【シゴトを知ろう】スタイリスト 編

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

【シゴトを知ろう】スタイリスト 編

2017.11.27

提供元:マイナビ進学編集部

【シゴトを知ろう】スタイリスト 編

タレントやモデルが、メディアに出演したり撮影を行ったりする際に着用する衣装を選び・手配・コーディネート・着付けなどを行うのがスタイリストです。今回は、主にアイドルグループAKB48の衣装・ヘアメイクをプロデュースしている株式会社オサレカンパニーで衣装スタッフとして活躍する板垣茉里子さんに、仕事内容について伺いました。

この記事をまとめると

  • アイドルがライブ・テレビ・雑誌などで着用する衣装をプロデュースする
  • 厳しいスケジュールや変更に迅速に対応するスピード感も重要
  • ファッションや色彩に関する知識は仕事をする上で役に立っている

制作・現場・集めの3部門体制でAKB48の衣装をプロデュースする

Q1. 仕事概要と一日のスケジュールを教えてください。
 
新卒採用で入社して3年目になります。私の所属する株式会社オサレカンパニーは、主にアイドルグループAKB48が着用するステージ衣装やコスチュームを担当しています。メインはAKB48関連ですが、AKB48に関連しない外部案件も扱います。

AKB48メンバーが着用する衣装は、デザイナーがデザインしたオリジナル衣装が約8割、私服衣装といわれる既存の洋服をコーディネートしたものが約2割です。ライブ・歌番組・ミュージックビデオなどはオリジナル衣装、バラエティー番組やテレビCMなどは私服衣装を着用することが多いです。

私は制作部衣装グループで「集め」担当です。集めとは、タレントが着用する衣装のうち、主に靴・靴下・アクセサリー・髪飾りなど、コーディネートを考慮しながら市場から買い集めてくる仕事です。

制作部衣装グループは大きく3つに分かれており、集めの他には、髪飾りや装飾品・オリジナルコスチュームなどの縫製に関わる「制作」、ライブ・歌番組などの仕事現場で、タレントに対して衣装の着せ付けなどを行う「現場」があります。

これら全ての部署を衣装総責任者であるクリエイティブデザイナーが統括しています。スタッフの年代は、ほとんどが20代〜30代前半です。

規模の大きい現場やライブの際は、現場担当だけでなく衣装グループ全員でタレントに同行します。テレビの歌番組は11月くらいから年末にかけて数多く制作されるため、年末はとても忙しいですね。

<ある一日のスケジュール>
11:00 現地入り 集め業務開始(デザイン画を元に必要となるアイテムを探す)
15:00 昼休憩
16:00 業務再開 
19:00 帰社 コーディネート作業・制作チームの手伝いなど
20:00 帰宅
 
 
Q2. 仕事の楽しさ・やりがいは何ですか?
 
頻繁に市場に出ているので、トレンドや世の中の流れがとてもよく分かります。街中で自分がキャッチした感覚を、舞台衣装に反映して世の中に広くアピールできることは、他の仕事ではあまりないことだと思います。

また演劇の仕事などでは、チームを組み長い期間一丸となって仕事をするので、他のスタッフとの信頼関係も生まれ、協力してやりとげたという達成感を強く感じます。

無事舞台をやり遂げた後に「板垣さんに頼んで良かった」と言っていただけた時は、本当にうれしかったですね。


Q3. 仕事で大変なこと・つらいと感じることはありますか?

いろいろな案件がギリギリの日程で決まるので、厳しいスケジュールの中で作業することが多いのが大変です。撮影の2~3時間前になって急に変更が出ることもあります。時間がなくても妥協はできないので、急ピッチで進めながらも、気を抜かず丁寧に仕事をしなければなりません。

また、事前にタレントとのコミュニケーションや意思疎通がうまくいっていないと、衣装を気に入ってもらえなかったり、どうしても噛み合わなかったりします。

タレントが心から自信を持って身に着けられる衣装でないと、ステージ上での本人のパフォーマンスに影響してしまうかもしれません。タレントがベストなパフォーマンスができるよう衣装面から支えるのが自分の仕事なのに、失敗してしまうと落ち込んだりします。

子どもの頃から洋服が好きでファッションの仕事をすると決めていた

Q4. どのようなきっかけ・経緯でその仕事に就きましたか?
 
専門学校在学中に、ガールズバンドの衣装制作をした経験がきっかけで、生演奏や舞台など、ライブパフォーマンスで衣装を見せることって楽しいなと思うようになりました。専門学校の先生から今の会社を紹介してもらい、「自分のやりたいことに近い仕事があるのでは」という思いから入社しました。

もともとアイドルに詳しかったわけではありません。AKB48のことも入社前はほとんど何も知りませんでした。そのため、入社後はメンバーの名前を覚えるところから始めました。


Q5. 専門学校では何を学びましたか?
 
服飾専門学校でファッションについて学びました。1年生の共通過程でファッションの基礎を学び、2年生で「スタイリストコース」に進み、スタイリング・色彩などについて学びました。

通常2年で卒業なのですが、私はもっと知識を深めたくて学校に残り、3年生では「ファッションディレクション」について学びました。ファッションディレクションとは、主にファッション全体の企画・構成を決める役割のことで、例えばファッションショーの企画演出などが挙げられます。


Q6. 高校生のとき抱いていた夢が、現在の仕事につながっていると感じることはありますか?
 
新潟県生まれで、高校は普通科でした。幼い頃から洋服がとにかく好きで、ずっと東京でファッションの勉強がしたいという希望を持っていました。

元パタンナー(*)だった叔母に憧れていたこともあって、彼女が通った服飾専門学校へ将来行くんだと小学生の時から心に決めていました。高校時代はファッションデザイナーになりたいと思っていましたね。

*パタンナー:洋服をはじめとしたアパレルファッションの分野において、ファッションデザイナーが作成したデザイン画をもとに、型紙(パターン)を作成する仕事。

チャンスを逃さず、なんでもやってみることで道が拓ける

Q7. この仕事をするのに必要な適性や資格はありますか? またどういう人がその仕事に向いていると思いますか?
 
厳しいスケジュールにも対応できる、体力的にも精神的にもタフな方が向いていると思います。また、発想力のある人がいいのではないかと思います。既存の服をコーディネートする上でも、オリジナルの衣装を作る上でも、普通とはちょっと違ったアイデアが出せるような人です。

ファッションに関する知識はあったほうがいいとは思いますが、必ずしも服飾や洋裁の専門学校を出ている必要はないと思います。社内にも美容専門学校や美術系の大学など、いろいろな学校の卒業生がいます。

資格については、専門学校時代に「色彩検定」や「色彩技能パーソナルカラー検定 ®」などの資格を取得しました。これらの資格は、舞台衣装に限らず、ファッション業界で実際に仕事をする上では役に立つことが多いと思います。


Q8. 高校生に向けたメッセージをお願いします。
 
夢を諦めたくなってしまう事が誰にでもあると思います。私にもありました。でも、がむしゃらにがんばっていれば必ず活路はあると思います。チャンスを見逃さないようにしてください。

私は学生時代に良い担任の先生に出会ったりと、環境に恵まれたと思います。しかし専門学校時代に、選り好みをせずに何でも実行するように努めたのが今になって振り返り、良かったのではないかと思います。

当時は、何か新しいことに関わる機会があれば、とりあえず何にでも手を挙げていました。その時に頑張ったことで表彰されたこともあり、自信につながりました。とにかく何か行動を起こせば、次につながると思います。やりたいという気持ちを大事にしたほうがいいと思います。
  


子どもの頃からの夢を叶えるべく、専門学校でも率先していろいろな活動に参加したり、与えられた課題はいつもきちんとこなしてきたという板垣さん。地道な積み重ねと向上心が現在の活躍を支えているのですね。スタイリストに限らず、ファッション業界に進みたい人にとって、板垣さんのお話は大変参考になるのではないでしょうか。
 
 
【profile】株式会社オサレカンパニー 制作部 衣装グループ 
デザイン制作ルーム スタイリスト 板垣茉里子
株式会社オサレカンパニーhttps://www.osarecompany.com/

この記事のテーマ
ファッション」を解説

ファッションの専門知識や業界のビジネスノウハウを学び、感性やセンス、基礎技術を磨きます。作品の発表会や学外での職業実習などを通して職業人としての実践力を身につけるほか、資格取得を目指すカリキュラムもあります。仕事としては、素材づくりや縫製など「つくる仕事」と、PRや販売促進などファッションビジネスに関わる仕事に分かれます。

「ファッション」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「スタイリスト」
はこんな仕事です

モデルやタレントが身に着ける衣装を選び、手配、着付けなどを行う。活躍の場は雑誌や広告のスチール撮影、テレビ番組やCMの制作など。テーマや訴求対象に沿ったアイテムを数多く集め、現場でアートディレクターやカメラマン、ヘアメイクと相談しながら演出スタイルをつくり上げる。実務としては事前の打ち合わせ、ブランドのプレス(広報担当者)からのアイテムのリース(借り受け)・返却、商品情報の管理などがある。独立して働く人も多いが、事務所に所属して特定のタレント専属のスタイリストになる人もいる。

「スタイリスト」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける