【シゴトを知ろう】福祉施設で働く人 編

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

【シゴトを知ろう】福祉施設で働く人 編

2017.10.24

提供:マイナビ進学編集部

【シゴトを知ろう】福祉施設で働く人 編

高校生の皆さんはまだあまりピンとこないかもしれませんが、「育児」にはさまざまな悩みや不安が付きまといます。ちょっとしたことでも誰にも相談できずに、悩みを抱え込んでしまう親が多くいるのが現状です。そんな育児に関する相談を引き受け、同じ境遇にいる子育て中の親同士が交流するための「子育て支援センター」という場所があります。

今回は、千葉県流山市にある地域子育て支援センター(以下子育て支援センター)「かるがも」で働く柏倉久美子さんに、仕事の内容を伺いました。

この記事をまとめると

  • 子育て支援センターは親にとって仲間づくりの場であり羽を伸ばせる場所でもある
  • 親子と向き合い、子どもの個性を伸ばせるような支援が大切
  • 言葉一つで相手を傷つけることもあるため、表現力は常に磨いておくこと

伴走者として子育てを陰から支える仕事

Q1. お仕事の概要と一日のスケジュールを教えてください。

子育て支援センターは、市内に暮らす親子が気兼ねなく立ち寄れる場所です。「かるがも」は保育園に併設して運営されているのですが、小さな子どもたちがおもちゃで遊ぶ場であり、保護者の方々の友達づくりや情報交換、お茶を飲みながら楽しくおしゃべりをしてもらう場でもあります。職員である私たちは、緊張してどう参加してよいのか分からない保護者の方たちに声を掛けて、場の雰囲気に打ち解けてもらえるよう配慮しています。同時に子どもの見守りや、育児に関する相談に乗ることもあります。

朝9時の開室に合わせて清掃、おもちゃの消毒を行い、子どもたちが遊びやすいよう遊具のセッティングを行います。開室中は保護者の方たちに積極的に声を掛けるようにしています。日によっては、専門家を招いての子育て講座、フェルト生地を使ったおもちゃづくりなどのイベントも開催しています。

利用者がいない時間帯にも利用人数の集計、保育日誌の記入、毎月のおたより製作など、やることはたくさんあります。また子育て支援センターの存在を知らない方も大勢いるため、市内各所に出向きセンターの案内のチラシを設置してもらう活動もしています。保護者からの相談内容によっては、保健センターの保健師さん、療育施設の専門家(臨床心理士や言語聴覚士など)と連携して親子を支援することも大切な役割です。


Q2. 仕事の楽しさ・やりがいは何ですか?

子育てに関する相談を受けアドバイスすることが私たちの役目の一つですが、答えを出すのはやはり保護者自身です。悩みについて一緒に考え、出した答えがお子さまの成長に結びついたときに喜びとやりがいを感じます。

例えば2歳くらいの年齢だとすぐに泣いてぐずる子どもも多く、原因も分からないため保護者も疲れきってしまいます。保護者は24時間お子さまと一緒にいますが、そうではない私たちの客観的な視点が問題の改善につながることもあります。私たちは直接育児に関わる権限があるわけではないですが、「いつも一緒に応援していますよ」という気持ちで、マラソンでいう伴走者として子育てに貢献できることがこの仕事の魅力ではないでしょうか。少しずつお子さまの表情が豊かになるにつれ、センターに通われる保護者の方の足取りも軽くなるんです。


Q3. 仕事で大変なこと・つらいと感じることはありますか?

子育て支援センターの職員は「子育てのプロだから何でも知っている」と思われてしまうところです。子どもの成長は時間がかかるもので、問題を瞬時に解決してくれる特効薬みたいなものはありません。根気強くお子さまと接していくしか解決策はなく、時間が経てば良くなっていくと分かっていても、もどかしさから抜け出せないでいる保護者の姿を見るとつらく感じるときがあります。

幼稚園時代の先生との出会いが後の人生を決めることに

Q4. 現在のお仕事を志すようになったきっかけを教えてください。

私は小さい頃からとても引っ込み思案な性格で、幼稚園に通っていたときも、他の子どもたちのグループから外れて一人でいるような子どもでした。そのような中、一人の先生がずっと私に付いて声を掛けてくれたんです。言葉の中身までは覚えていませんが、その先生に諭されて、徐々に友達の輪に入ることができるようになりました。その思い出が強く残っていて、小学生の頃から「将来子どもと接する仕事がしたい」と母親に言っていました。高校卒業後は迷わず保育系の短期大学に進み、保育士の資格を取得しました。


Q5. 短期大学では何を学びましたか?

保育士の資格が取得できるコースを選び、そのためのカリキュラムに沿って学んでいました。また、サークルでは保育園でアルバイトをしたり児童福祉施設で勉強を教えたりしました。小さな子どもたちとともにお寺に宿泊するなどの活動を通して、一緒に過ごす楽しさばかりでなく体力的なきつさも実感できたので、今の仕事を始める前に良い経験が積めたと思っています。


Q6. 高校生のとき抱いていた夢が、現在の仕事につながっていると感じることはありますか?

高校時代は、幼稚園生よりも小さな年代の子どもに関わりたいと思っていました。そのための勉強がしたいと思って選んだ短期大学では、今の仕事に直結することを学べたと思います。

しかし、子どもの成長には個人差もあるので、学校で習ったことがどの子どもにも当てはまるとは限りません。学校で習った基本だけではなく、目の前にいる子ども、そしてその親をよく見て、個性を理解していこうという気持ちが大切だと感じています。

人見知りだから不向きということはない。さまざまな性格の職員がいてもいい

Q7. どういう人が子育て支援センターの職員に向いていると思いますか?

かるがもは年間8,000人近い親子が利用されます。半分は保護者ですが、さまざまな考え方の持ち主がいて、歩んでこられた人生も千差万別です。たくさんのお話を通じて相手の人となりを知ることが重要なので、聞き上手、話し上手な人は向いているのではないかと思います。他には、相手の立場に立ってものを考えられる共感力、その人を支えていくためにどのようなアプローチが望ましいかを考える冷静さも大事になってくると思います。

確かに社交的な人が向いてはいるのですが、かつて私が引っ込み思案だったように、子育て支援センターの職員でもさまざまな性格の人がいると思います。利用される保護者の方の中にも私に似たような性格の人もいるため、そういうお母さんと意気投合し、かえって距離が縮まることもあるんです。そのため「私は人見知りだから向いていない」と決めつけることはやめて、子どもが好きであれば保育の道に進んでみてほしいと思います。


Q8. 高校生に向けたメッセージをお願いします。

この仕事は保護者の方と接する時間が長く、日常的にいろいろなお話をします。声を掛けるタイミング、そして言葉の選び方一つで相手を勇気づけることもあれば、知らず知らずに相手を傷つけてしまうこともあります。表現力はアルバイトやボランティアなどを通じて人と触れ合うことで磨けるものだと思いますし、後は読書を通じて表現の技術を学ぶことも大切なのではないかと思います。


子育てに大きな不安を覚え、精神的に落ち込んでしまう保護者も多くいる中、気軽に通えて相談ができ、ママ友同士の交流もできる子育て支援センターには確かな需要があります。クラス担任など通常保育の保育士とは異なり、保護者とのコミュニケーションも一際重要となってくるため気配りが求められる仕事になりますが、子どもの見守りだけでなく、幅広く子育てをサポートしていきたいという人にはぴったりなのではないでしょうか。


【profile】社会福祉法人わかくさ会 かやの木保育園内
地域子育て支援センター「かるがも」 柏倉久美子
http://www.kayanoki-hoiku.com/karugamo

この記事のテーマ
福祉・介護」を解説

現場で福祉を担う介護福祉士などのスペシャリストや、福祉サービスの企画・提案ができる人材を育成します。通常の生活を営むことが困難な人の生活を助けるための専門知識、技術を身につけ、職種により就業に必要な資格取得を目指します。高齢化が進む中、精神的なケアや寝たきりを防ぐための運動指導など、必要な専門知識や技術も幅広くなっています。

「福祉・介護」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「福祉の公的施設で働く人」
はこんな仕事です

税金や保険料で運営される公共施設のうち、障がい者や子ども、高齢者、生活困窮者などを対象とした福祉施設で、利用者の生活をサポートする仕事。国の機関で働く場合は国家公務員、自治体の機関で働く場合は地方公務員となるため、公務員採用試験に合格する必要がある。具体的な業務内容は働く施設で異なり、例えば、児童虐待やDV被害の相談援助、不登校の子どもの進学支援、知的障がい者の自立支援などがある。いずれの施設も営利目的ではないため、国民あるいは住民のために働いているという実感を得られやすい。

「福祉の公的施設で働く人」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける