【シゴトを知ろう】スカウト 編

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

【シゴトを知ろう】スカウト 編

2017.12.22

提供:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

【シゴトを知ろう】スカウト 編

毎年10月に行われるプロ野球ドラフト会議。テレビ中継され、候補選手たちが再現ドラマ仕立てで紹介されるなど、その注目度は他のスポーツをしのいでいます。ドラマティックな会議の裏で、この日のために1年間球場を回り、選手たちのプレーを見続けてきた人々がいます。それがプロ野球のスカウトマン。社会人野球からプロ野球選手、引退後はコーチ、スカウトと長い間野球に捧げてきた東北楽天ゴールデンイーグルスのスカウト・沖原さんに、仕事について伺いました。

この記事をまとめると

  • チームの戦力になる選手を探し、獲得するのがスカウトの仕事
  • プロ野球のコーチやスカウトは球団職員ではなく業務委託スタッフ
  • 選手についての情報の多さがカギになる

獲得した選手の成長が何よりもうれしい

Q1. 仕事概要と一日のスケジュールを教えてください。

プロ野球のスカウトは自分のチームの戦力になる選手を探し、チームに推薦し、ドラフト指名を経て獲得するまでが仕事です。そのため、1年の大半は高校野球や社会人野球の試合や練習に足を運び、見込みのある選手がいないか、チームの補強に見合う選手がいないかを探しています。また監督や親御さん、もちろん選手からも「この人・このチームなら任せられる」と思ってもらえないと球団に入ってもらえないので、信頼関係を築くことや人脈づくりが非常に重要です。

スカウトの仕事は、毎年10月に開かれる新人選手獲得のための「ドラフト会議」を中心に、1年の流れが大体決まっています。毎年1月に新人選手が入寮するタイミングに合わせて、全国に分散しているスカウトたちが一同に球団の本拠地である仙台に集まり、その年のスカウティングの大まかな方向性を決めます。その後は各チームや高校に挨拶回り、キャンプ地回りをして、3月から9月までは甲子園や高校生の地区大会、大学・社会人野球の試合や練習などを見に行って、選手を絞り込んでいきます。自分が担当した選手が入団する場合は、入団記者会見や契約交渉、入寮までのお世話をするのでドラフト後も忙しいですね。

<一日のスケジュール>
[平日]
9:00大学・社会人野球の練習や試合を見学
16:00 高校の練習見学

[休日]
9:00 終日試合の見学

※試合や練習のスケジュールなどによって毎日の動き方は異なります。


Q2. 仕事の楽しさ・やりがいは何ですか?
自分が獲得した選手が1軍で活躍してくれることが、何よりもうれしいです。どんな選手でも入ってすぐに1軍で活躍することは難しいのですが、入団後にいい選手に成長していく姿を見ると、やりがいを感じます。スカウトはそういう成長が見込める選手を選ぶことが仕事でもあります。

よく「隠し球」なんていわれますが、他の球団は気にもかけないような選手に光るものを感じて獲得に動くことがあります。そういう選手が急成長して活躍したりすると、何ともいえないうれしさがあります。以前スカウト仲間が社会人野球でクビになりかけていた選手を、「フォームを改造すればよくなるような気がする」とドラフト9位で獲ったんですが、その選手が今はチームに非常に貢献する選手になりまして……スカウト仲間も本当にうれしそうでした。


Q3. 仕事で大変なこと・つらいと感じることはありますか?

特にありませんね。大好きな野球に関われる仕事ですから。ただ、これまで通勤電車というものに乗ったことがない人生だったので、今は朝晩のラッシュアワーがつらいです。

大学時代の厳しい練習で身に付いた自信と忍耐力

Q4. どのようなきっかけ・経緯でその仕事に就きましたか?

僕は2008年に現役を引退する際に、球団から声をかけてもらってジュニアスクールのコーチになりました。その後、2013年に2軍打撃コーチ、2014年に2軍内野守備走塁コーチを経て、2015年から北関東地区のスカウトとして活動しています。

出身は四国ですが、東京の大学を卒業後、NTT東日本(当時はNTT関東)の野球部を経てプロ野球に入りましたので、関東の大学野球、社会人野球の監督さんたちもよく知っていますし、仲間や知人がコーチになっているケースも多いです。その人脈を買われて声をかけてもらったのだと思います。


Q5. 今の仕事に就くために学んだことはありますか?

僕が在籍していた大学の野球部は日本一厳しいともいわれており、そこで4年間過ごしたことで、「ここを乗り越えたから、どこに行っても大丈夫」という自信と忍耐力はつきました。高校でも社会人でも仲間はいますが、大学野球部時代のチームメイトとのつながりは強いと思います。

スカウトが選手を見るポイントは「野球への前向きな姿勢」

Q6. 高校生の時に抱いていた夢が、現在の仕事につながっていると感じることはありますか?

小学校から野球をずっと続けてきて、高校生で初めてプロへの道を意識し、「どうしたらプロになれるのか」を具体的に模索していました。もちろん将来スカウトになるとは夢にも思っていませんでしたが、スカウトのほとんどが元プロ野球選手であることを考えると、高校時代の決心が今の仕事につながっていると思います。


Q7. どういう人がこの仕事に向いていると思いますか?

野球が好きな人、そして人とのコミュニケーションが好きな人ですね。とはいえ口先だけのただのお喋りでは監督や選手に信頼されませんので、情熱があり人間性もよければ申し分ありません。

いい選手の情報は、監督やコーチからはもちろん、他チームのスカウト仲間や、野球好きでしょっちゅう試合を見ているような熱心なファンからも入手します。意外とそれが精度の高い情報だったりするんです(笑)。スカウト同士は目をつけた選手を隠し合うと思われているかもしれませんが、ドラフト直前までは他球団のスカウトでも「あそこにいい選手がいたぞ」とか「○○大会のときはよかった」とか、結構オープンに何でも話します。


Q8. 高校生に向けたメッセージをお願いします。

プロの野球選手を目指す高校生へのメッセージになってしまいますが、スカウトは「本当に野球が好きか」「一生懸命真剣に取り組んでいるか」という野球への姿勢を見ます。三振しても打たれてもふてくされない、一塁まで全力疾走する、声を出すなど、生き生きと野球に打ち込んでいるかをチェックしています。

また闘争心に溢れていること、負けず嫌いなこと、相手に向かっていく気持ち、精神的な強さや前向きさも必須です。技術が光っていても、精神的に弱い選手や素直じゃない選手、前向きさを感じられない選手はリストからは外されてしまいます。

でもこれらは、プロ野球選手だけでなく社会人として身に付けておいてほしい事柄と同じです。高校時代にスポーツや好きなことに打ち込み、精神力を鍛えておくことは後々社会に出ても必要なことだと思います。


「自分が目をかけ、チームに引き入れた選手が活躍したり、選手人生を長く過ごしていることが何よりもうれしい」と笑顔で話してくださった沖原さん。その関係は選手とスカウトという枠を超えて、人間同士の深い信頼に支えられています。

「獲得を迷うような選手は獲らない」ときっぱりと言い切ったその自信の裏には、選手たちの人生を左右してしまう大きな責任と覚悟がありました。華やかな部分だけに注目されがちなドラフト会議ですが、スカウトマンたちの影の仕事に着眼してみると、また違った一面が見えてきますね。

【profile】スカウト 沖原佳典

この記事のテーマ
健康・スポーツ」を解説

スポーツ選手のトレーニングやコンディション管理に関わる仕事と、インストラクターなどの運動指導者として心身の健康管理やスポーツの有用性を広く一般に伝える仕事に大別できます。特に一般向けは、高齢化の進展や生活習慣病の蔓延が社会問題化する中、食生活や睡眠も含めて指導できる者への需要が高まっています。授業は目指す職業により異なります。

「健康・スポーツ」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「スカウト」
はこんな仕事です

有望なスポーツ選手を見つけ出し、自分のチームに勧誘する仕事。さまざまな情報網を駆使し、日本全国の高校や大学、企業、時には海外にまで足を運び人材発掘を行う。今のチームの戦力状況を把握し、どういう人材を補強するとチームがより良くなるかを考える。プロ野球においては、新人選手への入団交渉権を各球団に振り分けるドラフト会議が行われるため、他球団と駆け引きする力も求められる。新人選手の才能を見極め、アスリートたちに夢をかなえる機会を提供する役割を担う。

「スカウト」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける