【シゴトを知ろう】モデル ~番外編~

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

【シゴトを知ろう】モデル ~番外編~

2018.01.23

提供:マイナビ進学編集部

【シゴトを知ろう】モデル ~番外編~

華やかに見えるモデルの世界。けれどその裏側には、たくさんの人の作品への思いや努力が隠されています。番外編では、「【シゴトを知ろう】モデル 編」に引き続きモデルの前田エマさんに掲載される媒体による違いや、仕事の中での印象的なエピソードについて伺いました。

この記事をまとめると

  • 媒体やメインになる物によって、撮られ方も変わってくる
  • この仕事をする上では、何よりも健康を保つことが大切
  • 自分の活動を見てくれている人のおかげで、コラムの連載が決まった

どの媒体でも、目的に合わせて臨機応変に対応できることが大事

――広告、雑誌、Webなど、媒体の違いによって撮られ方や意識は変わりますか? 何か気を付けていることがあれば教えてください。

媒体もそうですし、「何をメインに撮影するか」で大きく変わりますね。基本的に私にくるオファーは「前田エマの世界観を出してほしい」というものが多いのですが、そういった案件の場合は遠慮せず自分を見せていきます。撮影は自然体に、カメラマンさんとのやりとりや空気感で動きを決めます。

また、インタビューやコラムと一緒に掲載されることも多いので、言葉でも個性をアピールします。逆にファッションがメインの場合は、洋服や小物を良く見せることを第一にポージングを組み立てます。極端な話、自分の顔が見えていなくてもいいのです。「このバッグのこの部分を見せたい」「足先まで写したい」など、ブランドや出版社からの指示や細かい制約もあるので、その指示に的確に答えつつ、一番よく写る見せ方を探っていく感覚です。

広告撮影は、企業によって要望も現場の雰囲気も全く異なります。その場に行かないと分からないことも多いので、自分の中でイメージを固めすぎず、撮影のタイミングで作り上げていくように意識しています。例えば車の広告モデルをしたときは、メインは車だったので私はその車がより爽やかに見えるように、ドライブしたときに楽しそうに見えるように意識して動きました。どの媒体でも、臨機応変に対応できる力が求められると思います。


――このお仕事では自分の容姿を維持、調整することも求められるかと思いますが、日頃美容や健康に関して意識していることがあれば教えてください。

ちゃんと睡眠をとって、我慢しすぎずしっかりご飯を食べるようにしています。モデルの仕事は、その日の自分の姿が形に残ってしまうもの。朝早い日が続いたり1日に複数の現場が入ったりして、ときには無理が必要なこともありますが、忙しいからといってコンディションが悪いなんて、言い訳にできません。最終的には自己管理が足りていなかったということで自分の責任になってしまうので、体力をつけて健康に過ごすための日々の心掛けが大切です。

モデルというと激しいダイエットをしたり、高価な化粧品を使ったりするイメージがあるかもしれませんが、私は表面的な部分をより美しくするというよりも「保つ」ことに重きを置いています。体を壊して仕事に穴を空けるのが一番あってはいけないことですから、いい表情で写るためにも、心身の健康が第一です。

自分の好きなことや興味のあることが仕事につながっていく

――前田さんはモデルの他にもコラム執筆や朗読、アート活動など幅広くご活躍されていますが、それぞれの仕事でモデルの仕事に生かされることがあれば教えてください。

美術を学びアート活動をしていたことがきっかけで、雑誌の美術特集や写真特集の仕事に呼んでもらえるようになりました。自分の好きなことや興味のあることが自然とモデルの活動につながったのはうれしいですね。一度、写真の雑誌で表紙モデルをさせていただいたことがありますが、それも編集部への顔見せで「写真が好き」ということを伝えたのがきっかけで撮影に呼ばれるようになり、出演を重ねるうちに表紙に使っていただけたのです。

また、どのお仕事にも「何かを作り出す」という共通点があります。それぞれの分野で活躍している方の働きを間近で見ることが刺激になりますし、モデルに限らずコラムや朗読などの活動にも生かされますね。

継続的に自分を発信できる連載は、いろんな仕事につながっていく

――最後に、お仕事の中で、一番の思い出や達成感を感じたエピソードについて教えてください。

一番うれしかったのは、自分のコラム連載を持てたことです。連載のオファーをいただくと、自分の活動をちゃんと見てくれている人がいるという実感が得られます。また、「この人ならちゃんと続けて成果を出してくれる」と信頼されていることにも喜びを感じますね。

最初の連載が決まったのは、同じ事務所の先輩が長く出演されていた雑誌に、マネージャーが私を紹介してくれたことがきっかけでした。続けていく中で別の媒体も声をかけてくださるようになり、今では3つの媒体で連載をさせていただいています。継続的に自分の考えや思いを発信する場があることでいろんなお仕事の窓口になりますし、読者の方から感想をいただく機会も増えました。

モデルとして被写体になること、コラムを書くこと、アート作品を作ること……表現の仕方はそれぞれ異なりますが、どれも自分が面白いと思えることや感動したことを人に伝える手段の一つです。そして自分が発信したものが誰かの人生の中のほんの一瞬でもいいので、楽しい世界を見せられたのだとしたらとてもうれしく、素敵なことだと思います。


被写体として求められる姿を維持するのも必要ですが、その土台になる健康を保つことが何よりも大切なのだと、前田さんの話を聞いて分かりましたね。また、自分の特徴や趣味が思わぬところで仕事につながる可能性もあります。これはモデルに限ったことではなく、さまざまな仕事に共通していえるのではないでしょうか。皆さんも自分の興味関心の領域を広げていくと、将来に役立つ日が来るかもしれませんよ。


【profile】Now Fashion Agencyモデル 前田エマ
公式ホームページ
Twitter:@emma_rian
Instagram:@emma_rian

<連載>
『OZ magazine』
『She is』
『marie claire style』
『装苑』

この記事のテーマ
マスコミ・芸能・アニメ・声優・漫画」を解説

若い感性やアイデアが常に求められる世界です。番組や作品の企画や脚本づくり、照明や音響などの技術スタッフ、宣伝企画など、職種に応じた専門知識や技術を学び、実習を通して企画力や表現力を磨きます。声優やタレントは在学しながらオーディションを受けるなど、仕事のチャンスを得る努力が必要。学校にはその情報が集められています。

「マスコミ・芸能・アニメ・声優・漫画」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「モデル」
はこんな仕事です

ファッションブランドの服やアクセサリーを身に付けて、雑誌や広告のモデルになったり、ファッションショーに出演したりするのが仕事。また、手や足など身体の一部分だけで表現するパーツモデルや、彫刻や絵画などの被写体を務める美術モデルもいる。外見、容姿で評価される職業ではあるが、細かな服の着こなし術、シーンごとの表情、ポーズのつくり方など、自らの工夫次第で印象は大きく変化する。すなわち普段のトレーニングが役立つ仕事だ。プロとして活動するためには、モデルエージェンシーに所属することが基本になる。

「モデル」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける