高齢になると「自宅で過ごす」ことが難しくなる? 住み慣れた家で暮らし続けるには何が必要?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

高齢になると「自宅で過ごす」ことが難しくなる? 住み慣れた家で暮らし続けるには何が必要?

2018.01.17

提供:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

高齢になると「自宅で過ごす」ことが難しくなる? 住み慣れた家で暮らし続けるには何が必要?

高校生の皆さんはまだピンとこないかもしれませんが、歳をとると体のいろいろな部分が衰えてきます。調理や食事、風呂に入るなど、日常生活を送るにも誰かの助けが必要になる可能性があるのです。こうしたときに必要になるのが、介護などの福祉サービス。現在、高齢者の増加につれて、さまざまな福祉サービスのあり方が考えられています。

この記事をまとめると

  • 高齢化が進み、介護と医療の連携が求められるサービスが求められている
  • 「看多機」は高齢者の介護に柔軟に対応したサービスとして、現在注目を集めている
  • 高齢者の自立やその家族を支援するための社会のありかたを研究する「介護福祉学」

自宅で福祉サービスを受けるにはどうすればいい?

皆さんの住んでいる街にも、高齢者向けの介護施設や医療施設があると思います。こうした施設では高齢者向けの福祉や医療のサービスを受けることができますが、施設まで行かなくてはならないという問題があります。また住んでいる場所によっては、施設が自宅から離れた場所にあることもあります。そのため、介護を受ける高齢者からは「自分の住み慣れた土地で過ごしたい」という声も多いようです。

こうした声に応えるため、これまでもさまざまな福祉サービスが検討されてきました。代表的なものは、介護者が自宅に行き介護サービスを受ける「訪問介護」です。これにより高齢者は自宅にいながら、日常生活を支障なく過ごすことができるということを実現させました。しかし訪問介護はあくまでも、日常生活をサポートする介護サービスのみの提供です。急に具合が悪くなった時に、医療ケアを受けることはできません。

こうした介護に加え、医療に関するサービスを受けることができることで注目を集めているのが、「看護小規模多機能型住居介護」といわれているサービスです。

自宅で介護と看護を受けられる「看多機」

看護小規模多機能型住居介護は、「看多機(かんたき)」ともいわれており、2006年に導入された比較的新しいサービスです。看多機では従来の「訪問介護」「施設へ通う」「施設に泊まる」のサービスに加えて、「訪問看護」がサービスに加えられています。

この訪問看護をその他のサービスと一体化することで、利用者は自由な組み合わせを選択することができ、介護と看護を柔軟に受けることができるのです。これにより看多機は介護と医療の両方のケアが必要だという高齢者を支えることができます。また、看護が必要な高齢者が単身者である場合、これまでは住まいから離れた場所にある施設に入居せざるを得ない状態でした。しかし看多機を活用することにより、住み慣れた地域で医療や看護のサービスを受けることが実現できるようになりました。

介護の状態においては、施設ではなく自宅でケアをする方がいい場合もあります。例えば認知症を患っている場合、環境の変化に敏感になる人もいます。そうしたときには、住み慣れた自宅で介護を行いながら看護にも対応ができるという利点もあるのです。

高齢化が進むにつれ、医療や介護といったサービスもさまざまな形が必要となっています。こうした中で看多機はより柔軟な対応ができるサービスとして注目を集めているのです。

高齢者の自立やその家族を支えるため、福祉のあり方を考える介護福祉学

看多機は、医療施設を退院した後の在宅療法への支援にも役立てられています。大人になって一緒に住む家族の介護が必要になったら、また家族が自宅療養を希望していたら……ということを想像してみてください。外出する度に、自宅に残す家族のことが心配で不安になるのではないでしょうか。

こうしたときに看多機は、介護支援が必要な高齢者を持つ家族にとってもメリットをもたらしてくれます。今、家族が昼間働いて日中は高齢者だけになってしまう「日中独居」という状態が課題になっています。こうした課題にも対応し、周囲の家族への負担も軽減するという役割も担っているのです。

このように、高齢者の自立や家族の支援に関するありかたを研究していく学問が「介護福祉学」です。介護福祉学では、高齢者をはじめ障がいのある人々が、安心して自立した生活を送れるようなサポート体制を考えていきます。社会福祉や医療、臨床心理など、高齢者や障がい者について「制度」「サービスのあり方」「心のケア」などさまざまな角度からアプローチしていきます。

皆さんは自分が高齢者になることは「まだ先のこと」と思うことでしょう。しかし祖父母や親をはじめとして、身近な人の体が動かなくなったら……ということをイメージすると、「どのようなサービスが必要なのか」と考えるきっかけになるかもしれません。そうした時に介護福祉学を学ぶことは、とても役に立つと思いますよ。


【参考文献】
NIKKEI STYLE
https://style.nikkei.com/article/DGXKZO21916540V01C17A0NZBP01?channel=DF140920160925
ヨミドクター
https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20170925-OYTET50028/
毎日新聞
https://mainichi.jp/articles/20170705/ddm/016/040/009000c
十勝毎日新聞
http://www.tokachi.co.jp/news/201610/20161028-0025060.php
産経ニュース
http://www.sankei.com/life/news/150416/lif1504160010-n1.html

この記事のテーマ
福祉・介護」を解説

大きな戦争の減少、食糧事情の向上、医療技術の発達などにより、おもに先進国では平均余命が伸びています。同時に、生きてはいるけれども健康ではないという、要介護状態の高齢者が増加し、医療費の伸びや介護保険費の膨張など、大きな問題が山積しています。福祉は、子どもから高齢者まで人間の発達段階に応じた社会支援の理想的なあり方を探求します。個人だけでは解決できない問題を、集団・組織として考える視点を学びます。

「福祉・介護」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「介護福祉」
はこんな学問です

障がいのある子どもや大人、そして高齢者が安心して自立した生活を送れるようにサポートするのが介護福祉の考え方である。社会福祉、介護、医療、臨床心理などの分野をバランスよく学びながら、介護福祉の専門知識や介護技術についても理解を深める。今後、高齢化が進むなかで増え続ける介護を必要とする人々に対し、どのようにすれば安定した介護サービスを提供することができるかが、大きな研究課題となる。

「介護福祉」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける