【シゴトを知ろう】介護保険事務 ~番外編~

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

【シゴトを知ろう】介護保険事務 ~番外編~

2017.11.09

提供:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

【シゴトを知ろう】介護保険事務 ~番外編~

介護保険事務の仕事は、一般的なデスクワークだけに留まらず、職場全体を把握することや職員同士の連携、そして利用者とその家族とのコミュニケーションも求められる仕事です。福島県いわき市にある介護老人保健施設「仮設楢葉ときわ苑」で事務員として働く箱崎尚美さんに、仕事をする上で心掛けていることなどについて伺いました。

この記事をまとめると

  • 休日が不定期なため、自己管理力が求められる
  • 福祉の施設では、職員によるサークル活動に力を入れているところもある
  • 利用者の笑顔を見られることが一番のやりがいである

連休など世間が休みの日は仕事が忙しくなることも

――24時間365日体制で動く介護施設ならではのお仕事の大変さはありますか?

事務の仕事は24時間体制ではありませんが、都合により土日しかお見舞いに来られない家族もいるため、昼間は平日・休日関係なく事務室を開けています。

大型連休やレセプト(提供した介護サービスの内容について自治体へ請求する業務)の時期は確かに忙しいのですが、事前に休暇を申請すれば希望する日に休むことができます。忙しくなりそうな日は少し早めに出社して事前準備を済ませておくなど、なるべく残業しないように心掛けています。それでも休みが不定期なため、曜日の感覚がずれないように気を付けています。

2匹のセラピー犬が出迎えてくれる介護施設

セラピー犬

セラピー犬

――チームワークは介護の職場では必要な要素かと思います。実際の職場の雰囲気、風通しの良さなどはいかがでしょうか?

現在、仮設楢葉ときわ苑では全体で70名ほどのスタッフが活躍しています。この施設はアットホームな雰囲気で、みんな和気あいあいとしています。仕事のこともプライベートなことも相談しやすい環境だと思います。

また、職場にはソフトボール部とバレーボール部があり定期的に練習をしています。職員間の交流を図るだけでなく運動不足を解消する場でもあり、私も時々参加しています。


――他に職場内で取り組んでいる活動や、利用者の方々と取り組まれている活動などはありますか?

仮設楢葉ときわ苑には2匹のセラピー犬がいます。基本的に事務所の中にいて仕事をしている私たちの真横にちょこんと座っていたりします(笑)。初めて来られる方は驚かれますね。でも2匹ともとても大人しく吠えることもないので、安心して利用者さんたちの元へ連れて行くことができます。

毎月11日と22日は「ワンワンデー」と名付け、施設内をラウンドして利用者の方々と触れ合っています。利用者さまで昔動物を飼っていた方は2匹を見ると穏やかな表情になり、とても幸せそうに映ります。エサは事務所の職員が担当し、散歩は全職員が交代制で連れて行っています。

原発事故を経て、再び安心して過ごせる場所へ戻りつつある

――最後に、お仕事の中で一番の思い出や達成感を感じたエピソードについて教えてください。

仕事を通じて最も感慨深かったのは、やはり2011年に起きた東日本大震災です。震災直後の福島原子力発電所の事故によって楢葉町にあった施設が使えなくなり、その後同じ法人が運営する別の施設を間借りして再開しました。そして2013年、いわき市に現在の仮設の施設を開所しました。短期間で2回の引っ越しを経験したことになりますが、現在の場所で無事施設を再開できたときは、さまざまな思いがあふれてきて言葉になりませんでした。

震災後から続く長期の避難生活。利用者の方もその家族も移動を繰り返し、どこにたどり着いていいのか分からず日々不安に過ごしていたはずです。今ようやく状況が落ち着いてきて、同じ故郷の方同士が安心して暮らせる場所が誕生しました。穏やかな表情で過ごされている利用者さまと接していると、「よし、私も頑張ろう!」という気持ちになってきます。何よりも利用者さまの笑顔が私たちの一番の活力になるのです。


介護老人保健施設では、介護士や事務員、看護師や理学療法士など多職種の人が交わりながら高齢者のケアを行っているため、仕事の垣根を超えコミュニケーションを図ることは、健全で風通しのよい職場づくりに欠かせないことです。事務員という立場でありながら、一つのチームとして高齢者の在宅復帰を後押しすることができる、実にやりがいのある仕事なのではないでしょうか。


【profile】医療法人社団ときわ会 介護老人保健施設 仮設楢葉ときわ苑
事務部部署長 箱崎尚美
http://www.tokiwa.or.jp/index.php
http://www.tokiwa.or.jp/system/blog_naraha.php?cd=new

この記事のテーマ
福祉・介護」を解説

現場で福祉を担う介護福祉士などのスペシャリストや、福祉サービスの企画・提案ができる人材を育成します。通常の生活を営むことが困難な人の生活を助けるための専門知識、技術を身につけ、職種により就業に必要な資格取得を目指します。高齢化が進む中、精神的なケアや寝たきりを防ぐための運動指導など、必要な専門知識や技術も幅広くなっています。

「福祉・介護」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「介護保険事務」
はこんな仕事です

介護保険事務では、介護保険全般、介護報酬請求(レセプト作成)、その他の事務作業をこなしていく。公的介護保険の適用対象となる介護サービス内容は、厚生労働省が詳細を定めており、報酬額などの管理が必要になってくる。また、民間の介護保険の保障事項には、介護一時金や介護年金などがあり、その請求の際にも専門知識と事務手続きが求められる。介護保険事務の仕事は、この分野に特化した専門技能を発揮するデスクワークが中心。保険給付手続きを円滑に進め、保健医療の向上、福祉の増進を促す担い手の一人ともいえる。

「介護保険事務」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける