電車のつり革に自転車をかけて運ぶ!? 旅行が楽しくなる「サイクルトレイン」って何?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

電車のつり革に自転車をかけて運ぶ!? 旅行が楽しくなる「サイクルトレイン」って何?

2017.11.07

提供元:マイナビ進学編集部

電車のつり革に自転車をかけて運ぶ!? 旅行が楽しくなる「サイクルトレイン」って何?

風をきって走ると気持ちがいい自転車。毎日の通学で利用している人や、休日にサイクリングを楽しむ人もいるでしょう。自動車よりも小回りがきき、手軽に乗れることから、都心部でも自転車を利用する人が増えてきています。

そんな自転車を今、地域の活性や観光に生かそうという取り組みが行われています。一体どのような取り組みなのでしょうか?

この記事をまとめると

  • 自転車を折り畳まずに乗車できる「サイクルトレイン」が増えている
  • 自転車を持ち込めるようにすることで、鉄道沿線の観光の活性化に役立っている
  • 観光学は、地域の活性化を考えるきっかけになる学問

自転車を折り畳まずに持ち込むことができる「サイクルトレイン」

観光と自転車というと、皆さんはどのようなことを思い浮かべますか? 観光地でレンタルサイクルを借りて走る……といったイメージを持つ人が多いのではないでしょうか。しかし自転車好きの中には、「旅先でも自分の自転車を使いたい!」という人が多くいます。そうした場合は、自分で自転車を現地に運ぶ手段を考えなくてはなりません。

そこに目をつけた鉄道会社があります。近年、電車の中に自転車を持ち込むことができる「サイクルトレイン」という車両が増えています。例えば最近では、JR東日本千葉支社が、自転車を折り畳まずに乗車できる「BOSO BICYCLE BASE(房総バイシクルベース)」の運行を来年1月からスタートさせると発表しました。

これは座席の背面に自転車を立てかけられる専用ラックをつけ、自転車の乗り入れを可能にしたものです。これまでJR東日本では、自転車を電車内に持ち込む場合、折り畳んで専用の袋に入れた上で乗車する必要がありました。それがサイクルトレインの登場によって、気軽に自転車を利用できる環境が整ったのです。

電車への自転車の持ち込みは、他の鉄道会社でも実施されています。例えば、今年9月から期間限定で運行しているJR四国の「サイクルトレインしまなみ号」もその一つ。秋の行楽シーズンに合わせて、愛媛県今治市から広島県尾道市に続く瀬戸内しまなみ海道のサイクリングを楽しんでもらうために、土日を中心に運行しています。

広範囲にもたらすサイクルトレインの観光効果!

このようなサイクルトレインの広がりに対し、「鉄道会社が儲かるだけじゃないの?」と考えてしまう人もいるかもしれませんが、実はこの取り組みは、鉄道沿線地域の活性化にも大きく影響を与えているのです。

例えば昨年、神奈川と東京を結ぶ京浜急行電鉄は、電車を利用した新たな沿線活性化の取り組みである「貸切イベント列車」の一つとして、特別列車「京急サイクルトレイン」を運行しました。この特別列車は、東京都・品川駅と神奈川県・三浦海岸駅を結ぶ往路と、神奈川県・浦賀駅と東京都・品川駅を結ぶ復路によって運行され、乗客はその沿線地域の観光を自転車で楽しむことができました。

先述したBOSO BICYCLE BASEやサイクルトレインしまなみ号も鉄道沿線地域の観光を促進させる取り組みで、自転車を使うことで電車だけでは行くことができない土地にも足を運ぶことができます。これによって、駅周辺以外の地域にも観光客が立ち寄る機会が増え、自転車で立ち寄れることを生かしたイベントやキャンペーンなど、観光客を呼び込むための施策や催しを行いやすくなるのです。

ちなみにBOSO BICYCLE BASEの運行が計画されているJR東日本千葉支社の内房線や外房線は、サイクリングコースが充実していることでも知られています。そのため、よりサイクリングを楽しむ人たちの客足の伸びにつながる効果も期待できそうです。

このようにサイクルトレインは、単に鉄道会社だけのメリットだけでなく、その周辺地域にとっても観光の活性化につなげることができます。地域によってはまとまった連休を使ってサイクルトレインを運行している鉄道会社があるので、興味が湧いた人は一度利用してみるのもいいかもしれません。

さまざまな角度から観光を通じた地域の活性化を考える「観光学」

「自分の自転車に乗って、地域を観光したい」「電車を使って地域間を移動し、移動先でも自転車を使いたい」という自転車好き・旅行好きの願いをかなえるサイクルトレインは、鉄道沿線地域の観光の活性化を狙い、運行が増えつつあります。

このように電車が走っている地域の観光資源を生かすことは、地域の活性化を考える上では大切です。こうした地域の活性化や、観光と地域のつながりを考える学問を「観光学」といいます。

観光学では、地域の観光プロジェクトを成功させるための手法をはじめ、さまざまな角度から観光を通じた地域の活性化について研究します。社会学や商学に関連した学問を学び、観光経営・地域政策・観光政策といった専門知識を深めていくこともできます。

「旅行が好き!」「地元で働きたい!」と考えている人にとっては、観光や地域に関する多くのこと学べる学問といえるでしょう。

観光学に興味が湧いた人は、自分が住んでいる地域の良い部分をたくさん見つけておくことで、それぞれの地域を盛り上げる観光プロジェクトを考えることができるかもしれません。ぜひ観光や地域活性化の視点で、自分が住む地域のことを改めて考えてみてくださいね。


【参考文献】
東京新聞|サイクリング客を県内に JR東日本千葉支社 来年1月から専用電車
http://www.tokyo-np.co.jp/article/chiba/list/201709/CK2017090102000182.html?ref=rank
cyclist|JR四国「サイクルトレインしまなみ号」を9月から運行開始 土日を中心に全16便
http://cyclist.sanspo.com/353943
日本経済新聞|伊豆急、サイクルトレインの実証実験
https://www.nikkei.com/article/DGXLZO14224230X10C17A3L61000/
京急電鉄|ニュースリリース
http://www.keikyu.co.jp/file.jsp?assets/pdf/company/news/2017/20170925HP_17130MT.pdf

この記事のテーマ
社会学・マスコミ・観光」を解説

あまり共通性のないように思われる3分野ですが、じつは密接な関係があります。観光業界にとってマスコミは「広報」そのものです。マスコミの存在なくして観光業界の発展はないでしょう。もともとマスコミは商品を情報化するために社会学を重視しています。社会が求めている漠然としたニーズを精査し、わかりやすいイメージとして変換して提供するのです。今後、観光業などにおけるマスコミの存在はますます大きくなるはずです。

「社会学・マスコミ・観光」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「観光学」
はこんな学問です

観光学とは旅行業の実務を学ぶだけではなく、観光を通して地域と観光客の交流を生み、地域の活性化にもつなげるための学問である。その目的を達成するために、新しい観光事業の開発プロジェクトを成功させる手法や、観光企業の経営ノウハウ、事業計画の作成方法を研究する。また、観光客として見てまわるだけの観光から、積極的に参加して体験できる観光へと旅行者のニーズは変化している。ニーズを先取りする商品開発も重要である。

「観光学」について詳しく見る