【シゴトを知ろう】カイロプラクター 編

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

【シゴトを知ろう】カイロプラクター 編

2018.01.19

提供:マイナビ進学編集部

【シゴトを知ろう】カイロプラクター 編

カイロプラクティックは神経の働きを正常化させる目的で脊椎を中心とする骨格のゆがみを手技で調整する自然療法です。アメリカ、カナダ、オーストラリア、スイス、イギリスといった欧米ではヘルスケアの一種として浸透しています。一般の人々はもちろん、有名なオリンピック選手やアーティストなどの体調管理にも用いられているのです。

今回は、そんなカイロプラクティックの専門家であるカイロプラクターの仕事について、東京カイロプラクティックで働く竹谷内啓介さんに詳しく教えていただきました。

この記事をまとめると

  • カイロプラクティックは脊椎を中心に体の構造と機能に注目した専門医療職
  • オーストラリアにある大学でカイロプラクティック学を修得した
  • この仕事は人を助けることや医療に興味のある人が向いている

患者さんに合わせた手技で身体のゆがみを矯正し、改善へ導く

治療の様子

治療の様子

Q1. 仕事概要と一日のスケジュールを教えてください。

私は青山にある東京カイロプラクティックという治療院で、カイロプラクターとして働いています。カイロプラクティックとは脊椎を中心とする身体の構造と機能に注目した専門医療職です。日本では民間療法とされており整体やマッサージの一種と混同されることもありますが、実は全く異なる職種。120年の歴史があるカイロプラクティックの施術では、患者さんの脊椎(背骨)や関節部位を手技によって調整します。神経系を活性化させて、身体の歪みの調整、症状や機能の改善を助けて自然治癒力を高めていく治療法です。

私の治療院では、まず問診で患者さんの病歴を伺い、姿勢分析や神経学検査、整形外科学検査などの各種検査を行って身体のゆがみを総合的に判断し、症状や個人差に応じた手技テクニックを用います。それ以外にも姿勢、体操、栄養、睡眠などの生活指導を行い健康管理の手助けもします。医療機関とも提携しているので、患者さんの疾患によってはカイロプラクティックが適応ではないと判断した際は専門医に連絡します。逆にカイロプラクティックの方が効果的な場合は、医療機関から紹介を受けることもあります。基本的には、腰痛や肩こり、頭痛をはじめとする神経、筋肉、関節に関わる問題を抱えた患者さんが治療院を訪れていますね。海外から治療を受けに来る方も多数います。

1日の仕事は、患者さんへの対応が中心です。週に5日、10:00から18:30までは治療院での施術を行っています。施術以外の時間には、メールチェックやスタッフとの会議があります。また、年に数回は国内外の学会に参加して知識と技術の向上につなげています。

Q2. 仕事の楽しさ・やりがいは何ですか?

さまざまな医療機関を回り検査や治療を受けても全く良くならなかった患者さんが、カイロプラクティックの治療で改善したときです。身体が回復した患者さんから感謝されると、大きなやりがいを感じますね。

また、来日したスポーツ選手、歌手、デザイナーなどの有名な方々が治療院を訪れることがありますが、テレビで見かけた姿と実際にお話したときの印象の違いが直に分かるのもなかなか面白い体験です。
 

Q3. 仕事で大変なこと・つらいと感じることはありますか?
 
一生懸命治療しても患者さんの期待に応えられるような結果が出ないときです。薬で症状を抑えるのとは違い、カイロプラクティックは自然治癒力を重視するため、患者さんの心身の状態が身体の回復に大きく結びつきます。不安や焦りによって、改善されるまでに時間がかかってしまうのです。同時にカイロプラクター自身も常に健康を保っていないと良い治療ができないので、日頃から適切な食事、運動、睡眠を心掛けています。

また、日本ではカイロプラクティックが医療と認められていないので、診断やレントゲン撮影といった検査が許可されていません。そのため、そういった検査が必要な場合は専門医を紹介していますが、自分で行えない分不便に感じることもありますね。

父の治療を目の当たりにし、カイロプラクターを志した

Q4. どのようなきっかけ・経緯でカイロプラクターの仕事に就きましたか?
 
祖父、伯父、父親がカイロプラクターである家系で育ったということもありますが、一番のきっかけとなったのは高校時代に友人がバレー部の試合中に腰を痛め、私の父親のオフィスを訪れたことです。彼は多くの医療機関にかかっても一向に良くならず悩んでいたのですが、父の治療によってすぐに改善したのです。たまたまその場に居合わせた私はとても感動し、自分もカイロプラクターを目指そうと決心しました。その気持ちを伯父に相談するとオーストラリアの大学にあるカイロプラクティック学科に進学することを勧められ、留学を決めました。

留学にあたり、まずは英語学校で大学入学基準を満たす英語力を習得し、その後1年間は高校の理系科目を再履修するコースへ入学しました。高校3年間で学んだ理系科目を1年かけて英語で学びなおし、必要単位を取得し終えるとようやくカイロプラクティック学科での勉強が始まりました。5年間の課程を経て卒業試験を受けたあとオーストラリアのカイロプラクター免許を取得し、帰国しました。2011年に祖父の代から続く治療院である東京カイロプラクティックを父と共に開院し、今に至ります。
 

Q5. 大学では何を学びましたか?

私の通っていたカイロプラクティック学科は健康科学部にあり、応用理学士とカイロプラクティック理学士、二つの学位が取得できる5年間のコースです。専門課程としてカイロプラクティックの理論やテクニック系の技術はもちろん、医療系のコースなので基礎医学を一通り学ぶ必要があり、解剖学、生理学、組織学などの授業を受けました。カイロプラクター育成のためのコースだったので、卒業後はほぼ全員のクラスメートがカイロプラクターになっています。
 

Q6. 高校生のとき抱いていた夢が、現在の仕事につながっていると感じることはありますか?
 
実は高校生の頃は医療関連の職業ではなく、美術に興味がありイラストレーターになりたいと思っていました。最近またイラストを描き始め、学会でもポスターやパンフレットの作成にイラストが必要な場面があるので、依頼があれば描いています。全く異なる分野かと思いきや、当時の夢が今の仕事にもつながっているので不思議ですね。

今後は医療系のイラストも描けるようになりたいと思っています。また、近い将来に自分で描いた子ども向けの絵本を出版するのが夢です。

まずは自分が真に興味を持てるものを探してみよう

Q7. どういう人がカイロプラクターの仕事に向いていると思いますか?
 
人を助ける仕事に興味のある人や、薬に頼らずに自然な方法で健康を維持することに興味がある人であれば、カイロプラクターの仕事をお勧めします。また、医療系の分野ですので医療に興味がある人も向いていると思います。中でも薬や外科手術で病気を治すことを目的とする西洋医学とは異なり、自然治癒力を最大限に生かして健康になることを目的とするカイロプラクティックの考えに共感する人が適しているでしょう。また、学会やセミナーなどで新しい知識と技術を定期的に習得する必要がありますので、向上心も必要です。


Q8. 高校生に向けたメッセージをお願いします。
 
高校時代に将来何をしたいかはっきりと決めるのはなかなか難しいことだと思います。大学進学を希望しても「どこの大学に入学するか」が目的となってしまい、「何を学ぶか」は二の次になりがちです。しかし、皆さんには「自分のやりたいこと」を基準に進路を考えてほしいと思います。

よく趣味は仕事にならないといわれますが、私はそう思いません。高校時代に何かひとつでも興味を持てるもの、熱心に取り組んでいるものがあれば、ぜひ継続してください。そこから新たな才能が開花したり、自分自身で本当にやりたいものが見つかったりして、将来の職業に結びつく場合もあります。どの職業を目指すにしても、まずは自分が真に興味を持てるものを探してみてはいかがでしょうか。


海外の大学でカイロプラクティックを専門的に学び、多くの患者さんを助けてきた竹谷内さん。カイロプラクティックは国家資格ではありませんが、適切な治療をするにはしっかりと人体のことについて学ぶ必要があります。この仕事に興味を持った方は、どういった学校に通えばカイロプラクティックの技術を身に付けることができるか調べてみると良いかもしれませんね。
 
 
【profile】東京カイロプラクティック 竹谷内啓介
東京カイロプラクティック 公式ホームページ

この記事のテーマ
医療・歯科・看護・リハビリ」を解説

医師とともにチーム医療の一員として、高度な知識と技術をもって患者に医療技術を施すスペシャリストを育成します。医療の高度化に伴い、呼吸器、透析装置、放射線治療などの医療・検査機器の技師が現場で不可欠になってきました。専門的な技術や資格を要する職業のため、授業では基礎知識から医療現場での実践能力にいたるまで、段階的に学びます。

「医療・歯科・看護・リハビリ」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「カイロプラクター」
はこんな仕事です

カイロプラクティックは、19世紀にアメリカで創始された手技療法。カイロプラクターはこの手法で骨盤や背骨のゆがみを矯正し、自然治癒力を高めて痛みや違和感を緩和する専門家だ。症状だけではなく、性別や姿勢、体格や生活リズムなど患者それぞれに合わせた施術を行う。健康的で、ゆがみの起きにくい体づくりをサポートする。定められた通学期間や教育期間を終え、海外でのカイロプラクター資格試験に合格すれば、国内でも活躍することができる。日本では法的資格はなく、自由に独立・開業することができる。

「カイロプラクター」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける