【シゴトを知ろう】フォークリフト運転士 編

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

【シゴトを知ろう】フォークリフト運転士 編

2017.11.01

提供元:マイナビ進学編集部

【シゴトを知ろう】フォークリフト運転士 編

皆さんが生活するためにはさまざまな物品が必要ですよね。食品や日用品といった品々を届ける物流に欠かせないのが、フォークリフトという乗り物を使って行なう貨物の積み込み・荷下ろしなどの作業です。

今回はフォークリフトを運転する「フォークリフト運転士」、東邦運輸倉庫株式会社の高橋秀年さんにお話を伺いました。

この記事をまとめると

  • フォークリフトを使って重さ1トン以上の荷物を運ぶ仕事
  • 資格を取得した後もフォークリフトの運転練習を重ねた
  • お客様と直接会う機会があるためコミュニケーション能力が重要

フォークリフトの運転は経験を重ね高い技術を会得していくもの

Q1. 仕事概要と一日のスケジュールを教えてください。
 
私の仕事は、お客様から預かった商品を倉庫内で管理することです。保管している商品は食品や日用雑貨などさまざまです。それらの商品を消費者のニーズに合わせて出庫しています。

倉庫内で商品を移動させるときに使用している車両がフォークリフトです。フォークリフトとは、荷物を持ち上げるためのツメ(フォーク)が車体の前方に付いた自動車で、一度に1.5トンもの重さがある荷物を持ち上げられます。私が働いている倉庫では約900坪という広さのフロアが4つある中で、一度に1トン近い重さの商品を運搬しています。私たちはトラックで届けられた、人の力では運びきれない重さの賞品を入庫・出庫するためにフォークリフトを使用しています。

<一日のスケジュール>
08:30 出社、倉庫内整理、入庫
12:00 昼食
13:00 出荷
19:30 退社
 
 
Q2. フォークリフト運転士の楽しさ・やりがいは何ですか?
 
私たちが管理している商品はどれも人々の生活に欠かせないものです。そのため商品を出庫し、店頭へ届ける過程の一つであるフォークリフト運転士の仕事は多くの人の生活を支えていると考えるとやりがいを感じます。

またフォークリフトにはさまざまな種類があり、それぞれ操作方法が異なります。最初は操縦に慣れなくても、練習を重ねて乗りこなせるようになると技術面の上達を実感してうれしくなります。
 
 
Q3. フォークリフト運転士で大変なこと・つらいと感じることはありますか?
 
狭いスペースで旋回して荷物を持ち上げる操作が難しいです。一般的な自動車の運転は前と後ろ、そして左右を気にしますがフォークリフトは360度の方向を意識して運転する必要があります。周囲にはお客様から預かっている商品がありますので、ぶつけないようにと思うと緊張します。

また、私は3人のフォークリフト運転士とチームを組んで仕事をしていて、リーダーのような役割を担っています。しかし私が他のメンバーに対して「この荷物を運ぶならもっと良いコースがあるのになあ」と思っていても、メンバーそれぞれに考え方があります。その考え方を統一するにはまだまだ未熟で、苦労しています。
 
 

資格取得後も練習を重ねてフォークリフト運転士として働くように

Q4. どのようなきっかけ・経緯でこの仕事に就きましたか?
 
何か資格を持っていた方が就職する際に有利だと考え、比較的容易に取得できる資格を探したときに「フォークリフト運転技能者(フォークリフト技能講習修了証)」という資格を知りました。3〜4日間、運転の講習を受けることで取得できるのです。また、真面目に講習を受ければほとんど落第しない資格でもあります。取得後はフォークリフト運転技能者資格を生かして働きたいと思い、現在の会社へ入社しました。

しかし資格を保有しているからといって、いきなり運転ができるわけではありません。初めのころは手荷役(荷物の運搬を手作業で行うこと)やフォークリフトが持ち上げるパレットに商品を載せるような助手としての経験を積みました。間近で先輩方の技術を見たり、商品を積んでいないパレットを持ち上げる練習をしたりして、現在のようにフォークリフト運転士として働くようになったのです。
 
 
Q5. 助手や手荷役の仕事では何を学びましたか?
 
コミュニケーションや言葉遣いを学びました。倉庫にはお客様がいらっしゃる場合もありますので、コミュニケーション能力は重要です。お客様に与える印象次第で契約が継続する可能性もありますので、お客様がいらっしゃるときは明るく元気にあいさつをしています。この姿勢は働く中で、先輩方の姿を見て学びました。

言葉遣いはこの仕事だけに限らず、働く上で意識しなければいけません。私は職場の先輩方や上司との上下関係の中で身に付きました。
 
 
Q6. 高校生のとき抱いていた夢が、フォークリフト運転士の仕事につながっていると感じることはありますか?
 
高校生の頃は自分の家を持ちたいと思っていました。日々の仕事に真面目に向き合った結果、今では一戸建て住宅を建てることができました。夢があったからこそ、意欲的に仕事に取り組めたのだと思います。
 
 

分からないことを知ろうとする姿勢がスキルアップにつながる

Q7. どういう人がフォークリフト運転士に向いていると思いますか?
 
先ほどお話したように、お客様と直接接する機会がありますので、社交的で元気なあいさつができる人がいいですね。また、フォークリフトの運転には正確さが求められます。そのため一つの物事に対して黙々と集中して取り組める人だと、なお向いているのではないでしょうか。
 
 
Q8. 高校生に向けたメッセージをお願いします。
 
「聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥」ということわざがあるように、分からないことを知らないままにしていては、技術も能力も身に付きません。皆さんは今後、さまざまな経験をするはずなので、分からないことがあればその都度聞く習慣を身に付けておくとスキルアップできるかと思います。「為せば成る、為さねば成らぬ何事も」ですよ!
 
 
一般的な車両とは形状や操作が異なるフォークリフトの運転は、資格は比較的簡単に取れる一方で技術を身に付けるのには時間と経験が必要。講習を受けてからも技能向上のための継続的な努力が重要になりそうですね。

皆さんも勉強や部活動に取り組むときは、ささいな疑問でも解決するように心がけてみてはいかがでしょうか。より多くの知識を身に付けていれば、社会人になったときに活躍の場が広がるかもしれませんね。
 
 
【profile】東邦運輸倉庫株式会社 本社倉庫営業部 南センター 高橋秀年

この記事のテーマ
建築・土木・インテリア」を解説

建築や土木に関する技術を中心に学ぶ分野と、インテリアコーディネイトなどデザインを中心に学ぶ分野の2つに大きく分かれます。資格取得のために学ぶことは、建築やインテリアの設計やプランニングに必要な専門知識、CADの使い方などが中心です。どちらの分野も依頼主の要望を具体化できる幅広い知識とコミュニケーション能力も求められます。

「建築・土木・インテリア」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「フォークリフト運転士」
はこんな仕事です

フォークリフトは主に1トン以上ある重量の荷を迅速かつ安全に運ぶために、車体の前方に付いたフォーク部分で持ち上げて運搬する車両だ。車体の形状もそれぞれ荷のタイプに合わせた種類があり、運転・操作方法にもさまざまなタイプがある。1トン以上の荷をフォークリフトで運搬するには、国家資格である「フォークリフト運転技能者」の免許が必須になる。そのほかにも公道を走行する際(積載したままの走行は不可)には、「小型特殊免許」「大型特殊免許」の取得も必要になってくる。

「フォークリフト運転士」について詳しく見る