【シゴトを知ろう】石工 編

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

【シゴトを知ろう】石工 編

2018.01.12

提供:マイナビ進学編集部

【シゴトを知ろう】石工 編

採石場から石を切り出したり、その原石を加工し設置する石工(いしく)という仕事。石工という名前は知らなくても、お城の石垣や橋や公園、石碑、お墓など彼らの仕事は日常的に目にすることができます。機材を使って石を切ったり削ったりする機械加工が主流になった現在でも、ノミや金槌を使って手で石を加工する昔ながらの手法にこだわっている石工職人の稲田さんに、具体的な仕事内容やこの仕事に就くまでのお話を伺いました。

この記事をまとめると

  • 現在石の加工は機械がほとんどだが、今でも手加工にこだわっている
  • 石の加工は数百年経っても残るので、やりがいも怖さもある
  • 石の個性を理解し、手加工を習得するには、10年はかかる

石の特徴と性質を見極め、加工をしていく石工の仕事

Q1. 仕事概要と一日のスケジュールを教えてください。

石工には大きく分けて、採石場で石を切り出す仕事と、私のように石を削ったり加工する仕事の2種類があります。また同じ石の加工でも、今はほとんど機械で行いますが、私はあえて手で削ることにこだわっています。石はその種類によって硬さや粘りなどの個性が全く違い、削り方や道具の当て方、力加減も全く異なります。その石の性質を理解し、見極めて加工するのはとても難しいですが、やりがいのある作業です。

仕事の流れとしては、付き合いのあるお寺さんからお墓の購入を考えている檀家さんを紹介してもらい、打ち合わせをしてどんなお墓にするかを決めます。そこで手加工を希望される場合は、どんな石を使ってどんなデザインや形にするのか、どれくらいの予算を考えているのかなど話し合います。手加工はどうしても時間もお金もかかりますから、機械を希望される人も多いのですが(笑)、その場合は機械加工をしている仲間にお願いします。石の準備から実際の据え付けまで、土木工事全般を全て請け負います。

墓石だけでなく、外柵といってお墓の周りの石の囲いなどを作ることもあり、先日は江戸時代に作られたお地蔵さんの外柵の依頼があって、手加工で行いました。お墓やお地蔵さんなどメインのものが映えるように、邪魔をしないような外柵のデザインを考え、石を選んで実際に手加工する過程は本当に楽しかったです。

仕事の7〜8割は、すでに加工済みの石を組み立てたり据え付けたりする仕事で、残りの2〜3割が石の加工です。石の手加工だけを専門にできれば最高なんですが、なかなか難しいのが現実です。

また自分が関わった石たちを時々見に行って、メンテナンスもします。経年変化が石によって、場所によってどんな風に進むのかをチェックして、加工する時の参考にもします。

<一日のスケジュール>
7:00 集合、打ち合わせ
8:00 お寺でお墓の組み立てなどの作業開始
17:00 作業終了(終了時間は日によって異なる)
17:30 作業場に戻って練習や作業
19:00 帰宅


Q2. 仕事の楽しさ・やりがいは何ですか?

お客さんの驚く顔を見た時ですね。任せられた仕事を終えて、お客さまの想像以上に仕上がった時に見せてくれる顔が、私にとっては一番の励みになります。というか私の仕事はやりがいばかり。好きでやっている仕事なので楽しいです。

ただ石はずっと残るので、納得できないものを作って世に出したら、それが何百年も残ってしまう怖さは常に持っています。ですが、それが面白さでもあります。

Q3. 仕事で大変なこと・つらいと感じることはありますか?

石を削る時に出る粉塵を吸い込んで、珪肺(けいはい)という病気になりました。これは治る病気ではないので、これ以上進行しないように今はきちんと粉塵マスクをして作業をするようになりました。あと仕事中はずっと中腰で作業をするので、腰は常に痛いですね。

朝の挨拶をしても叱られる、辛かった修行時代

Q4. どのようなきっかけ・経緯でこの仕事に就きましたか?

高校を卒業して田舎から東京に出てきて、自分に一番向いている仕事を探したいと雪駄作りや大工、刀研ぎ、鳶などいろいろな仕事の話を聞きにいきましたが、どれも「これだ!」とは思えませんでした。

そんな時に刀研ぎの職人さんから石工の話を聞き、修行させてもらおうと石屋を調べました。○○石材という屋号が多い中、一軒だけ「石銀」という店があって「カッコいいなぁと」思い、その店に電話したんです(笑)。なにせ人が常に不足している業界ですから、すぐに3カ月間だけの約束で手伝うことになりました。

3カ月目に親方から「明日から来なくていいよ」と言われましたが、その時友人に「お金をもらえて、いろんなことを学べるなんて得だね」と言われて、単純に「そうだよなぁ」と思ったんです。そこで、3カ月を過ぎても手伝いたいと申し出たら「そんな奴は初めてだよ」と言われました。

そこからの修行は口では説明できないほどの厳しさで、朝の挨拶をしても怒られ、どうしたらいいんだよって(笑)。毎日叱られ、怒鳴られ、「やめちまえ」「お前には向いてない」と言われ続ました。3〜4年目にさすがに耐えられなくなって父親に電話したら、「一人前になる過程で辞めたら失礼だろう」と言われて、もう逃げ場もなく……(笑)。無我夢中で続けて、8年目に入る頃には不思議と面白くてやめられなくなっていました。


Q5. 今の仕事に就くために学んだことはありますか?

私に仕事を教えてくれた人は石銀の親方と、どこにも所属しない流れの石工というかフリーランスの職人さんです。実の息子も厳しすぎて逃げ出したというくらいの頑固職人でした(笑)。その人ががんで亡くなる前に、「お前は褒めたらダメになるタイプだと思ったんだよ。悪かったな」と初めて謝られて。確かに自分は褒められたら調子に乗るタイプでしたから、私の性格や癖なども熟知した上での厳しさだったんだと、その時に分かりました。

師弟関係や修行などというと、今の若い人はギョッとするかもしれませんが、しっかり付き合って性格も理解してもらい、一人前になるまで技を教えてもらえるというのはありがたいです。

高校時代のバンド仲間との真剣な付き合いが今の仕事に生きている

Q6. 高校生の時の経験が、現在の仕事につながっていると感じることはありますか?

現在、石の手加工をしている石屋仲間たちで、衰退しつつある昔ながらの手加工の技術や符丁(石工独自の言葉遣いなど)を残す「石工会」という集まりを立ち上げています。立ち上げ当時は「新しい奴が何を始めたんだ」と白い目で見られたこともありましたが、今は同じ志を持つ仲間同士で思いを共有し、ただ群れるのではなく本気で付き合い切磋琢磨して成長し合える楽しさ・強さを感じています。これは高校時代にバンドを組んで、仲間と夢中で活動していた経験が生きていると思います。


Q7. どういう人が石工に向いていると思いますか?

石の据え付けを覚えるのに3年、石の手加工を覚えるには10年はかかるといわれ、石の特性や癖を覚えるのにもそれくらいの時間は必要だと思います。「辛抱強い人」とか「真面目な人」が向いているのかもしれませんが……そもそも私もそういう人ではありません。

何を隠そう私のモチベーションは「いい仕事をして自慢したい」という、かなり邪(よこしま)なもの(笑)。でもそういう強いエネルギーこそが、力になるのは事実です。

修行や下積みというのは失敗するためにあるもので、常に成功しかしていない人は応用力がつかずに、一人前になるには逆に時間がかかると思います。だから「この仕事に向いている人」ではなく、「向いていない人」の方が結局いい職人になるのかもしれませんね。


Q8. 高校生に向けたメッセージをお願いします。

最初から自分にぴったりはまる仕事はまれです。「自分には向いていないかも」と悩むのは当たり前。失敗をせず、何から何までうまくいったら成長はないですから。いろいろな人と話して、失敗して、迷って、真剣に考えて一歩を踏み出してください。



厳しい修行を経て、やっと自分にぴったりな石工という仕事に出会ったという稲田さん。でも以前は、合う仕事を見つけようとトライ&エラーを繰り返したといいます。「迷いや悩みは自分を成長させるための大切なプロセス」というアドバイスは、これからの将来を考える高校生の皆さんの背中を押してくれるひと言ですね。


【profile】石工 稲田圭二郎

この記事のテーマ
デザイン・芸術・写真」を解説

デザインは、本や雑誌、広告など印刷物のデザイン、雑貨、玩具、パッケージなどの商品デザイン、伝統工芸や日用品などの装飾デザインといった分野があり、学校では専門知識や道具、機器を使いこなす技術を学びます。アートや写真を仕事にする場合、学校で基礎的な知識や技術を身につけ、学外での実践を通して経験やセンスを磨きます。

「デザイン・芸術・写真」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「石工」
はこんな仕事です

墓石や城壁、用水路や河川改修工事などに使用する石を切り出し、必要なサイズに裁断して、細かく削るなどの作業を施す仕事。石を工事現場に積む・組むといった建築的な作業も行う。石工職人は、大学で建設などに関わる専門知識を学んでから石材会社に就職するというケースが多い。近年では、石の加工工程にもコンピューターが導入されて機械化が進んでいるが、細部の加工は手作業に頼ることが多い。したがって伝統的に受け継がれてきた職人技が重要視される。資格は必要ないが関連する国家資格に「石材施工技能士」がある。

「石工」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける