専門職大学と大学には、それぞれどういう違いがあるの?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

専門職大学と大学には、それぞれどういう違いがあるの?

2018.01.19

提供:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

専門職大学と大学には、それぞれどういう違いがあるの?

2019年から新たに設置される専門職大学と専門職短期大学。2017年12月、文部科学省から13校の専門職大学・3校の短期大学の認可申請があったと発表がありました。いよいよ具体的に動き出した専門職大学。今回は専門職大学が従来の大学とどのような点が違うのか紹介します。

この記事をまとめると

  • 一つの学問を究める大学と特定の職種に特化した専門職大学
  • 卒業単位の3~4割が実習になる見込み。実践的な学びが経験できる。
  • 生活スタイルに合わせて勉強できる区分制を導入する専門職大学も!

「卒業したその先」がイメージしやすい専門職大学

皆さんは大学に対して、どのようなイメージを持っていますか? 大きな教室で授業を受ける、ゼミに入って自分の興味のある分野を研究する……など、先生や先輩から聞いたりしてぼんやりとしたイメージは抱いていると思います。

大学は、自分が興味ある学問を中心にカリキュラムを組めるため、その学問を追求するには最適な学校です。ところが社会に出て働くことに焦点を当てると、大学で学んだことが具体的にどう役立つのか、高校生の皆さんにはちょっとイメージしづらいかもしれません。

2019年4月から新たに誕生する専門職大学は、特定の職種に特化した学問を深く学べる学校です。「将来はICTの企業で働きたい」「リハビリについて学んで、高齢者の手助けをしたい」など、具体的に将来就きたい仕事が決まっている学生にとっては、卒業した先がイメージしやすい環境で学ぶことができるのです。

卒業単位の3~4割が実習に! 実務家教員から学べる環境も

それでは具体的に、専門職大学ではどのようなことを学ぶことができるのでしょうか。

まず大学と大きく違うところは、卒業するために必要な単位の3~4割が実習の授業になることです。実習というと、理系学部が行う実験等が頭に浮かぶかもしれませんが、専門職大学の場合は少し違います。学校を離れ、実際に企業で長期間実習するカリキュラムが設けられているなど、学生でありながら「企業で働くとはどういうことなのか」を体験できるのです。

また専門職大学では、実務家教員から学べるチャンスもありそうです。例えばICTの専門職大学であれば、ICT企業に長く勤務した経験のある人を教員として採用し、実務に沿った実践的な内容の授業を受けることができるのだとか。「その道のスペシャリストを目指したい」という人にとっては、よい学びの環境となりそうです。

区分制を導入する専門職大学も開学予定

現在13校の専門職大学が認可申請をして2019年度の開学を予定しています。どのような分野の専門職大学が申請されたのか調べてみると、情報工学やデジタル、ファッション、栄養など、当初から有力視されていた分野も目立ちましたが、9校が医療系の専門職大学となっています。

その中には「前期・後期」と区分制を導入する予定の学校もあり、これは大学と比較して大きな違いだといえるでしょう。

大学を卒業するには、通常4年間連続して通学する必要があります。しかし区分制であれば、前期を修了した後に企業で一定期間働き、後期課程に戻ることも可能です。自分の生活スタイルに合わせて勉強をすることができるのは、大きな魅力ですね。

専門職大学には、大学とは違うメリットがありそうということがなんとなくイメージできたと思います。専門職大学を卒業すれば「学士(専門職)」が与えられる点は大学と同じで共通するところもあります。具体的に開学予定の大学が発表になったことで、今後ますます動向が注目されますね。

(参考)
文部科学省
http://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/senmon/1397422.htm
http://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/senmon/1387222.htm
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/daigaku/toushin/attach/__icsFiles/afieldfile/2017/12/21/1399756_01.pdf

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける