夜間の学校と日中のアルバイトを両立できるか不安 ~進路のミカタ知恵袋~

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

夜間の学校と日中のアルバイトを両立できるか不安 ~進路のミカタ知恵袋~

2017.10.23

提供元:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

夜間の学校と日中のアルバイトを両立できるか不安 ~進路のミカタ知恵袋~

Q. 夜間コースがある専門学校への進学を考えています。日中のアルバイトと夜間の授業を両立できるか心配です。

A. 夜間コースの学校生活について知り、両立できるかどうかを考えよう

専門学校の夜間コースには社会人の生徒も多く、はっきりした目標を持った意識の高い学生が多く集まっています。ですから、アルバイトも授業もしっかり両立している学生は少なくありません。夜間コースの学校生活を参考にして、実際に両立できるかどうかを考えてみましょう。

【夜間コースの専門学校はどんな人が通っているの?】
専門学校は、調理や美容、医療など特定の資格や技能について専門的に学び、将来的にその分野への就職を目指す学校です。社会人の生徒には、手に職を付けることや将来独立開業を目指している人も多く、昼間コースに比べて学習意識の高い学生が多い傾向があります。みんなが時間を有効利用して勉強しているという点で、落ち着いた雰囲気の中で、勉強に集中できる環境があるといった見方もできます。

学校のパンフレットやWebサイトでは、授業内容や学校生活、生徒の声を紹介していることもあるので、気になった学校があれば各学校が主催している学校見学会で体験授業を受けてみるのもいいでしょう。

【日中のアルバイトは就職に有利かも!?】
夜間コースの専門学校に通う学生の大半は、朝から昼過ぎ、もしくは夕方まで働いていることもあります。

昼間コースの学生は夕方から夜の時間にアルバイトをすることが多く、飲食店やコンビニなど夜間営業している店舗や24時間営業の店舗が多くなるのに対して、夜間コースの学生は日中に働くことができるので、さまざまなアルバイト先を選べるのも特徴です。

例えば、自分が興味のあるファッション関連のお店や、趣味の音楽や書籍関連の小売店でアルバイトをすることも可能でしょう。また、専門学校でアルバイト先を紹介してくれる場合もあります。調理系の学校ならば飲食店の仕事、医療系の学校であれば病院や診療所の仕事の求人がその学校に入ってくることもあるので、その場合は、授業内容に合ったアルバイト選びに役立てることができます。

授業内容に合ったアルバイトをすることで、その職業のリアルな現場や仕事をしたときのイメージをつかむことができます。専門学校で勉強したことを将来の仕事にするのであれば、その職業に関連したアルバイトをしたほうが、就職活動を行うときに仕事に対する理解や働き方が想像できている分、有利になるという声もあります。

【学費が心配なら、別の方法も考えてみる】
ただし、日中のアルバイトで一生懸命になりすぎて、夕方からの授業についていけなくなっては元も子もありません。無理のない範囲で、自分のライフスタイルに合った学校やアルバイト先を選ぶようにしましょう。

学費を工面する方法はアルバイト以外にも奨学金などの制度もあります。独自の奨学金制度を提供している専門学校もありますので、どんな奨学金制度があるのかという点も、専門学校を選ぶ際に参考にしてみましょう。


まずは夜間コースの学校生活を知り、どのようなアルバイトであれば両立が可能かよく考えた上で、学校を選んでみてくださいね。

【回答者:進路のミカタ編集部】