【シゴトを知ろう】同時字幕制作者 ~番外編~

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

【シゴトを知ろう】同時字幕制作者 ~番外編~

2017.11.30

提供元:マイナビ進学編集部

【シゴトを知ろう】同時字幕制作者 ~番外編~

テレビ番組をはじめとした映像において、聴覚に障がいがある方や高齢者のためにリアルタイムで字幕を制作するのが同時字幕制作者です。番外編では、より具体的な作業内容や、知られざる字幕制作者の世界について、株式会社フェイスの北村さんに伺いました。

この記事をまとめると

  • 音声認識システムを用いてスピーディーな字幕制作を可能にしている
  • ニュース番組は幅広く、スポーツ番組は深く下調べすることが大事
  • 海外のスポーツ生番組は時差・珍しい競技名・外国人選手の名前などで苦労

生放送では実際の音声が流れてから7〜8秒後には字幕が出る

――字幕制作者の具体的な作業について、実際の作業の流れに沿って教えてください。
 
生放送の場合は、自社開発システムによる字幕制作作業をリアルタイムで行います。
放送局からインターネット回線で送られてきた音声を元に、「リスピーカー(読み直し話者)」が発声し直します。それは放送局の音源そのままでは、背後に生活音や音楽が流れていたりするため、音声のみを正確に拾うことが難しいからです。

音声認識システムにより、自動で文字起こし(音声をテキストにすること)されます。
システムが生成した字幕を、修正者が修正とチェックをして放送局に送り返し、その字幕を放送局で映像に乗せる。これがリアルタイム字幕制作の一連の流れです。一つの番組につき、数人のチーム編成で行っています。
 
 
――生放送でない番組の字幕制作は、作業内容が異なるのですか?
 
テレビドラマ・動画配信・DVDなどの録画ものは、放送前の素材をもらって、専用のソフトで制作作業を行います。生放送とは違って、完成した映像に同期した字幕となります。
最近では、Web関連の動画の仕事も増えつつあります。

 
――多くのテレビ番組や映像作品に字幕がつけられることが普通になったため、字幕制作者の活躍の場は広がっているのでしょうね。
 
映像に字幕をつけることが当たり前になってきているので、字幕制作に携わる方が増えてきています。今後は五輪も控え、翻訳も含め字幕制作者の活躍の場が増えていくと思います。

用語や内容を把握していないととっさに対応できないため下調べが重要

――字幕制作の仕事は時代のさまざまな影響を受けているのですね。
 
ここ10年で状況は大きく変わりました。仕事を始めた当初は「字幕制作の仕事をしています」と言っても、なかなか仕事内容を理解してもらえないことがほとんどでしたが、今ではずいぶん浸透したと思います。みなさんが普通に字幕を利用して映像を見ているのだなと思います。

最近は、飲食店や病院の待合室などに置かれたテレビで、常に字幕付きの映像が流れていることも多いです。
 
 
――生放送では放送前にどのような準備をするのですか?

当日の朝、放送局からFAXでその日の資料が届きます。
全てが事前に決まっているわけではありませんが、取り上げる項目など、大まかな内容を把握できます。

その後、新聞で使われそうな内容や用語をチェックします。事件については、インターネットで調べて新たに分かった事実などをあらかじめ押さえておきます。
地名・人名・固有名詞等で漢字の間違いは許されませんので、漢字のつづりも事前に確認しておきます。

また、スポーツ番組の準備の場合は、各選手について掘り下げて調べておきます。移籍交渉に関することや、どういう経緯で今のチームにいるのかといった情報は、番組中に解説者が取り上げることが多いため、ある程度知っておかないと何を言っているのか分からなくなってしまうからです。

総じてニュースは浅く幅広く、スポーツは昔のことまで深く調べる必要があります。


――その他、仕事をする上で日頃から心掛けておられることはありますか?

1つの番組につき数名のチーム要員が必要なため、スタッフの急な欠員にも対応できるよう、社員はチームのどのパートを振られても業務がこなせるようにしておく必要があります。

また、新聞は日頃からよく読んでおく必要があります。私も毎日の通勤時間、ずっとニュースを読んでいます。スタッフ個人で独自の練習方法を編み出している人もいます。

その他にタイピングスピードを上げるために、部下には空いた時間にタイピングの練習をするように勧めています。

スポーツは放送時間や必要とされる知識の上で苦労する

――実際に仕事を始めてみて、驚かれたことやギャップを感じられたことはありますか?

実際にこの仕事をする前は、「日本語を音声から文字に移し替えるだけでしょ」と簡単に考えていたんです。でも、実際に始めてみると日本語ってこんなにも難しいものなんだと思い知らされました。自分は意外に日本語を知らなかったんだなと改めて思いましたね。


――特に字幕をつけるのに苦労する番組はどのようなものですか?

スポーツは大変ですね。時差の関係もあり、放送時間が夜中から明け方になるといったこともあります。
また、普段馴染みのない珍しいスポーツも取り扱うので、専門用語やルールをはじめとした基礎知識がないと字幕をつけるのが大変なため、事前の下調べがとても重要になってきます。

中でも、特に気を使うのは選手の名前ですね。馴染みのない名前や似たような名前の外国人選手がたくさん出てきますし、同一人物でも放送局や発言者によって呼び方が違うといったこともありますので大変です。それだけに、事前に顔と名前を一致させておく必要があるんです。



同時字幕制作者の仕事は、聞こえた音声をただ文字に移し替えるという単純な作業ではなく、高度な技術と日本語・漢字の知識、幅広いニュースやスポーツに関する理解がなくてはつとまらない仕事です。時間の制約と失敗が許されない状況の中で、同時字幕制作者はいろいろな努力や工夫を重ねているのですね。
 
 
【profile】株式会社フェイス 字幕ソリューション事業部 制作1課 課長 北村泰孝  
株式会社フェイスhttp://www.faith-up.com/

この記事のテーマ
マスコミ・芸能・アニメ・声優・漫画」を解説

若い感性やアイデアが常に求められる世界です。番組や作品の企画や脚本づくり、照明や音響などの技術スタッフ、宣伝企画など、職種に応じた専門知識や技術を学び、実習を通して企画力や表現力を磨きます。声優やタレントは在学しながらオーディションを受けるなど、仕事のチャンスを得る努力が必要。学校にはその情報が集められています。

「マスコミ・芸能・アニメ・声優・漫画」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける