あえて暗闇の中で運動する!? 「暗闇フィットネス」が人気の理由って?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

あえて暗闇の中で運動する!? 「暗闇フィットネス」が人気の理由って?

2018.02.28

提供:マイナビ進学編集部

あえて暗闇の中で運動する!? 「暗闇フィットネス」が人気の理由って?

テレビや電車やバスの中で、フィットネスクラブの宣伝を目にすることがあると思います。高校生の皆さんは学校で体育の授業がありますが、大人になると体を動かす機会が減ってしまいがち。そこで人気を集めているのがフィットネスクラブで、最近一風変わったフィットネスクラブも登場しているようです。

この記事をまとめると

  • 健康維持のためにフィットネスクラブを利用している人が増加している傾向にある
  • 人目を気にせずに楽しめる暗闇フィットネスなど、新たなフィットネスが誕生している
  • 楽しみながら体を動かすランニングイベントも増えている

健康維持を目的に、運動する人が増えてきている

高校生の皆さんは体を動かす機会が多いと思いますが、社会に出て働くようになると、運動をする時間を自ら確保する必要が出てきます。最近ではこうした健康や体作りへの意識の高まりから、「健康のために何かしなくては」と考える人々が増えてきているようです。実際にここ数年、民間のフィットネスクラブは毎年200軒以上増え続けており、人々の関心の高さがうかがえます。

そんなフィットネスクラブは近年さまざまな進化を遂げています。「絶対に○キロやせたい」といった結果や成果を重視する成果志向型のジム、日中働く人でも通いやすい24時間型のジム、完全個室・マンツーマンで指導が行われるジムなど、さまざまなタイプのジムがあります。

さらに最近では変わった運動スタイルで注目を集めているジムもあり、その一つが、「暗闇フィットネス」です。

まるでDJのいるクラブ!? 音と光が飛び交う「暗闇フィットネス」

暗闇フィットネスというのは、文字通り暗い場所でフィットネスを行うものです。フィットネスクラブというと、多くの人は広く明るい室内にトレーニングマシンが並べられ、大きな鏡が置かれているような場所を思い浮かべるのではないでしょうか。学校の体育館や、部室のトレーニングルームを連想する人もいるかもしれません。

しかし暗闇フィットネスでは、暗闇の空間の中で大音量の音楽が鳴り響き、ミラーボールや色とりどりの光線が飛び交います。まるでナイトクラブのような中でフィットネスを行うのです。

実際に暗闇フィットネスを行うジムでは、インストラクターはDJのような存在となり、ハイテンションで指示を出すことも。そして掛け声に合わせて、参加者は元気よくバイクをこいでいくのです。この暗闇フィットネスはもともとアメリカではじまり、最近ではバイクをこぐタイプだけではなく、「暗闇ジャンピングフィットネス」というトランポリンを使ったタイプも生まれています。音楽や雰囲気も相まって、かなり激しく運動することができそうです。

暗闇フィットネスは、特に女性を中心に支持されており、真っ暗だからいいという理由があるようです。暗いと人目を気にする必要がなく思う存分汗を流すことができます。従来のフィットネスクラブにある大きな鏡もないので、いちいち自分の体型を気にする必要もなくなります。つまり「運動したいけど、見られるのが恥ずかしいからジムに通うか迷っている」という人や、「ジムには健康や美意識の高い人が集まっていそうで通いづらい」と考えている人の不安を取り払ってくれるところに人気の秘密があるようです。

楽しみながら体を動かすスポーツイベントが増加中?

またこうしたユニークなコンセプトを持つものは、フィットネスクラブだけではありません。ランニングでも現在はさまざまなタイプのイベントが開催されています。例えば、白いTシャツを着てカラーパウダーを浴びる「カラーラン」や、泡まみれになって走る「バブルラン」、走った後にご褒美としてスイーツを楽しめる「スイーツマラソン」など、ここ数年ユニークなランニングイベントが増えています。

同じ運動でも、楽しみながら体を動かしたい人や、真剣にチャレンジしたい人など、人によってスタイルはさまざまです。これからは運動に自信がない人でも気軽に参加できるようなスポーツイベントも増えてくるかもしれませんね。

このようなスポーツを取り巻く環境や社会との関わり方など、スポーツを科学的に研究していく学問を「スポーツ学」といいます。スポーツ学では、スポーツが体にもたらす影響を考える他、コーチングと呼ばれる運動の指導方法など、実際に体を動かすだけではなくスポーツをさまざまな分野との関係性を学んでいきます。

最近のユニークなフィットネスクラブやスポーツイベントなどに興味が湧いた人は、ぜひスポーツ学を学んで、人々が楽しめるスポーツのあり方を考えてみてはいかがでしょうか。


【参考文献】
ティップネス
http://www.tipness.co.jp/co/recruit/company/
朝日新聞
http://www.asahi.com/articles/ASK586VPPK58UTQP02F.html
東洋経済
http://toyokeizai.net/articles/-/150123
神戸経済新聞
https://kobe.keizai.biz/headline/2753/
PR TIMES
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000059.000021292.html
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000066.000021292.html
アサジョ
http://asajo.jp/excerpt/41096
DOOR
http://door.abc-mart.net/6235

この記事のテーマ
体育・健康・スポーツ」を解説

病気やケガの予防や予後のケアを通して、人々が健やかに暮らせるようにするのが、健康学の理念です。食生活や運動などのライフスタイルや心理状態、検査やリハビリテーションなど、学ぶ内容は多岐にわたります。体育やスポーツは、健康を維持するための身近な方法であるとともに、人生を豊かにする趣味であったり、人によっては職業になることもあります。競技技術の向上だけではなく、メンタルや栄養、指導者のスキルも学びます。

「体育・健康・スポーツ」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「スポーツ学」
はこんな学問です

スポーツが身体にもたらす影響を中心に、コーチング理論やスポーツを取り巻く環境まで科学的に考察、研究する学問。身体活動との関わりについては、医学、生理学、栄養学などさまざまな観点から科学的に研究する。コーチングの理論や手法については、心理学など関連諸学も交えて学習。スポーツ環境については、施設経営などのマネジメントやマーケティング論も学ぶ。競技指導者の育成については専門のコースを設置している場合もある。

「スポーツ学」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける