話しかける回数を増やせば、あの子はキミを好きになる!?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

話しかける回数を増やせば、あの子はキミを好きになる!?

2017.11.29

提供元:マイナビ進学編集部

話しかける回数を増やせば、あの子はキミを好きになる!?

気になる人と仲良くなるには、話しかける回数を増やすべき……なんて当たり前のことに思えるかもしれませんが、そこには学術的に裏付けられた根拠があることを知っていますか?
今回は「なぜ接触回数を増やせば好感度が上がるのか?」の根拠となる「ザイアンスの法則」について紹介します。心理の原則を知ることは、きっと友達とのコミュニケーション能力UPにもつながるはずです。

この記事をまとめると

  • ザイアンスの法則とは、接触回数が多いほど親しみを感じる法則のこと
  • 気になる人と仲良くなるためには、単純接触回数を増やすといいかも
  • 恋愛以外のコミュニケーション力アップにもつながる

接触回数が多いほど親しみを感じる理由とは?

アメリカの心理学者ロバート・ザイアンスは、ものや人に繰り返し接することで好意度や印象が高まる現象を発表し、「単純接触効果」と名付けました。発表に紹介されているのはこんなエピソードです。

ある教師が、男子生徒の頭に黒い袋をかぶせて毎週決まった曜日の授業に出席させ、同席した学生の反応を調べました。初めは男子生徒に対し敵意や警戒を示していた学生たちでしたが、日数が経つにつれ好意的な態度を取り始め、最終的には友情が芽生えたのです。

袋をかぶった生徒が授業に出たのが1度だけだったら、「変な奴がいる!」という感想で終わっていたかもしれません。しかし何度も同じ姿を目にすることで、次第に親近感が湧き、好感度が上がったのではないか、と紹介されています。

気になるあの子と仲良くなるためには、接触回数を増やすといいかも

ザイアンスの法則によると、初めは興味がなかったものや人も、何度も見たり聞いたりしているうちに好印象を持つようになるといいます。

例えば何かを買うとき、たくさんの商品の中から、「CMで見かける商品だから」という理由で選ぶことはありませんか? また、何度も耳にした音楽をだんだん好きになったり、よく会う人のことが気になってきたりするのも、ザイアンスの法則なのです。

つまり仲良くなりたい人がいるならば、恥ずかしいからと隠れているのではなく、積極的に会話をして、接触回数を増やす方が好印象を持たれやすいということです。1度も話したことがない相手よりも、何度か会話をした相手の方が信頼度や好感度を持ちやすいですよね。当たり前のことのようですが、大切な考え方です。

もちろん相手の気持ちもありますので、会いに行くことを迷惑に思われていないか、など相手の気持ちを察することは必要です。

恋愛以外のコミュニケーションにも使えます

この法則は、恋愛以外のコミュニケーションにも応用できます。例えば、生徒会長に立候補し当選することを目標にしているのならば、一人でも多くの生徒に自分の名前を知ってもらい、選挙中は生徒一人一人と接触回数を増やすことで、好感度を上げることができます。

今回紹介したザイアンスの法則のような学問に関連しているのが、コミュニケーション学です。どうすれば周りの人たちとスムーズにコミュニケーションを取ることができるのかについて研究します。心理学はもちろん、社会・文化などさまざまな側面から包括的に考えていく学問です。

コミュニケーション学を学べば、コミュニケーション上手になり、異性にもモテモテになっちゃうかもしれませんね。

【参照】
京都大学 こころの未来研究センター
http://kokoro.kyoto-u.ac.jp/jp/kokorogaku/2009/03/post_7.html

マンガでわかる!心理学超入門

この記事のテーマ
社会学・マスコミ・観光」を解説

あまり共通性のないように思われる3分野ですが、じつは密接な関係があります。観光業界にとってマスコミは「広報」そのものです。マスコミの存在なくして観光業界の発展はないでしょう。もともとマスコミは商品を情報化するために社会学を重視しています。社会が求めている漠然としたニーズを精査し、わかりやすいイメージとして変換して提供するのです。今後、観光業などにおけるマスコミの存在はますます大きくなるはずです。

「社会学・マスコミ・観光」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「コミュニケーション学」
はこんな学問です

コミュニケーションはさまざまな学問と関連する学際的な分野である。たとえば、語学、心理学、社会学、教育学、経営学などの文系分野から、情報工学や通信工学などの理系分野まで多岐にわたる。共通しているのは、どうすれば正確で円滑なコミュニケーションを図ることができるかということである。コミュニケーション学では、そこに焦点を当てて研究を進める。

「コミュニケーション学」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける