高卒就職ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

高卒就職の基礎知識

まずは高卒就職者に関する、過去のデータを見てみましょう。

高卒で仕事を探している人

高卒求職者数は約17万5,000人。
男性が約6割で、女性より多い傾向があります。

男子58.7% 女子41.3%

出典 厚生労働省『平成28年度「高校・中学新卒者のハローワーク求人に係る求人・求職・内定状況」取りまとめ』(平成29年3月17日 )

高卒で就職先から内定をもらった人

就職内定者数は約16万5,000人。男女別で就職内定率を見ると、男性は女性よりも1.8ポイント高いことが分かります。

男子94.7% 女子92.9%

出典 厚生労働省『平成28年度「高校・中学新卒者のハローワーク求人に係る求人・求職・内定状況」取りまとめ』(平成29年3月17日 )

求人・求職・就職内定率の5年間の推移

求人・就職内定率は毎年増加傾向で、平成29年の内定率は94%でした。一見高い数字に見えますが、内定が取れなかった6%は、人数にして約1万人にのぼります。このことから、就職活動は決して楽観視できないことがわかります。

内定率:94% 求人数:約37.4万人 求職者:約17.5万人

出典 厚生労働省『平成28年度「高校・中学新卒者のハローワーク求人に係る求人・求職・内定状況」取りまとめ』(平成29年3月17日 )

産業別に見た、求人状況の割合

産業別では、製造業の求人が圧倒的に多い傾向があります。特に食品製造や、自動車部品をつくる輸送用機械器具製造業などが多いようです。

製造業29.5% 建設業13.7% 卸売業・小売業13.0% 医療・福祉12.1% 宿泊業・飲食業6.9% サービス業6.1% その他18.7%

出典 厚生労働省『平成28年度「高校・中学新卒者のハローワーク求人に係る求人・求職・内定状況」取りまとめ』(平成29年3月17日 )

統計データで分かる!企業が高校新卒を採用する際に重視する能力

企業が高校生に求めるのは、協調性・コミュニケーション能力など、対人能力に関することが多いようです。一緒に働きたいと思える相手かどうかが重視されているようですね。

参考資料:東京経営者協会「平成21年度 新規高校卒業予定者の採用に関するアンケート調査」

高卒就職の就活スケジュール~高校3年生~

就職する場合、どのようなスケジュールで動く必要があるか、事前に調べておきましょう。

出典
厚生労働省「平成29年3月新規高等学校卒業者の就職に係る推薦及び選考開始期日等について」(平成28年3月16日)
厚生労働省「高校生対象就職面接会、企業説明会等開催予定表」 (平成21年9月11日)

履歴書と自己分析

就職したいことを企業へ伝え、自分をアピールするために履歴書・調査書を提出します。
それぞれの書類の役割や準備の仕方、また志望動機の考え方についても知っておきましょう。

履歴書

全国の高等学校で統一利用されている、指定の履歴書を使います。自分の経歴・資格やその企業への志望動機などを記入する欄があります。履歴書での書類審査によって面接への参加可否が決まることも多いので、重要な書類です。

調査書

学校が記入し校長の印鑑をもらって提出する書類。
学力評定や学校が本人を推薦する理由などを記入する欄が設けられています。

履歴書記入のCheck Point

<記入内容>

  • 字は読みやすいよう丁寧に、空欄を作らないよう記入しましょう。
  • 記入する際はボールペンや万年筆を使用しましょう。(こすって消すことができるボールペンは使用不可)
  • 途中でミスしてしまったり、履歴書が汚れたり破れてしまった場合書き直したほうがよいでしょう。
  • 学歴は高校入学から記入し、「○年卒業見込み」まで書きましょう。資格名は略さずに正式名称を記入しましょう。
  • 校内で積極的に関わった部活動・生徒会やボランティアなどの経験を記入しましょう。

<添付する写真>

  • 履歴書に添付する写真は高校の制服を着用して撮影しましょう。
  • 写真を撮影する際、髪型・服装は清潔感のある身なりを意識しましょう。

過去を振り返って、自分の強みについて考えるワークシート

志望動機を考える上で必要なのは、自分を知ることと、会社について調べること。面接ではあなたの強みをどう生かして働くかについて聞かれる場合もあります。

このワークシートは、中学生の頃から今までの出来事を振り返りながら、
自分の強みやPRポイントについて考えるワークです。

STEP1

中学1年生の頃から今までの満足後を線で示してみましょう。
またその満足度になった原因となる出来事を書き出してください。

STEP2

STEP1で記入した内容もふまえて、
自分が一番頑張ったエピソードについて書きましょう。

STEP3

普段、クラスメートや友だちと接する時を思い出して、
自分はいつもどのような役割になっているのか、考えてみましょう。

STEP4

STEP1~3の内容を参考にして、自分の強みを考えてみましょう。
なぜそう考えたのかをエピソードを交えてまとめておくと、
面接などで聞かれた時により具体的な回答ができて良いでしょう。

ワークシートをDLする

ちなみに

適学・適職診断を受ければ、あなたに合った面接アドバイスを
見ることができます。タイプ162を受検してみましょう!

さっそく診断!