【シゴトを知ろう】サプリメントコーディネーター 編

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

【シゴトを知ろう】サプリメントコーディネーター 編

2017.12.04

提供元:マイナビ進学編集部

【シゴトを知ろう】サプリメントコーディネーター 編

忙しくてちゃんとした食事が取れないときに助けになるのが、不足する栄養素を補ってくれるサプリメント。サプリメントコーディネーターは、サプリメントと栄養素の正しい知識を持って人々にアドバイスを行う仕事です。

今回は、サプリメント専門店ヘルシーワンでサプリメントコーディネーターとして活躍する増田浩大さんに、そのお仕事内容と学生時代に学んだことについて詳しく教えていただきました。

この記事をまとめると

  • それぞれのお客さまの食生活や体調に合ったサプリメントを提案していく
  • より良い提案をするため日々新しい栄養素について学習する必要がある
  • 大学で学んだ栄養と薬についての知識が仕事に役立っている

80種類以上のサプリメントからお客さまに合ったものを選択

Q1. 仕事概要と一日のスケジュールを教えてください。
 
私はヘルシーワンというサプリメント専門店で、お客さまへの接客を担当しています。接客といってもただ商品を売るのではなく、サプリメントコーディネーターとしてお客さまの食事や体調についてお悩みを聞き、それぞれに合ったサプリメントをご提案するのが主な仕事です。店内に用意している80種類以上のサプリメントからお客さまの生活スタイル、食習慣、運動習慣に適した必要な栄養素を組み合わせていきます。特にカウンセリングには力を入れていて、例えば目が疲れるという場合でも、それは寝不足が原因なのか、パソコンを長時間使うからなのかなど、原因をしっかり把握した上でアドバイスを行います。

お客さまがいらっしゃらない時間は、パソコンでの事務作業や店のイベントの企画を考えたり、栄養素についての勉強をしたりしています。過去に行ったイベントには、「ドリンク試飲会」や「マイビタミン(一人ひとりに選んだサプリメントを個装した商品)3日分プレゼント企画」などがあります。より多くの方にお店を知ってもらい、健康について考えていただくためには何をすれば良いのか、という視点から企画を行っています。

<一日のスケジュール>
9:30 出勤、開店準備
10:00 事務作業、引き継ぎなど
15:00 休憩
16:00 店頭での接客、対応の振り返り
17:00 チラシ配り、POP作りなど
20:00 退勤

 
Q2. 仕事の楽しさ・やりがいは何ですか?

サプリメントにはたくさんの種類がありますので、一つひとつのサプリメントについて勉強し、実際に自分でも試してどのような体感が得られるのかを確認するのが楽しいです。そして得られた体感をもとにお客さまにお話をし、それを聞いたお客さまが「えっそうなの?試してみたい!」と笑顔で購入してくださったときにやりがいを感じます。


Q3. 仕事で大変なこと・つらいと感じることはありますか?
 
接客にはマニュアルがあるわけではないので、お客さまへの対応やサプリメントの組み合わせには正解がありません。自分の中では良いと思っていても、上司から「もっとこうしたほうがいいんじゃない?」と指摘される場合もあります。また、お客さまによってご来店される理由は異なり、自分の得意分野に関するお悩みばかりではありません。少しでも自分の知識に不安があると自信を持ってお客さまにサプリメントをご提案できず、ご購入にもつながらなくなってしまうので、常に幅広く勉強していく必要がありますね。日々新しい栄養素が出てきますので勉強は大変ですが、その分達成感も得られます。

高校時代、野球部での活動から知った食事の重要性

Q4. どのようなきっかけ・経緯でサプリメントコーディネーターの仕事に就きましたか?

大学生の頃食事や栄養状態について勉強したのがきっかけです。学んだ知識を自分の食生活に当てはめて、今の食事から摂取できている栄養素の量や不足量を記録してみたことから興味を持ち始めました。もちろん食事から栄養素を取るのが一番だと思いますが、予算や労力の事情から十分な品数を用意できず、現実的には食事だけで必要な量をバランス良く取るのは困難です。そこで効率良く栄養素を取ることができるサプリメントについて勉強し、便利さを知ったことで「もっと深く学びたい」と思い今の会社に入社しました。
 
 
Q5. 大学では何を学びましたか?

大学では健康栄養学科に所属し、各世代の食事形態や栄養素量、病気、薬、加工食品などについて幅広く学びました。大学生活の中で学んだ知識はほとんど今の仕事につながっており、日々生かすことができています。中でも特に必要になってくるのが栄養と薬についての知識です。一口にサプリメントといっても製造元によりその成分や品質にはバラつきがあります。ヘルシーワンで扱っているものは高含有量ですので、お客さまが服用中の薬との飲み合わせや持病なども加味して提供していかなくてはなりませんが、それに必要な知識を事前に学べたのは良かったと思っています。

 
Q6. 高校生のとき抱いていた夢が、現在の仕事につながっていると感じることはありますか?
 
明確な夢は持っていませんでしたが、漠然とアスリートのサポートをしたいと思っていました。また、部活で野球をやっていたので食事の重要性というのはすでに身をもって学んでいました。食事一つで体のコンディションが大きく左右されることを知り、自分なりに勉強して「疲れたときの食事」「試合前の食事」と食べ分けるようにしていたら調子が良くなったのがきっかけで、栄養学に関心を持ち始めたのです。この経験がなければ今の仕事に就いていなかったと思うので、当時の自分の行動が今につながっているといえます。

まずは今の自分の食生活を見直すことから始めよう

Q7. どういう人がサプリメントコーディネーターの仕事に向いていると思いますか?
 
この仕事では思いやりが大切です。思いやりを持った行動ができる人、ホスピタリティの精神を持つ人、お客さまに尽くせる人、自分から行動ができる人が向いていると思います。また、どんな仕事においても自分の時間を削って相手のために行動していかなければならない場面がありますので、その覚悟は必要です。もちろんつらいことばかりでなく楽しいこともたくさんありますし、栄養素の知識をつけたい人にはおすすめです!


Q8. 高校生に向けたメッセージをお願いします。
 
まずは今の自分の食生活を見直すことが大切です。そこから自分には何の栄養素が必要なのか、なぜそれが必要なのかをしっかり考え、食事や栄養素について興味を持ち学んでいってください。勉強することは山ほどありますが、まず一つひとつの栄養素の働き、その栄養素の体内での代謝のされ方を勉強すると良いと思います。難しい内容ではありますが、理解できればその後の学びが楽しくなってくるはずです。

忙しく過ごす人々の多い現代社会において、サプリメントの需要は高まってくると思います。ぜひたくさんの方にサプリメントコーディネーターを目指して頑張ってほしいです!
 

皆さんの中にも、毎日の生活が忙しくて十分に栄養が取れていないかも……と不安な方がいるかもしれませんね。増田さんのお話を聞いて食事に興味を持った方は、まずは自分が今日食べたものと、その食品が持つ栄養素について調べてみると良いのではないでしょうか。普段は気付けない栄養の偏りや不足を知ることができるはずですよ。より詳しくアドバイスを受けたい方は、サプリメントコーディネーターに相談してみてくださいね。
 
 
【profile】株式会社美高商事 ヘルシーワン 増田浩大
ヘルシーワン公式ホームページ https://www.healthy-one.co.jp/

この記事のテーマ
医療・歯科・看護・リハビリ」を解説

医師とともにチーム医療の一員として、高度な知識と技術をもって患者に医療技術を施すスペシャリストを育成します。医療の高度化に伴い、呼吸器、透析装置、放射線治療などの医療・検査機器の技師が現場で不可欠になってきました。専門的な技術や資格を要する職業のため、授業では基礎知識から医療現場での実践能力にいたるまで、段階的に学びます。

「医療・歯科・看護・リハビリ」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「サプリメントコーディネーター」
はこんな仕事です

普段の食生活では補いきれない、人の健康にとって重要な栄養素を摂取できるのがサプリメント。機能性食品ともいわれているが、その安全性や効果的な飲み方については、実はまだ広く正確に知られていない。消費者が各々、自己判断で摂取しているケースも多いといわれる。サプリメントコーディネーターは、健康、美容、医療の3つのテーマにそって活動し、食事や栄養、生活習慣などを考慮しながら、相談者に最も適した効果的なサプリメントの摂取方法をアドバイスする。健康で快活な暮らしをサポートする職業となる。

「サプリメントコーディネーター」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける