会社員のシゴトって? ~高校生アクティブ・ラーニングプログラム~

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

会社員のシゴトって? ~高校生アクティブ・ラーニングプログラム~

2017.09.20

提供元:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

会社員のシゴトって? ~高校生アクティブ・ラーニングプログラム~

この記事をまとめると

  • 職種の異なる社員と話すことで、会社の仕事とその繋がりを知る
  • グループに分かれて、進路のミカタのゆるキャラ作りに挑戦
  • 予選を勝ち抜き、優勝に輝いたゆるキャラは「マイナビーンズ」

「将来どんな仕事をしたい?」この質問に対して、すぐに答えが出る人は少ないかもしれません。高校を卒業したら大学や専門学校へ行きたいけど、それから先のことはよく分からない……というのが本音かもしれません。大学や専門学校へ進学した先に、多くの学生が望む就職活動と聞いても、そもそも会社で働くイメージなんてなかなか湧いてきませんよね。

そこで会社員って一体何をするのか、高校生に知ってもらおうと、9月6日(水)マイナビ社内で行われたイベント「進学のその先を体験する1日」に、静岡県・富士市立高等学校の1年生120名に参加いただきました。メインイベントでは、進路のミカタのゆるキャラ作りに挑戦! 一体どんなキャラクターが誕生したのでしょうか。

「進路のミカタ」のゆるキャラをみんなで考えよう

ゆるキャラを作る前に、営業・システム・編集と職種の異なる仕事をしているマイナビ社員から仕事の話とゆるキャラづくりのアドバイスを聞き、キャラクターを作る手掛かりを得た高校生たち。

各チームは、スマホで進路のミカタを見ながら、どういうキャラクターがいいか、アイデアを出し合っていました。中には白熱した議論を展開しているチームも。つい数分前に見たキャラクターとは別の図案になっていたチームの生徒に話を聞くと「さっきのは却下になりました」と思わず苦笑い。

「残り時間10分です」の声がかかると、チームのメンバー総出で図案を完成させるべく、一生懸命に色を塗っていきます。チーム名やゆるキャラのタイトル、ゆるキャラのねらいも考えなければいけないため、一気に慌ただしい雰囲気になっていきました。

予選を勝ち抜き、栄えある優勝を勝ち取ったゆるキャラは?

まずは、座談会のグループ内にある4つのチームの中から、決勝に進む1チームを決定します。各グループに1名社員が審査員として入り、その中から選ばれた6グループが決勝のプレゼンテーションに挑みました。

6グループのプレゼンテーションが終わり、いよいよ1位と2位のチームが発表です。

2位は、文理選択で悩んでいる人に向けて作られたゆるキャラ「ふみちゃん、りっくん」が選ばれました。

2位になったキャラ「ふみちゃん、りっくん」

2位になったキャラ「ふみちゃん、りっくん」

文理選択に悩んでいる人に向けてという発想がとても良かったとの評価。本に見立てた文系のキャラクターふみちゃん、理科の実験に使うビーカーに見立てた理系のりっくん。二人ともかわいいですね。


栄えある優勝に輝いたのは「マイナビーンズ」。進路のミカタにかけた、親しみのわく正義の味方キャラです。なぜビーンズ(豆)にしたかを聞いてみると、『豆のように成長させてくれる正義の味方』という意味を込めたそうです。ゆるキャラ作りの企画意図をよく理解して作られたところが、高く評価されて、1位に選ばれました。

優勝したキャラ「マイナビーンズ」

優勝したキャラ「マイナビーンズ」

3人の違う豆顔の正義の味方がマントを着て並んでいる姿は、ホッコリしますね。

最後に、順位を決めなければならないから1位と2位を発表したけれども、どの作品も大差なく良かったとの講評がされました。高校生のユニークなアイデアをたくさん見ることができ、とても有意義で楽しい時間でした。

<参加した生徒の感想の一部>
・(会社で働くイメージが変わり)普通の企業で働くのもいいと思いました。
・1つの仕事がいろいろな人の努力で出来ていることがわかりました。
・プレゼンはとても緊張したけど、皆の前で発表して伝えるということがとても難しいこととわかり、とてもよい経験になりました。


高校生活が始まったばかりの1年生120名が集まった今回のイベント。まだ初々しさを残しながらも、大学や専門学校を卒業したあとの進路について、真剣に考えているのには驚きました。ゆるキャラ作りでは、チームみんなで協力し合って、笑いながら作業をしている姿がとても印象的でした。またプログラム終了後には、早くも大学卒業後、具体的に就職したい会社の相談をする人も。将来、今日参加した生徒の皆さんと一緒に仕事ができることを楽しみに、大人も未来を楽しみにしています。

【取材協力】
静岡県・富士市立高等学校