友達と同じ大学に行きたいけど、行けそうにない…… ~進路のミカタ知恵袋~

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

友達と同じ大学に行きたいけど、行けそうにない…… ~進路のミカタ知恵袋~

2017.10.24

提供元:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

友達と同じ大学に行きたいけど、行けそうにない…… ~進路のミカタ知恵袋~

Q. 仲の良い友達と「同じ大学に行こう」と話しているのですが、私の成績では同じ大学の試験に合格することが難しそうです。友達には、一緒の大学には行けないと言うべきでしょうか?

A. 友達のためにも自分のためにも、早めに伝えよう

自分の成績を踏まえて冷静に考えた上で、同じ大学への進学が難しいかもしれない……。そう感じているのであれば、素直に伝えることは決して間違いではないと思います。別の志望校に進もうと考えるのであれば、友達のためにも自分のためにも、早めにその考えを伝えましょう。

【お互いにとって一番いい選択をしよう】
大学に通うことは友情を深めることだけが目的ではありません。大学は、あなた自身にとっても友達にとっても、将来について考え、学ぶために通う大切な場所です。

卒業後の将来を左右するかもしれない決断を友情に流されて決めてしまうのはよくないことです。友達には、「自分のことは気にせず、将来を考えた志望校を目指してほしい」と伝えておくことも大切です。互いに受験に向けて励まし合いながら、それぞれの志望校合格へ向けて勉強を続けていきましょう。

【人間関係は絶えず変化していくもの】
いろいろなことを気軽に話せる今の友達との関係を大切にしていくことは、とてもいいことだと思います。逆にいえば、それだけ固い友情があれば、学校が違うだけで関係が途切れてしまうようなことはないのではないでしょうか。

今は学校という空間がすべてのように思えているかもしれませんが、これからの人生でいろいろな人との出会いがあり、つながりができていくはずです。大学では、講義やサークル活動、アルバイトなどそれぞれ新しい環境に身を置くことになります。周囲の環境に合わせ、新しい友達と過ごす時間が徐々に増えていくでしょう。

別々の学校に進学した後も、よく会う間柄であればお互いの大学でできた友達を交えて、さらに友人関係を広げていくことも可能かもしれません。大学には全国からいろいろな考えや経験を持った人が集まってくるので、今まで以上にネットワークを広げ友達を作ることができれば、別々の学校に進むこともメリットになるでしょう。


人生において選ぶ道、進む道が異なることは必ずあります。さまざまな人との出会いと別れを経験し、人間関係は変化を続けながらいっそう広がっていきます。自分が進むべきだと思った道があれば、迷わず進んでいきましょう。

【回答者:進路のミカタ編集部】