の絵付師として30年以上の経験を持つ高畠敏彦さんは、絵付けの仕事のほかに、金沢(石川県)を訪れる観光客向けの絵付け体験の講師としても活躍されています。九谷焼の制作工程や絵柄のデザインについてお話を伺いました。

この記事をまとめると

  • 奥様も九谷焼の絵付師。絵付けや絵付け体験講師の仕事を手伝ってくれることも
  • 一般に販売される作品を制作しながら、個人の制作活動に取り組む
  • 専門性が高い絵付けの仕事。陶芸や窯業に特化した学校で知識・技術を身に付けよう

大量生産に対応するために分業化されている制作工程

――九谷焼は分業体制が確立しているそうですが、絵付師が行うのはどの工程でしょうか?

一人の作家が土づくりから成形、素焼き、絵付け、焼成(窯での焼き上げ)までを一貫して行っていた時代もありますが、現在は量産化に対応するために、素焼きが終わった後に下絵を描いたり最終的な仕上げの工程となる上絵を施したりといった、いわゆる絵付けの部分から仕上げの焼成までを絵付師が担当するのが一般的です。

九谷焼の場合は、鮮やかな色使いで彩色される上絵付けの工程で窯ごとに異なる技法や作風が発揮されます。上絵付けが終わると、最終の焼成工程に入ります。


――仕事場について教えてください。作業は一人で行っているのでしょうか?

絵付け体験の講師の仕事は金沢市内の九谷焼専門店の2階で行い、参加者の方が絵付けをした磁器は、金沢市の近隣にある自宅の工房に持ち帰って窯で焼いています。

実は私の家内も絵付けの仕事をしていて、別の場所に工房を持っています。普段はそれぞれの工房で絵付けの作業を行っていますが、絵付けの仕事が立て込んできた時や絵付け体験の参加者が多くて私1人では対応が難しい時などは、家内が手伝ってくれています。

斬新なデザインは音楽からインスピレーションを受けている

サンタナのアルバム「キャラバンサライ」に影響を受けて制作された「悠久の旅」

サンタナのアルバム「キャラバンサライ」に影響を受けて制作された「悠久の旅」

――どんな絵付けをされているのか教えてください。

絵付けをする磁器には、販売を前提として問屋や九谷焼専門店から依頼を受けて制作する一般商品と個人で制作する作品があります。

一般商品は万人受けするような絵柄や九谷焼の伝統的な絵柄が中心で、プリントや型を押すだけのもの、型紙を使って絵付けをするものなどがあります。それらに対して年に数回個人で制作する作品には、私が自分でデザインした絵を描いています。絵柄は風景画や女性をモチーフとした作品が多いですね。


――絵柄のアイデアはどのようにして生み出していますか?

私は絵が好きですが音楽も好きで、九谷焼に関わる仕事をする前は音楽関係の仕事をしていました。好きな曲やレコードジャケットのデザインからインスピレーションを受けて、絵柄のアイデアにすることもあります。

アメリカのラテンロックバンド「サンタナ」のアルバムからヒントを得て描いた飾壺もあります。「悠久の旅」という名前でシリーズ作品になっていて、これまでに数種類の作品を発表しています。第53回創造展会員賞をはじめ、シリーズ3作品それぞれ賞をいただいています。

技を極める職人の世界。まずは基本的な技術習得から

――絵付師になるにはどんな方法がありますか?

いろいろな方法があります。芸術系・美術系の大学や専門学校で学び、窯元や食器メーカーに就職して絵付師を目指す人もいますが、絵付けの仕事は専門性が高いので、大学や専門学校で広く浅く学ぶだけでは技術を修得するのは難しいと思います。

私は働きながら通える陶芸の専門学校で、陶芸の基礎技術から焼き物の絵付けに関する知識・技術まで詳しく学びました。陶芸や窯業の高度な技術を学ぶための専門学校は全国に複数あるので、そのような学校に行った後、絵付師として活躍している人に弟子入りして技術を身に付ける方法もありますね。


大好きな音楽からインスピレーションを得て制作した高畠さんの作品は、斬新なデザインでとてもインパクトがありますね。

伝統的なデザインから現代的なオリジナルデザインまで陶磁器に施される絵柄の種類は幅広く、そこに絵付師の仕事の魅力があります。将来、陶磁器の絵付師になりたいと考えている人は、陶磁器がどのようなシーンで使われているのかを観察し、そのシーンに合った絵柄を考えてみてはいかがでしょうか。


【profile】九谷焼絵付師 伝統工芸士 高畠敏彦

取材協力:野村右園堂 http://uendo.jp/

この記事のテーマ
デザイン・芸術・写真」を解説

デザインは、本や雑誌、広告など印刷物のデザイン、雑貨、玩具、パッケージなどの商品デザイン、伝統工芸や日用品などの装飾デザインといった分野があり、学校では専門知識や道具、機器を使いこなす技術を学びます。アートや写真を仕事にする場合、学校で基礎的な知識や技術を身につけ、学外での実践を通して経験やセンスを磨きます。

「デザイン・芸術・写真」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「絵付師」
はこんな仕事です

絵付師とは、陶磁器に意匠を施す職人のこと。陶芸の表現方法の中でも重要な工程が、絵付けである。例えば、有田焼の場合、素地に絵や模様を描く「下絵付け」、表面に釉薬をかける「釉掛け」、高温で焼き上げる「本焼き」。さらに、本焼きした器に赤や緑など色絵の具で絵を付ける「上絵付け」といった工程を経て、美しく繊細な色絵が完成する。高度な画力とデザイン力、正確さが要求される仕事だが、美術系の大学や専門学校で学んだ後、窯元や食器メーカーなどに就職し、日々腕を磨くことで一人前に成長できる。

「絵付師」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける