「地震でライオンが逃げた!」嘘ツイートはなぜ拡散してしまうの?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

「地震でライオンが逃げた!」嘘ツイートはなぜ拡散してしまうの?

2017.11.27

提供元:マイナビ進学編集部

「地震でライオンが逃げた!」嘘ツイートはなぜ拡散してしまうの?

熊本地震発生後、Twitterで地震に関する多くの情報が飛び交う中、「被災地のライオンが逃げ出した」という嘘ツイートが投稿されました。このツイートは瞬く間に2万回以上拡散され、混乱を招きました。このような間違った情報が拡散されてしまうのはなぜなのでしょうか?

この記事をまとめると

  • 熊本地震発生後、嘘を含めさまざまな情報が、善意により拡散された
  • 重要な情報とともに嘘も拡散されてしまう理由
  • 誰でも意見を投稿・共有できる今、情報の信頼性を確かめることが重要

熊本地震の後、「ライオンが逃げた」という嘘ツイートが拡散

2016年4月14日、熊本県を中心とする震度7の大きな地震が発生しました。発生直後からTwitterには安否確認や被災者からのSOS要請などさまざまな情報が寄せられ、多くの人の目に触れ、拡散されました。そんな中、ある男性が冗談で投稿した嘘のツイートが、真偽の確認がなされないまま広まるという事態が起こったのです。

その拡散されてしまった嘘情報とは、市街地に立つライオンの画像とともに「地震のせいでうちの近くの動物園からライオンが放たれた」という内容でした。この投稿は2万回以上がリツイートされ、熊本市動植物園には問い合わせの電話が殺到しました。

嘘の情報は、なぜ広まってしまうのか

デマ情報を流した20歳の男性はその後、動植物園の業務を妨害したとして逮捕されました。しかし、なぜ多くの人たちが嘘ツイートを信じ、拡散してしまったのでしょうか?
実際に町を徘徊するライオンの画像が出されていたこともあり、危険を早く知らせなくてはという善意が裏目に出てしまった結果だと考えられます。

地震の直後、被災地からは「水没した車に閉じ込められた」「救援物資が足りていない」など救援を求めるツイートが続々と投稿されました。それを見た多くの人々は、支援しようとそれらを積極的にリツイートしました。ライオンが逃げたという投稿もまた、危険な状況をより多くの人に知らせようという善意の結果、リツイートされたのでしょう。

また曖昧でかつ重要性のある情報は、不安を煽るため拡散されやすいといわれています。「まさか!」と思いながらも目の前の情報を安易に信用してしまい、自分で背景や事実を確認しないことが、嘘の情報が広まる根本の原因なのです。

正しい情報を発信するジャーナリズムとは

身近な嘘だけではなく、社会的に影響力の大きい嘘の情報拡散も問題になっています。

2016年、アメリカ大統領選でドナルド・トランプ氏が勝利した背景に、フェイク・ニュース(嘘のニュース)の影響が大きくあったといわれています。対立候補であるクリントン氏に関する悪い噂がFacebookなどを中心に拡散され、有権者の心を動かしたのです。

スマホやパソコンから誰でも情報を発信できることを考えると、受け取る側はそのまま鵜呑みにせずに信頼性を見極める必要があります。また情報化社会の現代では、新聞・雑誌・テレビ放送などのジャーナリズムが、正しい情報を伝えることの重要性も問われています。

今回ご紹介したもの以外でも、「先生が髪型を変えたから、結婚する」「塾に通い出したから、部活をやめる」など、身近でも噂から始まった情報・意図的な嘘の情報を目にした人も多いのではないでしょうか。

このような情報の信頼性の大切さ、メディアが世の中に与える影響力について興味がある人は、メディア学を学んでみてはいかがでしょうか。将来、マスコミや報道機関で働きたいという人にとって、必要な知識を得ることができる学問だと思いますよ。

【参考】
朝日新聞デジタル
http://www.asahi.com/articles/ASK4L56Q7K4LPTIL01M.html

NHKクローズアップ現代
http://www.nhk.or.jp/gendai/articles/3929/1.html

読売オンライン
https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20170328-OYTET50007/

この記事のテーマ
社会学・マスコミ・観光」を解説

あまり共通性のないように思われる3分野ですが、じつは密接な関係があります。観光業界にとってマスコミは「広報」そのものです。マスコミの存在なくして観光業界の発展はないでしょう。もともとマスコミは商品を情報化するために社会学を重視しています。社会が求めている漠然としたニーズを精査し、わかりやすいイメージとして変換して提供するのです。今後、観光業などにおけるマスコミの存在はますます大きくなるはずです。

「社会学・マスコミ・観光」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「メディア学」
はこんな学問です

同じメディア学という名前でも学校によって、教育内容は全く違ってくる。音や映像、コンピュータグラフィックスを扱うメディア系、セキュリティやネットワーク・ソフトウェアの構築などを行うコンピュータ系、メディアの社会的役割を考えるジャーナリズム系などのコースがある。また、資格試験対策に力を入れているコースやメディアコミュニケーションの手段として語学に力を入れているコースもある。名前だけでは判断できないので注意が必要となる。

「メディア学」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける