専門学校は指導が厳しい? ~進路のミカタ知恵袋~

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

専門学校は指導が厳しい? ~進路のミカタ知恵袋~

2017.10.20

提供元:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

専門学校は指導が厳しい? ~進路のミカタ知恵袋~

Q. 私は高校の先生や親によく叱られます。専門学校は指導が厳しいと聞きましたが、進学しても怒られてばかりになるのではと不安です。

A. 先生が厳しいのは、将来自信をもって働いてほしいという強い思いがあるから

専門学校の学びはその後の就職に直結するので、仕事の厳しさもやりがいも知っている先生の指導は熱心な傾向があります。しかし、やりたい仕事をかなえるためには必要な指導であり、また人として成長するためのよい機会を与えてくれるはずです。専門学校の指導の特徴について見ていきましょう。

【専門学校の指導は厳しい?】
専門学校のメリットの一つは、将来目指す職業に直結した技能教育を受けられるという点です。専門学校は2年制の学校が最も多く、実習を中心にカリキュラムが構成されるため、短い期間でたくさんの実習・授業を受けることになります。その中で将来の仕事に必要な知識や技術を身に付けていくので、一つひとつの授業の意味がとても重要になり、先生の指導もときには厳しくなることもあるでしょう。しかしそれは、専門学校での学びを将来に生かしてほしいという先生の熱い思いがあるということをよく覚えておきましょう。

【将来を見据えて授業を受けることが大切】
授業を教える講師陣には、現役で活躍するプロが多い点も専門学校の魅力。実際にその道で働いた経験のある先生の話は、知識や技術を身に付けていく上でとても参考になるはずです。

また、たとえ先生の指導が厳しくても、あくまでもそれは学校内での指導。専門学校を卒業して自分のなりたい職業に就けたとしても、職場での指導は学校よりも厳しいかもしれません。専門学校での授業は就職までの準備段階にあたるものなので、自分の将来を見据えてしっかりと授業を受け、先生から言われたことは自分の学びにしていきましょう。


専門学校には、将来役に立つスキルを身に付けたいという意欲が高い学生がたくさんいます。叱られて自信をなくすことがあるかもしれませんが、生徒同士で励まし合いながら頑張って取り組むこともできるはずです。まずは気になる学校のカリキュラムを調べるなどして、専門学校での学校生活をイメージしてみましょう。

【回答者:進路のミカタ編集部】