【シゴトを知ろう】土木系研究・技術者 編

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

【シゴトを知ろう】土木系研究・技術者 編

2018.01.16

提供:マイナビ進学編集部

【シゴトを知ろう】土木系研究・技術者 編

皆さんが日常的に使っている道路や橋といった公共の構造物は土木に携わる多くの人の手によって作られています。そして、その土木系技術者たちが持つ技術を開発する人を「土木系研究・技術者」といいます。今回は土木の新技術を開発する鹿島建設株式会社・技術研究所の笹岡里衣さんに、その仕事の魅力や今までの経験について伺いました。

この記事をまとめると

  • 土木構造物を建設するため、地盤の特性を研究している
  • 震災をきっかけに土木構造物の建設に関心を持った
  • 経験を積むことで思いもよらない分野に進むことがあるかもしれない

建設の基礎である地盤を研究している

Q1. 仕事概要と一日のスケジュールを教えてください。

当社では、設計部署や施工部署、そして私が所属する研究部署が一丸となって土木構造物を建設しています。研究部署は設計部署が正しい設計を行えるように支援したり、施工部署が安全で効率的な業務をするための土木技術を開発したりしています。「縁の下の力持ち」や「最後の砦」と呼ばれている、重要な役割なのです。

私は研究部署に所属し、その中でも地盤分野(土や地面に関わる分野)を専門としています。これから土木構造物を建設する場所の地盤特性を把握し、問題が発生する可能性があれば対応策を検討します。業務の大きな流れは、まず実験計画を考案し、実験を実施します。その後、実験結果の分析をもとに報告書を作成し、関係者(設計部署や施工部署、客先など)に報告します。また、実験から新しい知見が得られた場合や新技術を開発した場合は論文を執筆し、学会で発表することも仕事の一つです。

一日のスケジュールは日によってさまざまです。チームを組んで仕事に取り組むので、打ち合せや報告会を行う日もあれば、専門のセミナーや勉強会に参加したり、論文を読んだりする日もあります。また、状況の確認や実験のために建設現場へ足を運ぶ日もあります。
 
 
Q2. 仕事の楽しさ・やりがいは何ですか?
 
研究や新技術の開発は、いわば新しいことへの挑戦です。しかし、新しいものを生み出すには常に問題や課題が付きもの。納得のいく結果を得られなかったり、良い方法が見つからなかったりすると不安に感じることもあるのですが、その分答えが見つかったときは非常にうれしくなりますね。土木技術の開発や、実験を通して土木分野の最先端に自分が携わっていると思うと、ワクワクします。

 
Q3. 仕事で大変なこと・つらいと感じることはありますか?
 
先ほどもお話したように、実験や技術開発が思うようにいかないとつらいです。問題があれば原因を突き止め、チームで解決策を考えています。ただ、技術開発は一つの問題を解決すれば成功するわけではありません。何度も問題が発生し、その度にチームで対策を考えるという地道な流れを繰り返し、やっと新技術が生み出されるのです。

また、入社当時は、自分よりも年上である作業員さんにちょっとした仕事を頼むことを躊躇してしましました。実験用のホースを用意してもらうような簡単な作業であり、「私が少しがんばればできる仕事を依頼しても良いのだろうか?」と悩んでいたのです。しかし、先輩方の働き方を見て、任された役割をきちんと果たすことも重要だと学びました。それ以降は、作業員さんに頼れることは素直にお願いし、私が果たすべき安全管理や工程遵守などの役割に集中して取り組むようにしています。

自然災害から命を守るため、土木研究者の道に進む

Q4. どのようなきっかけ・経緯で土木系研究・技術者の仕事に就きましたか?
 
私が大学1年生の頃、東日本大震災が発生しました。また、東日本大震災の約1カ月前にニュージーランドのクライストチャーチでも大きな地震が発生し、現地の日本人が被災しています。私自身は直接被害を受けてはいませんが、当時土木工学を学んでいたこともあり強いショックを受けました。その際、自然災害による被害を未然に防ぐ難しさを改めて感じたと同時に、土木構造物次第で、自然災害から人命や大切な財産を守ることはできると思ったのです。そのため、災害の原因を研究したり、技術を開発したりする職業を目指すようになりました。
 
 
Q5. 大学では何を学びましたか?
 
大学では社会基盤を整備するために必要な土木工学を学んでいました。大学3年生までは地盤や構造をはじめ河川やコンクリート、都市計画といった土木工学に含まれるさまざまな分野の基礎について学びました。4年生からは地震や液状化について学べる地盤工学研究室に所属しました。

卒業後はより専門的な知識を身に付けるために大学院に進学し、2年間研究を続けました。在学中は国際会議で研究成果を発表する機会にも恵まれ、世界各国の研究者と交流しました。貴重な経験だと感じますし、現在の仕事へのモチベーションにもつながっています。

 
Q6. 高校生のとき抱いていた夢が、現在の仕事につながっていると感じることはありますか?
 
高校生の頃ははっきりした夢を持っていませんでした。しかし、数学が好きだったので、漠然と数学を扱う仕事に就きたいと考えていました。土木工学を学ぼうと思ったのは、高校2年生の時に「本格的に進学先を考えなくては」と思い参加した大学のオープンキャンパスがきっかけです。川の流れや交通渋滞といった現象を数式で表せる土木工学という学問に感動し、進学先を決めました。そのときに「土木って面白い!」と感じたからこそ、現在の仕事に就いたのだと思います。

さまざまな分野の勉強によって多様な考え方が身に付く

Q7. どういう人が土木系研究・技術者の仕事に向いていると思いますか?
 
やはり、ものづくりに魅力を感じている人に向いている仕事だと思います。土木構造物という非常にスケールの大きなものを自分の手を使って作り上げることができるので、やりがいを持って働けるはずです。

スケールの大きさゆえに、研究には必然的にチームで取り組むことになります。一人の力では解決策が見つからないこともありますので、コミュニケーション能力は重要ですね。

また、社会貢献したいと考えている方にも良いと思います。土木構造物は社会の基盤をつくることでもあります。私たちが作るものによって人々が安全で、豊かな生活を送れるのです。
 
 
Q8. 高校生に向けたメッセージをお願いします。
 
高校生の頃は自分が作業着を身に着け、ヘルメットを被り、時には泥まみれになりながら仕事をするとは想像もしていませんでした。

しかし高校から大学、大学院に通いさまざまな経験を積み、たくさんの人に出会ったことで現在の職に就くことになりました。多くの経験を積むことによって多様な考え方を身に付けることができますので、ぜひ皆さんにも土木のことだけでなく、さまざまな分野の勉強と経験を積んでほしいと思います。

土木系研究・技術者は自然や人の生活に関わる仕事ですので「土木の勉強だけしておけば十分」というわけではありません。知識はあればあるだけ、仕事の役に立つはずです。
 
 
高校や大学在学中の経験から現在の仕事を選んだという笹岡さん。皆さんも今後の出合いや学ぶものによって、想像もしなかったような夢を持つようになるかもしれません。

まずは笹岡さんのようにオープンキャンパスに参加してみてはいかがでしょうか? 高校では学べないような学問を知るチャンスが得られるかもしれませんよ!
 
 
【profile】鹿島建設株式会社 技術研究所 土質・地盤グループ 笹岡里衣
【取材協力】一般社団法人 土木技術者女性の会
http://www.womencivilengineers.com
女性技術者の質の向上と活動しやすい環境づくりを目指しています。幅広く活動を行うため、学生の皆さんは無料で会員になれる仕組みにしています。

この記事のテーマ
建築・土木・インテリア」を解説

建築や土木に関する技術を中心に学ぶ分野と、インテリアコーディネイトなどデザインを中心に学ぶ分野の2つに大きく分かれます。資格取得のために学ぶことは、建築やインテリアの設計やプランニングに必要な専門知識、CADの使い方などが中心です。どちらの分野も依頼主の要望を具体化できる幅広い知識とコミュニケーション能力も求められます。

「建築・土木・インテリア」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「土木系研究・技術者」
はこんな仕事です

土木工事の計画・調査・設計を行ったり、工事現場での指揮を執る仕事。一言で土木といっても、その分野は道路・鉄道・上下水道・河川・港湾など多岐にわたる。台風や地震など、多くの自然災害が発生する日本において、社会・経済活動を支える基盤をつくる役割を果たしている。分野によって専門性はあるが、土木工事の全体的なプロセスとしては、計画・調査・設計・積算・施工といった流れを経ることが一般的。土木系研究者は施工技術の研究を行い、土木系技術者は現場のリーダーとして采配を振るう。

「土木系研究・技術者」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける