遠距離恋愛も何のその!? 離れていても「温もり」を伝える新技術

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

遠距離恋愛も何のその!? 離れていても「温もり」を伝える新技術

2017.11.30

提供元:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

遠距離恋愛も何のその!? 離れていても「温もり」を伝える新技術

遠距離恋愛中の恋人や離れて暮らすおじいちゃん・おばあちゃん、転校してしまった友達など、なかなか会えない大切な人もいますよね。メールや電話、ビデオ通話などコミュニケーションを取る方法はいろいろありますが、やっぱり直接会えないのは物足りないもの。そんな人に朗報! 遠くにいる人と「温もり」を伝え合える新技術が開発されました。

この記事をまとめると

  • 遠くにいる人にぬくもりを伝えられるグローブが開発された
  • より臨場感のある遠隔コミュニケーションが可能になる
  • 医療や介護などの現場で役立つことが期待されている

特別なセンサーを埋め込むことで、温熱感覚を伝達できる

テレビ電話やLINEなど、コミュニケーションツールは昔と比べて随分発達しましたが、互いにそばにいるかのような温もりを相手に届けることは難しいと思われてきました。

しかし今回、国内大学で「温もり・冷たさ」といった温熱感覚を伝えられる「サーモグローブ」の開発に成功しました。これは、内部に特別なセンサーを埋め込むことにより、離れている人の指や手のひらに温熱感覚を伝えることができます。

例えば、サーモグローブを装着した状態で冷たい水にさわると、同じくサーモグローブを装着した受け手も、直接水に触れているかのような冷たさを味わうことができるというのです。

サーモグローブで実現! 新しいコミュニケーションの形

他にもサーモグローブを使うことで、さらに臨場感のあるコミュニケーションが可能になります。例えば、遠距離恋愛中の恋人の手の温もりを感じたり、なかなか会えないおじいちゃん・おばあちゃんに、まるで孫がそばにいるかのような体験をさせてあげることもできます。

さらにこの技術は、日本の将来において、非常に大きな役割を担う可能性を秘めています。日本は、総人口に対して65歳以上の高齢者の割合が21%を超える超高齢社会で、高齢者に対する医師や介護職員の数は不足しているといわれています。しかし、この技術が発展することにより、遠隔地からの在宅医療で健康のモニタリングや治療を行ったり、リハビリテーション支援に応用したりすることも期待されています。

ヒューマンインターフェースの研究が進んでいる

サーモグローブのように人間と機械を接続するなど、五感を使って人間と機械の間をつなぐものを「ヒューマンインターフェース」と呼びます。

バーチャルリアリティ(仮想現実)といわれる、人工的に作られた空間をあたかも本物のように感じさせるメガネやグローブなどでも、このようなヒューマンインターフェースの開発は、目覚ましく進んでいます。コンピューターによる利便性の発展が目覚ましい今、ヒューマンインターフェースの開発についても、今後ますます注目が集まることが予想されます。

音声や映像、温度など、さまざまな情報を伝達するインターフェースに興味を持ったのであれば、情報系や、デザイン工学系の学科で学べるデザイン工学の道へ進んでみてはいかがでしょうか。その一端はゲームやアトラクションなどですでに体感している人も多いはずですので、ぜひ調べてみてください。

【参考サイト】
MONOist
http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1710/20/news032.html

内閣府
http://www8.cao.go.jp/kourei/whitepaper/w-2016/html/gaiyou/s1_1.html

この記事のテーマ
工学・建築」を解説

工業技術や建築技術の発達は、私たちの生活を画期的に快適で安全なものに変えてきました。先人たちの生み出した知恵に新しい技術をプラスすることで、その進歩はいまも日々、進んでいます。インフラの整備や災害に強い街作り、エネルギー効率の高い動力機械や高い知能を持ったロボットの開発など、工学や建築に求められるものはますます増えるでしょう。自然との共生も大きなテーマです。理系の中でもより実地的な分野だと言えます。

「工学・建築」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「デザイン工学」
はこんな学問です

工業製品や建築物はもとより、都市や生活環境、情報にまで及ぶ広範囲な対象物を、工学と芸術双方の視点から捉えてデザインを追究する学問。「空間・環境・建築デザイン工学分野」では、建築学や景観論、生活文化を学ぶことで、豊かな住環境デザインを考える。「ヒューマンインターフェース分野」は、光や音、熱の物理的な解析などから、マルチメディアのデザインを考える分野。商品開発から都市開発、建築、機械と研究を生かす領域は幅広くある。

「デザイン工学」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける