【シゴトを知ろう】JAXAの職員 編

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

【シゴトを知ろう】JAXAの職員 編

2017.12.25

提供:マイナビ進学編集部

【シゴトを知ろう】JAXAの職員 編

宇宙開発のイメージが強い宇宙航空研究開発機構(JAXA)に、航空環境・安全における研究開発や超音速旅客機など航空分野の新たな可能性について研究開発を行っている航空技術部門があることをご存じでしょうか。
JAXAの航空技術部門に所属して調布航空宇宙センター(東京・調布)で働いている三木肇(はじめ)さんに、仕事のやりがいやJAXAに入社した理由などについてお話を伺いました。

この記事をまとめると

  • 実験を通して見つかる「不思議」は、研究者の大きなやりがい
  • 自分もやってみたい。進路を決めたきっかけは、風洞実験の映像だった
  • いつか出合える将来へと続く道。より難しそうな道を選択してほしい

模型やコンピューターで大気圏再突入時の状態をシミュレーション

調布航空宇宙センターにある、航空機用としては日本最大の風洞の内部と外観イメージ

調布航空宇宙センターにある、航空機用としては日本最大の風洞の内部と外観イメージ

Q1. 仕事概要と一日のスケジュールを教えてください。

宇宙から地球に帰ってくる際に使用する円すい形のカプセルにおける空力(くうりき)技術・熱技術の研究をしています。これは、より正確にそしてより安全に宇宙から地上に戻ってくるための研究です。

風洞(*)と呼ばれる実験装置に、カプセルと同じ形状の模型を入れて実験を行いデータを取得したり、宇宙から帰還する時の状況を完全に再現するために、コンピューターを使ったシミュレーションを行ったりして、大気圏に再突入する際にカプセルが受けるさまざまな状態の値を正確に導き出しています。


*風洞(ふうどう):自動車や航空機などの研究・開発に用いられる実験装置。人工的に空気の流れを作り出し、実験模型の周りでどのような風の流れが発生するのかを可視化したり、風の中でどのような影響を受けるのかを確認するために使われる。

<一日のスケジュール>
08:30 出社、業務開始まで自身の勉強
09:30 業務開始
    研究、実験準備、データ解析など
12:00 休憩
13:00 研究、実験準備、データ解析、打ち合わせなど
17:45 業務終了

※区切りのいいところまで作業したり、英語の論文を読むなど業務後に勉強をするため、帰宅時間は日によって異なります。


Q2. 仕事の楽しさ・やりがいは何ですか?

試験や実験は何かしらの仮説を立ててから始めますが、思い通りのデータが取れた時だけではなく、思ってもいなかったことが起こった瞬間にもやりがいを感じます。
実験を通して新たな「不思議」に出合うことは、研究を仕事にする上でとても大きなやりがいになるんですよ。


Q3. 仕事で大変なこと・つらいと感じることはありますか?

データを取るまでの準備が大変です。風洞実験を行う場合、実験の半年前には模型の設計をします。さらに、模型設計を準備する前段階にも3カ月間くらいかかるので、1つの実験に半年以上の時間が必要になります。
たとえ小さな模型でも、作る上で工夫をしなくてはいけないポイントがありますし、実験をする際も、ボタンを押すだけで正確なデータが出てくるわけではありません。

また、想定していなかった「不思議」なことに出合った場合、その現象がどうして起こったのかを考えるのも大変な仕事です。

企業ではなく、国の利益になるような仕事がしたかった

Q4. どのようなきっかけ・経緯でこの仕事に就きましたか?

きっかけは、高校生の時にテレビで見た風洞実験の映像です。風の流れが目で分かる美しさに惹かれて、風洞を使った研究をしてみたいと思ったのが、大学選びのポイントになりました。ただ、その時テレビに映っていたのは自動車の風洞実験の映像だったので、風洞は自動車の研究をするためのものだと思っていましたね。

大学4年生になって研究室を選ぶ時、風洞がある研究室を選んで飛行機に関する研究を行い、大学院の博士課程でもその研究を続けました。そして、企業ではなく国の利益になることをしていきたいという思いと飛行機の研究、どちらも実現できるJAXAに就職しました。


Q5. 大学では何を学びましたか?

工学部で機械システム工学を専攻しました。流体や素材強度に関することを中心に学び、機械全般における基礎的な知識を身に付けましたが、飛行機や宇宙に直接つながる勉強は少なかったです。


Q6. 高校生のとき抱いていた夢が、現在の仕事につながっていると感じることはありますか?

具体的な職業はイメージしていませんでしたが、丸の内にある商社で働いているのを漠然と思い描いていたのに、気付けば作業着を着て研究している毎日なので、当時想像していた姿とは全く違いますね。

でも、風洞実験の映像をテレビで見たのは高校生の時で、「風はこんな風に動くのか」「風は物に当たった後、こんな動きをしているのか」とそれまでは意識していなかったことが可視化されていることに衝撃を受けた経験は、間違いなく今の仕事につながっています。

研究には、妥協せずに突き詰めていくひたむきさが必要

Q7. どういう人がJAXAの職員に向いていると思いますか?
 
根気強い人が向いています。実験の準備で夜遅くまで仕事をすることがありますし、長い時間、集中力を持続させることが求められます。また、新しい知識と古い知識、どちらも知っておかなくてはならないので、仕事をする上で必要とされることを妥協せずに学べる人や新しいことにチャレンジできる人も向いていると思います。


Q8. 高校生に向けたメッセージをお願いします。

私は高校時代、やりたいと思えるものがありませんでしたが、風洞に興味を持ち進学先を決めました。今は特にやりたいことが見つからない人にも、きっと同じような変化が訪れると思うんです。さまざまな選択肢に出合った時、自分が難しいと感じることでも興味があればチャレンジしてみてほしいですね。


仮説とは異なる実験結果が出ることを、「新たな不思議に出合える瞬間」と研究者のやりがいとして捉えていた三木さんの言葉がとても印象的でした。最先端の技術を開発することを目指して日夜研究に励むJAXAの職員として働くためには、勉強が好きであると同時に探求心を持ち続けることも大切なのかもしれませんね。


【profile】国立研究開発法人 宇宙航空開発研究機構(JAXA) 航空技術部門 三木肇(みき はじめ)

国立研究開発法人 宇宙航空研究開発機構(JAXA) http://www.jaxa.jp/
ファン!ファン!JAXA! 調布航空宇宙センター http://fanfun.jaxa.jp/visit/chofu/


写真提供:(2枚目)JAXA

この記事のテーマ
自動車・航空・船舶・鉄道・宇宙」を解説

陸・海・空の交通や物流に関わるスキルを学びます。自動車、飛行機、船舶、鉄道車両などの整備・保守や設計・開発、製造ラインや安全の管理、乗客サービスなど、身につけるべき知識や技術は職業によってさまざまで、特定の資格が求められる職業も多数あります。宇宙については、気象観測や通信を支える衛星に関わる仕事の技術などを学びます。

「自動車・航空・船舶・鉄道・宇宙」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「JAXAの職員」
はこんな仕事です

国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、航空宇宙に関するさまざまな研究や開発を行う日本の公的専門機関。人工衛星やロケット、航空技術の開発や宇宙飛行士の管理などの業務を行う。入社後は技術系職員、事務系職員の2つの選択肢があるため、必ずしも理系出身である必要はないが、技術系職員を目指すのなら高度な航空知識、物理学や天文学の知識を求められるので、これらの学問を習得しておく必要がある。

「JAXAの職員」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける