【シゴトを知ろう】衣装・ワードローブ・コスチュームデザイナー 編

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

【シゴトを知ろう】衣装・ワードローブ・コスチュームデザイナー 編

2017.10.27

提供元:マイナビ進学編集部

【シゴトを知ろう】衣装・ワードローブ・コスチュームデザイナー 編

舞台の登場人物たちの衣装やテレビの歌番組での歌手の衣装は、演目の世界観をつくる大切な要素の一つ。その衣装に携わるのが、衣装・ワードローブ・コスチュームデザイナーです。
今回は、舞台やオペラ・バレエの衣装をはじめ、国際的競技大会の聖火衣装や、大みそかの紅白歌合戦で披露され話題をさらった大掛かりで豪華な衣装など、多数の作品を手掛ける桜井久美さんにお話を伺いました。

この記事をまとめると

  • 演目によって、いろいろな歴史、国をイメージしながら創作する楽しさがある
  • 演出家・スタッフたちのイメージをデザインとしてまとめることも大事な仕事
  • 舞台が好きで新しいことにチャレンジできる、前向きな性格の人が向いている

客席から「衣装がよかった」と言ってもらえるときは疲れも飛んでいく

Q1. お仕事の概要と、一日のスケジュールを教えてください。

演目によって異なる部分もありますが、まず演目の演出意図を確認し、台本を読み取り登場人物の服装をデザインします。その後演出家などスタッフとのデザイン確認ができたら、制作発注をします。

各制作者にデザイン意図を説明し、素材探し、素材づくり(染・織物・他のテキスタイル技術)、衣装模型(トワル)の制作を行っていきます。制作後は、各役者(またはシンガー、ダンサーなど)との衣装合わせをします。微調整などをした後、舞台衣装付き稽古で動き・照明との親和性などを確認し、完成です。

現在は衣装デザインだけでなく、衣装作家(現代アート展参加作品の制作など)・衣装スーパーバイザー・展覧会空間デザイン・衣装コーディネーターなどの仕事や、大学などでの講師の仕事もしています。

<一日のスケジュール>(オペラ衣装に携わっている日の一例)
10:00 始業・稽古場にて衣装合わせ
13:00 衣装手持ち小道具チェック 
14:00 衣装の脱ぎ着稽古指導
17:00 アトリエにて衣装制作打ち合わせ
18:00 被り物、アクセサリー制作等
21:00 衣装についてまとめ 
22:00 大学にて学生の作品チェック
22:30 終業


Q2. お仕事をされる中で、やりがいや楽しさを感じるのはどんなときですか?

舞台は非日常的な空想、想像の世界です。演目によっていろいろな歴史、国に思いを馳せながら創作するのが楽しいです。

大きなやりがいを感じるのは、そうして携わった舞台について、観客から「衣装がよかった」と感想をいただいたときです。衣装制作には苦労もありますが、その瞬間全ての疲れが飛んでいくのを感じます。


Q3. お仕事の中で大変さや苦労を感じるのはどんなときでしょうか?

大変なことというと、それぞれ衣装に関して個別のイメージを持っている演出家・スタッフ・出演者の考えをまとめることでしょうか。ただ、それをつらいと感じることはないです。

大学在学中にパリのオペラ座で仕事をしたことを機に、現在の道へ

桜井さんが代表を務める「アトリエヒノデ」での衣装製作の様子

桜井さんが代表を務める「アトリエヒノデ」での衣装製作の様子

Q4. 現在のお仕事を志すようになったきっかけを教えてください。

私は高校卒業後、美術大学に進学し舞台美術を専攻しました。そして在学中にパリのオペラ座で衣装製作の仕事をさせていただいたことがきっかけとなり、素晴らしい舞台衣装に憧れ、卒業後の仕事として続けたいと考えるようになりました。


Q5. 今の仕事のために、どのようなことを学びましたか?

美術大学を卒業した後、パリ・オペラ座の衣装部の門戸を叩き、そこで衣装について全般的に学びました。その後はロンドンでオペラやバレエ・芝居などの衣装・装置デザイン制作を行うアトリエに入り、ヨーロッパ各地の劇場で仕事をしました。


Q6. 高校生のとき抱いていた夢が、現在の仕事につながっていると感じることはありますか?

幼い頃から絵を描くのが好きで、将来は絵を描く仕事をしたいと思っていました。また幼い頃から舞台を見る機会が多く、自分もその世界に関わりたいと思ったことから、高校生で進路を考えたとき舞台美術を学ぶことを決め、それが現在につながっています。

自分を信じ、何でもチャレンジだと思って行動してほしい

Q7. どういう人が衣装・ワードローブ・コスチュームデザイナーに向いていると思いますか?

舞台を見ることが好きで、研究が好きな人です。常に新しいことに一生懸命チャレンジできる、多少の事でめげない前向きな性格の人が向いていると思います。


Q8. 高校生に向けたメッセージをお願いします。

自分を信じて、なりたい姿を強く思えば夢は叶うと信じています。何でもチャレンジだと思って行動し、たくさん絵や舞台、映画などを観て、目から栄養を吸収してください。

衣装デザイナーの仕事を目指すなら、なるべくコミック的なものではなく写実的な描き方で人を描く習慣をつけましょう。場所は電車、学校、公園などどこでも構いません。さまざまな人を描いてみてください。



現在の仕事を始めて以来、国内外で多方面の演目の衣装を手掛けてきた桜井さん。その活躍は、桜井さんご自身が自分を信じて前向きに、努力を惜しまず行動してきたからこそのものなのでしょう。

桜井さんのお話から衣装デザインの仕事に興味を持った人は、日頃目にするテレビ番組や雑誌でも、特に衣装に注目してみたり、桜井さんのメッセージを参考に公園などでいろいろな人をスケッチしてみると、さらに衣装の世界への理解が深まりそうですね。


【profile】「アトリエヒノデ」代表取締役 衣装デザイナー・衣装スーパーバイザー 桜井久美

この記事のテーマ
ファッション」を解説

ファッションの専門知識や業界のビジネスノウハウを学び、感性やセンス、基礎技術を磨きます。作品の発表会や学外での職業実習などを通して職業人としての実践力を身につけるほか、資格取得を目指すカリキュラムもあります。仕事としては、素材づくりや縫製など「つくる仕事」と、PRや販売促進などファッションビジネスに関わる仕事に分かれます。

「ファッション」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「衣装・ワードローブ・コスチュームデザイナー」
はこんな仕事です

映画や舞台、ショーの衣装デザインなどを行う仕事。歴史物作品やファンタジー作品では、その作風や演出コンセプトに従って衣装を創作する。まずはストーリーや脚本、監督の意図する世界観をしっかりとつかむこと。プロデューサー、監督、演出、舞台美術の担当者と打ち合わせを重ね、出演者の身体を採寸し、キャラクターに合った動きやすいデザイン開発を行う。歴史物では時代考証が、ファンタジーでは独創性が必要。美術系大学、服飾専門学校で被服や舞台美術を学び、エキストラの衣装などを担当しながら経験を積み上げる。

「衣装・ワードローブ・コスチュームデザイナー」について詳しく見る