2018年に空飛ぶ車が試運転! 気になる安全ってどうなの?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

2018年に空飛ぶ車が試運転! 気になる安全ってどうなの?

2018.02.15

提供:マイナビ進学編集部

2018年に空飛ぶ車が試運転! 気になる安全ってどうなの?

SFやファンタジー映画でも登場することのある「空飛ぶ車」。夢物語と思われていましたが、もうすぐ実現化されようとしています。果たしてどんな車なのでしょうか。

この記事をまとめると

  • 空飛ぶ車の開発が進み、試運転、実用化まであと一歩
  • 日本で開発中の空飛ぶ車は世界最小サイズ
  • 空飛ぶ車はメリットが大きいが安全やコストなどの問題が残っている

空飛ぶ車の開発グループ「カーティベーター」とは?

未来都市を象徴するといってもいい「空飛ぶ車」。実現するのはまだまだ先かと思われていましたが、トヨタ自動車株式会社がサポートして結成した「カーティベーター」という有志団体が現在開発中で、2018年には試作機をテスト飛行し、2020年からは実用化するという計画が立てられています。

空飛ぶ車の開発有志団体であるカーティベーターは、夢のある車をつくりたいという思いで結成されました。このグループ名の由来は、車の「カー」と(ワクワクドキドキする体験を)生み出すという意味を含んだ「カルティベーター」を組み合わせたものだそうです。

空飛ぶ車「スカイドライブ」とはこんな車

カーティベーターが開発中の空飛ぶ車「スカイドライブ」は、公道から直接飛び立てるのが特徴です。その背景には、モーターやバッテリーの開発が進み、以前よりも性能の良いものが作り出されたことや、軽量素材の開発によって空を飛ぶ車自体が身軽になったことなどが挙げられます。現在公道を走る超小型車両でも400kg以上あるものが多い中、試作機は電動で重量を250kgに抑える計画だそう。このことを考えると、空飛ぶ車がどれほど軽くなったかが分かりますね。

空飛ぶ車はすでに、アメリカやオランダなどの海外でも開発が進んでいますが、その中でもカーティベーターが製作中のスカイドライブは、世界最小サイズという特徴や、スマホで操作できるなどの実用的な機能を持っています。

空飛ぶ車の残された課題とは

空飛ぶ車が実用化されれば、交通渋滞に悩ませられることもなくなるだけでなく、道路が整備されていない場所でも移動できるため、災害時の活躍も期待できます。このように夢の広がる空飛ぶ車ですが、空での安全の確保や駐車場の問題など解決しなければいけない問題がまだ残っています。
日常生活で利用できるようになるのは、まだ先のことのようですね。


「映画の中だけの話」だと思われていた空飛ぶ車が、現実のものになろうとしています。車の世界は、まだまだ発展するといえるかもしれません。そんな未来の車の開発に興味・関心のある人は、自動車工学を学んでみてはいかがでしょうか。安全に便利な車作りの夢が叶うかもしれませんよ。


【参考文献】
日経新聞
https://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ14HO6_U7A910C1TI1000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ17H3V_X10C17A9TJC000/
テッククランチ
http://jp.techcrunch.com/2016/12/25/20161223our-self-flying-car-future/
WIRED
https://wired.jp/2017/08/01/flying-car-concepts-prototypes/
ZENMONO
https://zenmono.jp/projects/76
cartivator
http://cartivator.com/

この記事のテーマ
工学・建築」を解説

工業技術や建築技術の発達は、私たちの生活を画期的に快適で安全なものに変えてきました。先人たちの生み出した知恵に新しい技術をプラスすることで、その進歩はいまも日々、進んでいます。インフラの整備や災害に強い街作り、エネルギー効率の高い動力機械や高い知能を持ったロボットの開発など、工学や建築に求められるものはますます増えるでしょう。自然との共生も大きなテーマです。理系の中でもより実地的な分野だと言えます。

「工学・建築」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「航空・船舶・自動車工学」
はこんな学問です

航空機や宇宙飛行体、船舶、自動車の開発、設計、運用などの研究を通じて、技術者や研究者を養成する学問。用途を踏まえて、飛行、航行、走行にかかる衝撃などを研究する「流体力学」、軽量化や強度、材料を研究する「構造工学」「材料工学」、制御や機構を研究する「機械工学」など、さまざまな工学的観点から専門知識を習得する。それぞれの製造メーカーへ進む道があるが、とくに航空(宇宙)工学の場合は、機械から化学まで進む分野の幅が広い。

「航空・船舶・自動車工学」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける