タレントや俳優になりたい! どんな分野を学ぶべき? ~進路のミカタ知恵袋~

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

タレントや俳優になりたい! どんな分野を学ぶべき? ~進路のミカタ知恵袋~

2017.10.31

提供元:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

タレントや俳優になりたい! どんな分野を学ぶべき? ~進路のミカタ知恵袋~

Q. 将来、タレントや俳優になりたいと思っています。大学や専門学校に進学する場合、どんな分野を選ぶべきですか?

A. まずはどのようなタレントや俳優になりたいのかを考えよう

タレントや俳優のように実力やセンスが問われる仕事に就くためには、必ずしも大学や専門学校に進学すればいいわけではありません。また、一口にタレントや俳優といっても、その仕事内容は大きく異なります。進路について考える前に、まずはどのようなタレントや俳優になって活躍したいのかを考えてみてください。

【タレントの仕事内容や進路について】
タレントといえば「テレビに出演している芸能人」というイメージがありますが、その仕事は多岐にわたります。例えばテレビのバラエティ番組だけでなく、ドラマやCMへの出演、番組やイベントでの司会、講演、ラジオのDJにいたるまで、さまざまな「タレント活動」があります。

タレントを目指す場合は、芸能プロダクションが主催するオーディションなどを受けて事務所に所属することが一般的です。このようなオーディションでは演技力や一芸が審査されることもあるため、芸能・音楽・劇団関係の専門学校やタレント養成スクールに通い、演技や歌、ダンスを身に付ける人もいます。

タレントの仕事は、「人前で目立つことが好き」「自慢できる特技がある」「話がうまい」といった性格・特技を持つ人が向いているといえそうです。テレビやラジオなど自分が活躍したい場所、目指す姿を考えながら、芸能・音楽・劇団関係の専門学校や芸術系またはメディアに関連する学部のある大学への進路も検討してみましょう。

【俳優の仕事内容や進路について】
俳優は、テレビの他に映画や舞台などに出演し、監督や演出家の指示の基に役作りを行う仕事です。憧れる人も多い花形の職業ですが、演技をやり抜くための高い集中力や何時間も稽古を続けられる体力も必要となるハードな仕事です。

俳優になるためには、劇団や芸能プロダクションに所属する方法が考えられます。そこで必要となる演技力や役作りについては、芸能・劇団関係の専門学校や、舞台や演技について学べる学部が設けられた大学や短大で学ぶことができるでしょう。

「表現をするのが好き」「環境に合わせて演じるのが得意」「チャレンジ精神が旺盛で、根性なら誰にも負けない」といった性格・特技を持つ人に向いている仕事だといえそうです。


華やかで憧れる人も多い芸能の世界。しかし、芸能界で働くためには努力はもちろん、才能も必要となってきます。まずは自分の理想像に近づくために仕事内容や適性についてよく調べ、進路選択を検討していきましょう。

【回答者:進路のミカタ編集部】