【シゴトを知ろう】舞台監督(ステージ) 編

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

【シゴトを知ろう】舞台監督(ステージ) 編

2018.02.06

提供:マイナビ進学編集部

【シゴトを知ろう】舞台監督(ステージ) 編

演劇・ミュージカル・コンサート・バレエ・各種イベントといったステージにおいて、スタッフの取りまとめ、作業安全の担保、スケジュールや予算管理まで、演出・実務面でトータルに舞台をマネジメントするのが舞台監督の仕事です。今回は、Mars A Sol代表で、舞台監督として活躍されている杉村向陽さんに、舞台監督の仕事について伺いました。

この記事をまとめると

  • 求められるのは、舞台演出・実務・財務など、あらゆる面からトータルでマネジメントする仕事
  • 紆余曲折を経て今のキャリアを確立。まずは興味をもつ・挑戦することが大事。
  • 各分野をつなぎ、作品を創り上げる。舞台監督に求められるのは多用な知識とクリエーションへの理解。

舞台全体を演出・実務面でトータルにマネジメントする仕事

Q1. 仕事概要を教えてください。

舞台監督(ステージマネジャー)はレストランで例えると、フロアマネジャーであるといえます。舞台監督は舞台の構成において、具体的に何かする仕事ではありません。全体を俯瞰かつ客観的に見て、どうすれば最良の作品を観客に届けることができるかを考えます。そのためには、舞台に関わるさまざまな部門の人たちの良い部分を引き出すことが必要であり、その手助けをするのが舞台監督の仕事です。

また、舞台には多くの人が関わるため、トラブルはつきものですし、意見のぶつかり合いがあるのが当たり前です。その調整役としても舞台監督は必要です。

もともと日本では、舞台といえば伝統芸能でしたが、現在までに新劇、コンサート、ミュージカル、展示会(エキシビション)といった海外発信のスタイルを順次取り入れたため、舞台のバリエーションは多様化しています。日本における舞台監督は、これらのジャンルが混在した仕事を担当しています。

 
Q2. 仕事の楽しさ・やりがいは何ですか?

舞台が終わった時のお客さまからの拍手、そしてスタッフやキャストから「やりきったね」と感謝された時ですね。

また、雲の上の存在だと思っていた憧れの一流ミュージシャンや著名な作家さんと同じ空間で仕事をし、仲間として扱ってもらい、頼られ、仕事として一定の成果を出せた時はとてもうれしかったです。


Q3. 仕事で大変なこと・つらいと感じることはありますか?

舞台監督は演出家やキャストをはじめとした、舞台に関わる全ての人の運命をゆだねられる仕事のため、ステージ全体のジャッジメントを任されるという責任の大きさは常に感じています。

またこの仕事はマネジメント業務ですから、たった一度の判断ミスが命取りになることもあります。いろいろな人からアイデアやプランが寄せられますが、うまくいかないことも多々あります。

他にも、安全面・金銭面のマネジメントも業務に含まれます。トラックの手配などで手違いがあると、車両や人件費など全てに影響が出て、何百万円もの損失が出てしまうので大変です。野外公演の時などは、天候やスケジュールといったいろいろなことが気になって、1週間前くらいからあまり眠れない……ということもあります。

子どもの頃から好きだった絵画への思いが、ものづくりする仕事への思いに

Q4. どのようなきっかけ・経緯でこの仕事に就きましたか?

大学入学の時、故郷の秋田から上京してきました。美術を学ぶために美術大学に進学したかったのですが、結局美術とは全く関係のない学部に進みました。しかし、ものづくりをしたいという思いをあきらめきれず、在学中に演劇養成所に入りました。役者志望ではありませんでしたが、当時は舞台芸術といえば演劇しか思いつかなかったからです。

大学卒業後、スタッフとして劇団に所属しました。当時は舞台監督という仕事についてよく分かっていなかったので、はじめは演出家を目指していました。


Q5. 演劇養成所では何を学びましたか?

舞台芸術や演出に関わるためには、舞台がどのようにして作られるかを知ることや、役者を統率するスキルを身につける必要もありましたので、役者への理解を深めたいという思いで、1年間役者としての修行をしてから、2年目以降はスタッフに転向しました。

養成所では、舞台の作り方・演技法(メソッド)・身体運用の方法などを学びました。


Q6. 子どものときに抱いていた夢が、現在の仕事につながっていると感じることはありますか?

昔から美術を通して自分で何かを表現することが好きでした。

実家は生け花の家元で、家に美術関連の本がたくさんあったので、子どもの頃は画集ばかり見ていました。毎月送られてくる美術雑誌を見るのが楽しみでしたね。

子どもの頃は画家になりたかったです。とにかくチラシの裏にずっと絵ばかり描いている子どもだったので、小学校入学後すぐに絵を習い、早くから油絵にも取り組んでいました。

しかし、高校生の頃に抽象的なポップアートやアートデザインが台頭してきて、とても自分にはこのような難解なものは描けないと思い、絵を描くことは諦めてしまいました。

それでも絵を描くような、美術を通してものをつくるような場所にいたいという思いは捨てきれず、舞台空間に自分の表現の活路を見いだしたいという思いで、舞台芸術に興味を持つようになりました。

好奇心・まとめる力・舞台に関する深い理解力が求められる

Q7. どういう人が舞台監督に向いていると思いますか?

舞台監督は、アーティストやプランナーといったクリエーティブな仕事を担当するスタッフと、実務的な仕事を担うスタッフとの中間にいる存在のため、人をまとめる能力がある人には向いていると思います。

また、私は舞台監督にはクリエーターのような特別な才能までは必要ないと思っていますが、舞台をまとめる役割として、クリエーターの意図を理解する必要があるし、他の部門に関しても、その仕事が何のためにあるのかを知っておかなくてはなりません。そして作品、コンテンツに対する理解も不可欠です。ですから、好奇心や理解力は必要だと思います。


Q8. 舞台監督を目指す高校生に向けたメッセージをお願いします。

舞台監督になりたいのであれば、とにかく作品をたくさん見ることが大切です。舞台やコンサートへ行く、映画館や美術館へ行くなど、まずは自分の心で感じることが大切です。

そして、たくさん冒険をしてください。これからいろいろなことがあるかと思いますが、すべては一度きりの自分の人生です。明日のことは誰にも分かりません。

毎日未知の空間に入っていく我々は、それだけですでに冒険の日々といえるかもしれません。でも人生は一度きりしかないので、せっかくするなら楽しい冒険をするほうがいいですよね。
 

 
大変なことも多いけれど、作品に対する興味や好奇心によってまだ自分の知らないことに出会えることや、パフォーマーやアーティストができないたくさんの役割があるから、こうして舞台監督としての仕事をしていられるのです、と杉村さん。ものづくりに対する好奇心と愛情を持ち続けることは、舞台監督や舞台に関わる仕事において最も欠かせないものですね。


【profile】有限会社Mars A Sol (マルス エイ ソル)
代表取締役 杉村向陽
Mars A Sol http://www.mars-a-sol.com/index.html

この記事のテーマ
音楽・イベント」を解説

エンターテイメントを作り出すため、職種に応じた専門知識や技術を学び、作品制作や企画立案のスキル、表現力を磨きます。音楽制作では、作詞・作曲・編曲などの楽曲づくりのほか、レコーディングやライブでの音響機器の操作を学びます。舞台制作では、演劇やダンスなどの演出のほか、舞台装置の使い方を学びます。楽器の製作・修理もこの分野です。

「音楽・イベント」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「舞台監督(ステージ)」
はこんな仕事です

演劇やミュージカルなどで、演出家の意向に沿って美術、照明、音響など裏方スタッフを取りまとめる仕事。それぞれの仕事内容を熟知し、調整能力やリーダーシップが求められる一方、安全チェックやスケジュール・予算の管理、各種の届けなど細かな業務もこなす。舞台監督助手、または照明や音響部門のチーフなどの実務経験を経て、演出家や制作部門から指名されることが多い。舞台稽古の前の読み合わせの段階から参加することもあり、作品に対する理解も必要。劇団や制作会社に所属する人とフリーで活動する人がいる。

「舞台監督(ステージ)」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける