【シゴトを知ろう】動物プロダクション職員 ~番外編~

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

【シゴトを知ろう】動物プロダクション職員 ~番外編~

2017.12.14

提供元:マイナビ進学編集部

【シゴトを知ろう】動物プロダクション職員 ~番外編~

メディアや広告の業界では、動物は子どもと並んで、興行収入や商品の売上を左右する存在です。人間のタレントと同じように、動物たちをタレントとして管理し、企画に応じて手配する動物プロダクションという仕事があります。幼稚園やショッピングモールを回る移動動物園の仕事で起業し、動物プロダクションの事業へと展開した馬場光弘さんに、仕事の裏話や将来の夢について教えていただきました。

この記事をまとめると

  • 動物の世話をできるようになることが最初のステップ
  • 命を始まりや終わりに立ち会うことで学べることは多い
  • ブリーダーや牧場運営などへの事業展開の可能性も

営業スキルが身に付けば独立の道も

――このお仕事はどのようにキャリアアップしていくのでしょうか?

最初のステップは動物の世話ができるようになること。動物に対する感覚が身に付けば、次のステップは撮影やイベントなどの現場でリーダーとして振る舞えるようになることです。現場の仕事に慣れて営業のスキルも身に付けば、独立の道も開けます。


――最近はどんな動物の出演依頼が多いのでしょうか?

少し前でしたら皆さんもご存知だと思いますが、アルパカがとても流行りましたね。テレビCMがきっかけでブームになりました。ネコもここ10年くらいずっとブームですね。ネコをテーマにした書籍も増えていますし、イベントの仕事でもネコの出演依頼が増えています。


――馬場さんのプロダクションには総勢どれくらいの動物がいますか?

大体30種類くらいの動物が常にいて、一つの種類につき10頭くらい、小さな動物だと100頭くらいいます。


――そんなにたくさん! プライベートでも動物は飼っていますか?

プロダクションに所属するさまざまな動物と共同生活をしている状態です。飼っているという感覚はなくて、一緒に仕事をしている仲間という感じですね。


――命を扱う重みもあるのでしょうか?

生きものですからもちろん、生まれたり死んだりすることは日常的にあります。多く産む動物は特に、生まれてきても全てが生き残れるわけではありません。また、フクロウなどの肉食動物にはエサとして動物を用意しないといけません。自然の摂理ですから仕方がないところではあります。

うちには子どもが2人いるのですが、常日頃から動物と接しているので、そのようなことにも抵抗がないようです。ドイツでは「子どもが生まれたらイヌを飼え」と言われるそうですが、動物の生き死にを目の当たりにして学べることは大きいと思います。僕らもいつかは死んでいくわけですから。生命の終わりに立ち会う機会というのは特に都会の核家族で育っている子には少ないと思いますが、そうしたリアルな感触も今の時代には大切ではないかと感じています。

動物と人の架け橋でありたい

――今後チャレンジしたいことはありますか?

一般の人が動物と触れ合える牧場をいつか作りたいなと思っています。牧場経営というのは大変難しいものではありますが、僕らは動物と人の架け橋のような存在でありたいと思っていますので、いつか叶えたい夢ですね。最近は動物カフェという形態もありますが、僕は大地があって空があって、自然の植物が生えていてそれを動物たちが食べている……という自然な在り方を大切にしたいなと思っています。僕も子どもがいるので、屋内の空調の効いた施設が子連れの親にとって便利であることはわかるのですが、臭くても汚くていいから、リアルを感じられる場所を作りたいです。


――今はどのような動物を繁殖しているのでしょうか?

販売は行っていませんが、最近アメリカで広まっているマイクロブタの繁殖を始めています。サッカーの元日本代表の前園さんが飼っているミニブタはご存知でしょうか。通常のブタが200kgくらいあるのに対して、ミニブタは50kg程度。マイクロブタはそれよりさらに小さなブタです。飼育の難しさはイヌやネコと大差がなく、とてもかわいらしいので、今後、人気が出てより身近な動物になっていくでしょうね。



今回取材に伺った馬場さんの仕事場にはたくさんの動物たちがいましたが、将来的には一般の人がそれらの動物たちと触れ合える牧場を作り、その牧場で生まれた動物をブリーダーとして提供するという幸せな循環を作ることが夢だそうです。私たちに大きな癒やしをもたらしてくれる動物のお仕事は、やりがいも大きいようですね。


【profile】株式会社ミルク動物園 代表取締役 馬場光弘
ミルク動物園 http://milkzoo.jp
動物プロダクション「ぶ〜プロ」 http://bu-pro.com

この記事のテーマ
動物・植物」を解説

ペットなど動物や観賞用の植物に関わり暮らしに潤いを提供する分野、食の供給や環境保全を担う農業・林業・水産業などの分野があります。動物や植物の生態や生育に関する専門知識を身につけ、飼育や栽培など希望する職種に必要な技術を磨きます。盲導犬や警察犬、競走馬、サーカスの猛獣などの調教・訓練や水族館や動物園で働く選択肢もあります。

「動物・植物」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「動物プロダクション職員」
はこんな仕事です

動物を必要とするイベントやテレビ番組、ラジオ番組、コマーシャル、広告印刷物の撮影などに、動物を派遣するのが仕事である。動物タレントの芸能プロダクション的な役割を果たしている。日々の動物の訓練や健康管理も重要な業務である。実際のイベントや番組、撮影などで、その動物の特徴や魅力を最大限に発揮できるように、動物に働きかける能力が求められる。動物との間の信頼関係の構築方法や、動物の病気などに対する医学的知識なども役に立つ。

「動物プロダクション職員」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける