【シゴトを知ろう】トレーサー ~番外編~

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

【シゴトを知ろう】トレーサー ~番外編~

2017.12.11

提供:マイナビ進学編集部

【シゴトを知ろう】トレーサー ~番外編~

「【シゴトを知ろう】トレーサー 編」では株式会社服部システムの服部忠明さんに仕事の内容ややりがいについて教えていただきました。

服部さんのように自宅で仕事をするトレーサーの方は意外と多く、集中を保つには自分なりの工夫が必要になるそうです。番外編では自宅で働く上で必要な心掛けやトレーサーならではの「あるある」について伺いました。

この記事をまとめると

  • 自分で1日の目標を決めると、自宅で仕事をしていても集中を保てる
  • 器用さがなくても集中力があれば細かな作業に対応できる
  • 大量の依頼を受けたときに、経営者として社員の能力の高さに感動した

1日の業務の前にノルマを決めて集中力を高めている

――プライベートな空間で仕事をする上で、集中力を保つコツはありますか?
 
自由に業務時間を決定できる在宅ワークは集中力がなければ仕事が進みません。私はトレーサーとして働き始めた頃、仕事する時間と自由に過ごす時間のバランスが取れずに苦労しました。プライベートな空間だと仕事に向き合おうという気持ちになかなかなれないのです。

今では仕事を始める前に、1日のノルマを決めるようにしています。その日にすべき業務が明確になりますし、ノルマを達成したときには満足感があります。特に精密さが求められる機械図面のトレースをするときは、どのくらいの時間が掛かるかを見定めて集中を保てるように意識しています。
 
 
――一般的には知られていない意外な事実があれば教えてください。

全国各地から依頼を受けていますので、在宅の仕事でありながらさまざまな地域の方と接する機会があることでしょうか。例えば2011年の東日本大震災後は、東北地方の方からの依頼が多かったです。電話で依頼内容についてお話する場合もあるのですが、自宅にいながら各地方の方言を耳にするのでちょっと不思議な気持ちになります(笑)。
 

器用さがなくても集中力さえあれば細かい作業もできる

――精密な図面を仕上げる仕事ですが、器用さや集中力が日常で役立つことはありますか?

私の場合、器用さよりも集中力を強みに仕事をしています。というのも、集中力さえあれば、細かい作業が続いても緻密な設計図面をトレースできるのです。集中力はあらゆる場面で役立ちますよ。パソコンソフトについて勉強をしたり、好きな音楽について調べたりするときはその作業だけに向き合っています。プライベートの時間は自分のしたいことだけに没頭すると、仕事と自由な時間にメリハリがつきます。
 

大量のトレース依頼に社員一丸となって対応

――仕事の中で一番の思い出や達成感を感じたエピソードを教えてください。

トレーサーとして働くようになって10年目に、大量の図面トレースを一度に引き受けたことがあります。土木に関する図面で、3カ月以内に500枚以上の図面をトレースしてほしいという依頼内容でした。土木図面は作る物体の規模によってトレースにかかる時間が異なるのですが、このときの依頼は明らかに時間が足りないといえる業務量でした。私一人ではとても対応しきれませんので、他の社員や在宅スタッフと分担してデータ化しようという方針になったのですが全ての社員が「こんなに大量のトレース、できるわけがない……。」と弱気な姿勢でした。

しかし1日1枚、コツコツと進めることでなんとか期日内に納品できました。こんなにたくさんの図面に対応できたんだという達成感がありましたし、経営者として「うちのスタッフはこんなに能力が高い人たちなんだ!」とうれしく感じたのを覚えています。
 
 
服部さんのお話から、細かいトレースの作業には集中力が何より大切なのだと分かりましたね。「不器用だし、緻密な作業は苦手」と思っている人も、一つのことに没頭できるなら、トレーサーを目指せるかもしれませんよ。

皆さんも勉強に取り組むときには、その日の目標を決めてみてはいかがでしょうか。ゴールを定めることでメリハリをつけて勉強できることでしょう。
 
 
【profile】株式会社服部システム 服部忠明

この記事のテーマ
建築・土木・インテリア」を解説

建築や土木に関する技術を中心に学ぶ分野と、インテリアコーディネイトなどデザインを中心に学ぶ分野の2つに大きく分かれます。資格取得のために学ぶことは、建築やインテリアの設計やプランニングに必要な専門知識、CADの使い方などが中心です。どちらの分野も依頼主の要望を具体化できる幅広い知識とコミュニケーション能力も求められます。

「建築・土木・インテリア」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「トレーサー」
はこんな仕事です

設計図や図面の下描きは、トレーサーの手によって清書され、完成される。対象は建築設計図、機械・機器の図面などで、手描きの設計図を見ながらトレーシングペーパーに描き写していく。建築事務所やデザイン事務所に勤務するのが一般的だが、在宅で仕事をする人もいる。正確に美しく仕上げることが求められ、必須資格ではないが、民間資格の「トレース技能検定」などを取得しておくと活躍の場も広がるだろう。

「トレーサー」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける