「飛行機に乗ってでも行きたい」ファンの付くお店と付かないお店の違いとは?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

「飛行機に乗ってでも行きたい」ファンの付くお店と付かないお店の違いとは?

2018.03.06

提供:マイナビ進学編集部

「飛行機に乗ってでも行きたい」ファンの付くお店と付かないお店の違いとは?

飛行機に乗って、ケーキを買いに行く。皆さんの中でそんな人はいますか? 兵庫県には、実際に遠方からはるばる飛行機に乗ってやってくる人がいるほど人気のケーキ店があるのだとか。一体どんなお店なのでしょうか。

この記事をまとめると

  • 1日4,000人のお客が来るケーキ屋さんの秘密は何か
  • おいしいのに繁盛しないお店……その理由は?
  • ビジネス学で「愛されるお店づくり」の極意を学び繁盛店を作る

4,000人の客が詰めかけるケーキ屋さんの人気の秘密とは

兵庫県三田市に、多い日には1日4,000人もの人が来店するといわれているお菓子の商業施設「パティシエ エス コヤマ」があります。大阪から電車で1時間という立地は便利とは言いがたいのですが、中には北海道や九州から飛行機に乗って訪れる人もいるそうです。では、このお店の人気の秘密は何なのでしょうか。

「パティシエ エス コヤマ」は約5,000平方メートルの広い敷地内にあり、敷地内にはケーキ店の他にチョコレート店、カフェ、ギフトショップが建てられています。ベンチや子供用の遊び場もあり、さながらお菓子のテーマパークのようです。

キッチンはガラス張りになっていて、ケーキができる工程を全てガラス越しに見ることができ、安心して買うことができます。もちろん売っている洋菓子の品質も折り紙付きです。神戸で修行後に独立したオーナーが開発した「小山ロール」は、ロールケーキの火付け役になったとも言われる商品。フランスの名誉ある賞も受賞しています。

また、店員やケーキを作る人がみんな生き生きと働いていて、それを支えるのが丁寧な社内教育と、社長と約70人の従業員一人一人が交換する日報です。従業員はその日の出来事や感じたこと、失敗したことなどを書き、社長はその日報を毎日チェックします。社長と従業員が常に近い距離でコミュニケーションを取ることで、より良いサービスを提供することができるのだそうです。

繁盛しない店はなぜ繁盛しないのか

繁盛するお店がある一方で、お客さんがほとんど来ない店もあります。そういう店の特徴を観察すると、店を知ってもらう努力をしなかったり、従業員を育成しないパターンが多いようです。せっかく店に行っても、店員に愛想がなくサービスが悪かったりすれば、だんだん来る人が少なくなり、売上が減ってしまいます。売上が減ると、さらに宣伝費や人材育成費をかけられなくなり、最終的には廃業に追い込まれてしまうケースがほとんどだといいます。

繁盛しない店は、飲食店に多いのだそうです。ある飲食店サービス会社が行った調査によると、閉店した飲食店の60%は、オープンして2年以内で閉店しているのだとか。飲食店の店主は自分自身が料理人であることが多く、おいしいものを作ることばかりに集中してしまいがちで、「美味しければお客さんが来てくれる」と、経営理論を理解しないまま、安易に店を始めてしまう店主が多いようです。

もしこうした店主が、店を開く前にビジネス学を学び、宣伝や従業員教育の大切さを知っていたらどうでしょうか。おそらく、もう少し上手くお店を軌道に乗せることができるはずです。

兵庫の「パティシエ エス コヤマ」では、来店する人に楽しい時間を過ごしてもらう工夫を考え、社長が時間やお金を掛けて社員を育成しコミュニケーションを大切にした結果「お客さんから愛されるお店」になれたのです。客の心をつかむためには、ただ良い商品を作って提供すればよいだけでなく、ビジネスに必要なさまざまな要素を学ぶことが必要です。そしてそうしたことを学ぶのがビジネス学なのです。


【参考サイト】
旅ぐるたび
https://gurutabi.gnavi.co.jp/a/a_1715/

日経ビジネスONLINE
http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/15/269655/012400018/?P=3&ST=spc_topleader

居抜き情報.COM
https://www.inuki-info.com/reports/detail/9204

お店にお客が来ない本当の理由
http://inqup.com/restaurant-management02

この記事のテーマ
社会学・マスコミ・観光」を解説

あまり共通性のないように思われる3分野ですが、じつは密接な関係があります。観光業界にとってマスコミは「広報」そのものです。マスコミの存在なくして観光業界の発展はないでしょう。もともとマスコミは商品を情報化するために社会学を重視しています。社会が求めている漠然としたニーズを精査し、わかりやすいイメージとして変換して提供するのです。今後、観光業などにおけるマスコミの存在はますます大きくなるはずです。

「社会学・マスコミ・観光」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「ビジネス学」
はこんな学問です

経営学、商学、経済学などの講座で開講されていたビジネスに関連する技術を身に付けることを目的とした科目や、関連する学際的な研究科目を集約したビジネス特化型の学問である。たとえば、経営に携わるために必要な科目を集めた起業家・経営者コースや、スペシャリストをめざす企業会計・税務コース、ビジネスリーダーをめざす組織マネジメントコースなどに分かれていることが多い。

「ビジネス学」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける