自分自身をミカタにつけろ! ボディランゲージでなりたい自分に

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

自分自身をミカタにつけろ! ボディランゲージでなりたい自分に

2018.01.29

提供:マイナビ進学編集部

自分自身をミカタにつけろ! ボディランゲージでなりたい自分に

私たちが無意識にとっている姿勢や態度は、他人に与える印象に大きな影響を与えます。さらに自分自身の心理や、もっと言えば人生に影響を与えることも。面接試験の前、大事な発表の前、好きな人に話しかける前……。大事な場面で自信をつけたい時、このポーズを2分間とるだけで成功率が劇的に上がる!? そんなポーズを紹介します。

この記事をまとめると

  • 相手への印象を劇的に変える、ボディランゲージ
  • ボディランゲージは「なりたい自分」も実現できる
  • 自信が欲しいときは、「力強いポーズ」を2分間とってみよう!

社会学にとってのボディランゲージ

言葉を使わず、身振りや行動だけで自分の意志を伝える行為を、ボディランゲージ(非言語行動)といいます。他の人が自分にどんな印象を持ちどう感じるかは、ボディランゲージによる部分も大きく影響していることは、多く研究され、すでに証明されてきました。では、自分自身への影響はどうでしょうか?

ハーバード大学教授・社会心理学者のエイミー・カディ博士は、「自分で自分のことをどう思い、どう感じるかも、非言語行動が大きく影響するのだろうか」という疑問を元に、研究に取り組みました。
その結果、カディ博士の研究により、運動競技で勝利した時、五輪で活躍するアスリートも、生まれつき盲目の人も、同じようなポーズをとることが分かりました。両腕をVの字に大きく突き上げ、あごを少し前に突き出したポーズです。

自分に自信を与えてくれる! 「力強いポーズ」とは?

カディ博士によると、勝利のポーズがこのような姿勢になるのは、人は、自分に自信を感じられるとき、自分を大きく見せようと体を伸ばし、両手を開くなど、より広い空間を占めようとするからなのだとか。逆に自信がないときは、体を丸め、小さく縮こまり、他人と接触しないようにする傾向があります。

しかし自信がないときにこそ、逆に、自信があるフリをすることで、本当に自信が身に付くという説が表明されました。これは、ボディランゲージが心理状態に与える効果を提示しています。
つまり、ボディランゲージを利用すれば「なりたい自分」を実現できるのです。
カディ博士が提唱する弱気を吹き飛ばす「力強いポーズ」とは、胸を張って両手を腰に当て、両足は肩より大きく開き大地を踏みしめる。次に両腕を上げてV字ポーズをとり大きく背伸びする、といった一見して自信満々なポーズ。

さらにこのポーズを2分間とると、人が自信を感じる時に分泌するホルモン「テストステロン」が20%増加し、落ち込んだ時に分泌するホルモン「コルチゾール」は40%減少するという実験結果が出たのです。

本物になるまで「自信のあるフリ」をし続ければ、人生も変わる

入試やテスト、面接の前、皆さんはどんな姿勢をしているでしょうか。ノートや参考書を見ながら背中を丸め、体を小さくしているかもしれません。しかし本当は2分間でもいいので、堂々と手をV字に広げてしっかりと背中を伸ばし、自信を呼び起した方がよいのです。

そして博士曰く、大事なのは「フリが本物になるまでやり続けること」。自信のあるフリが、自分に自信を与えてくれる、それが成果につながり、成果がまた自信をもたらしてくれるという好循環が生まれるのです。

このように、ボディランゲージは他の人だけでなく、自分自身の人生にも良い影響を及ぼす可能性を秘めています。ボディランゲージが人間に与える影響について、より詳しく知りたいなら、コミュニケーション学を学んでみるのも良いかもしれません。無意識にやっている仕草が、意外なところに影響していることを発見できるかもしれませんよ。


【参考文献】
ログミー(「人と会う前に2分間、このポーズをとれ!」 相手の印象を劇的に変える、ボディランゲージの力)
http://logmi.jp/5811

エポックタイムズ(たったこれだけで? ハーバード大教授のおすすめポーズとは)
http://www.epochtimes.jp/2016/03/25173.html

この記事のテーマ
社会学・マスコミ・観光」を解説

あまり共通性のないように思われる3分野ですが、じつは密接な関係があります。観光業界にとってマスコミは「広報」そのものです。マスコミの存在なくして観光業界の発展はないでしょう。もともとマスコミは商品を情報化するために社会学を重視しています。社会が求めている漠然としたニーズを精査し、わかりやすいイメージとして変換して提供するのです。今後、観光業などにおけるマスコミの存在はますます大きくなるはずです。

「社会学・マスコミ・観光」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「コミュニケーション学」
はこんな学問です

コミュニケーションはさまざまな学問と関連する学際的な分野である。たとえば、語学、心理学、社会学、教育学、経営学などの文系分野から、情報工学や通信工学などの理系分野まで多岐にわたる。共通しているのは、どうすれば正確で円滑なコミュニケーションを図ることができるかということである。コミュニケーション学では、そこに焦点を当てて研究を進める。

「コミュニケーション学」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける