【シゴトを知ろう】フードスペシャリスト 〜番外編〜

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

【シゴトを知ろう】フードスペシャリスト 〜番外編〜

2018.01.18

提供:マイナビ進学編集部

【シゴトを知ろう】フードスペシャリスト 〜番外編〜

「【シゴトを知ろう】フードスペシャリスト 編」では株式会社東京創菜の塩原玲さんにフードスペシャリストの仕事内容や仕事に就くまでの経緯を教えていただきました。

フードスペシャリストは食に関する幅広い知識を身に付けていることを証明する資格のようですが、他の食に関する資格とはどのような違いがあるのでしょうか。

この記事をまとめると

  • フードスペシャリストは調理以外の視点から「楽しい食事」を提案する
  • 飲食店に入るとメニューや設備などについ注目してしまう
  • 新人の頃に担当した製品が店頭に並んだときは達成感があった

誰と食べるか、どんな環境で食べるかで食事のおいしさは変化する

――フードスペシャリストはおいしさだけではなく、「楽しさ」も食の本質と位置付けていると聞きました。「食事の楽しさ」の提案とは、具体的にどのような内容になるのでしょうか?
 
嫌いな食べ物でも友人と一緒にいると食べられたり、色鮮やかなメニューだと食欲が増したりしますよね。楽しいと感じる場だと、食事をよりおいしく食べることができるのです。

現在は核家族化が進み、家族で食事を取る家庭が減っています。家族で食卓を囲むことも、食事を楽しむ提案の一つです。そのためにできることとして、働くお母さんの調理負担が軽減できるようなメニュー提案や、いつもの食卓に手軽に彩りを添えられる食品を企画しています。また、食卓を華やかにするためには、テーブルクロスを1枚敷くだけでも効果的です。

このように、フードスペシャリストは楽しく食事を取るために「調理以外の視点からの提案」も行っているのです。

飲食店に入ると無意識に提案内容を考えてしまう

――このお仕事ならではの「休日あるある」やついしてしまう癖があれば教えてください。

旅行の際は「何を食べたいか」を重視して行先を決定しています。また、外出先で行列ができている飲食店があると気になってしまいますね。お店に入ると、メニューや価格帯を見て「なぜここが人気なんだろう」と勝手に分析していたりします。

また、外食すると調理はどの程度しているのか、店内の厨房の設備はしっかりしているか……とあちこちに目が行ってしまいます。今では、厨房のスペースと設備を見ただけで提供しているメニューが大体分かるようになりました。気付くと「これだけのスペースで、設備も小規模だから提供できるメニューは揚げ物が中心なんだろうな」「メニュー表のデザインを変えたらもっとお客さんが入るだろうな」とそのお店にしてあげられる提案まで考えています(笑)。


――フードスペシャリストになってから知った意外な事実や一般的に知られていないトリビアがあれば教えてください。

私は名刺にフードスペシャリストと記載しているのですが、名刺交換すると必ず「それって、何?」と聞かれてしまいます。食品業界の中でも、開発関係の部署の方でないとなかなか知られていないようです。しかし、この話題がきっかけになって、会話が弾むこともあります。

意外と知られていないトリビアというと、スーパーなどで見かけるグミやふりかけが入った袋には必ず空け口の所に切りこみが入っていますよね。あの切り込みを「ノッチ」といいます。切りこみが入っているだけのタイプは「アイ(I)ノッチ」。三角に切り取られているタイプは「ブイ(V)ノッチ」と呼ばれます。このような知識も、今の仕事を通して得たものの一つです。

一から企画に関わった製品が店頭に並び、達成感を得た

――最後に、お仕事の中で一番の思い出や達成感を感じたエピソードについて教えてください。

社会人になったばかりの頃に、大手食品会社とコラボして発売する製品の企画に参加させてもらいました。サンプル作成から、パッケージに記載する原材料の書類の確認、製品の規格書明細の作成など、あらゆる工程に関わりました。食品は人の体内に届くものですので、細かなデータにもミスがあることは許されません。自分が確認したデータは先輩に改めて確認してもらうのですが、それでも不安を感じずにはいられませんでした。

しかし苦労した分、店頭に並んだ製品を見たときは、大きな達成感がありました。完成までには問題やミスもありましたが、社会人経験が浅い中で製品開発の一連の流れに携われたことは私にとってかけがえのない経験です。
 
 
フードスペシャリストはまさに食のスペシャリスト。調理や栄養に限らず、食事を取る環境にまで目を配る必要があるのですね。皆さんも飲食店に行ったときは味だけではなく、食事の彩りや内装にも注目してみると、より食事を楽しめるかもしれませんよ。
 
 
【profile】株式会社東京創野菜 営業本部 企画推進課 塩原玲
【取材協力】公益社団法人 日本フードスペシャリスト協会

この記事のテーマ
食・栄養・調理・製菓」を解説

料理や菓子などの調理技術や、栄養や衛生などに関する基礎知識を身につけます。職種に応じた実技を段階的に学ぶほか、栄養士などの職種を希望する場合は、資格取得のための学習も必須です。飲食サービスに関わる仕事を目指す場合は、メニュー開発や盛りつけ、店のコーディネートに関するアイデアやセンス、酒や食材に関する幅広い知識も求められます。

「食・栄養・調理・製菓」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「フードスペシャリスト」
はこんな仕事です

消費者に、安全でバランスの取れた豊かな食生活を提案する仕事。該当する大学・短期大学の学科で必修単位を履修し、資格認定試験に合格することが必須。食関連の資格の中でも、総合的・体系的な知識と技術が身に付き信頼度も高い。よく比較される栄養士が、健康と栄養面に主眼を置くのに対し、フードスペシャリストは「おいしさ」「楽しさ」「おもてなし」が食の本質であると位置付けている。高度な専門性を駆使した活躍分野は、製造開発、流通、小売、飲食など食品業界の広範囲にわたる。

「フードスペシャリスト」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける