専門学校は忙しくてアルバイトできない? ~進路のミカタ知恵袋~

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

専門学校は忙しくてアルバイトできない? ~進路のミカタ知恵袋~

2017.10.20

提供元:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

専門学校は忙しくてアルバイトできない? ~進路のミカタ知恵袋~

Q. 志望する専門学校の時間割を見たら、月曜~土曜まで授業がありました。アルバイトする時間はありますか?

A. 在学生のアルバイト事情を調べ、実際にできるか見極めよう

【専門学校は忙しい?】
専門学校は特定の職業を目指して短期間に集中して学ぶ学校であり、大多数の専門学校は2年制で、大学に比べて履修年限が短くなります。したがって授業時間が多く、授業で忙しくなりやすい傾向があります。

目指す職業に必要な技術を身に付けたり資格を確実に取るために、アルバイトよりも勉強に専念するのが理想ですが、どうしてもアルバイトをする必要がある場合は、在学生のアルバイト事情を調べて、職種や給料、働き方について参考にしてみましょう。また、各専門学校が主催している学校見学会に参加し、在学生や先生に質問するなどして実際にアルバイトができるかどうかを見極めることも大切です。

【アルバイトの時間をどうしても確保したいときは?】
アルバイトをする時間を確保したいと考えているのであれば、夜間コースに通うという選択肢もあります。日中をアルバイトの時間に充てることができるので、自分次第で学校の勉強とアルバイトを両立させることもできるでしょう。

もしくは短時間のアルバイトや曜日限定のアルバイトに絞って考えるなどし、学校の勉強に支障がないよう両立する方法を検討していくことが大切です。

【学費が心配なら、別の方法も考えてみる】
また、学費を工面する必要があるのであれば、アルバイト以外にも奨学金などの制度もあります。独自の奨学金制度を提供している学校もあるので、自分が志望する学校にどんな奨学金制度があるのかを調べながら学校を選びを考えてみましょう。


アルバイトに一生懸命になりすぎて授業についていけなくなっては元も子もありません。アルバイトの疲れで勉強に集中できない……といった事態にならないよう、無理のない範囲で自分のライフスタイルに合った学校やアルバイト先を選ぶようにしましょう。

【回答者:進路のミカタ編集部】