医療機器を使ってリアルな手術体験 リケジョイベントをレポート

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

医療機器を使ってリアルな手術体験 リケジョイベントをレポート

2017.09.11

提供元:マイナビ進学編集部

医療機器を使ってリアルな手術体験 リケジョイベントをレポート

理系の女子学生や女性研究者を指す言葉「リケジョ」。皆さんも一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。でも理系って難しいから、私には関係ない……と思っている人も多いかもしれません。

そんな女子中高生に「リケジョになるってこんなに楽しい」と知ってもらうためのイベント「女子中高生サイエンスツアー2017」が8月24日(木)に行われました。

この記事をまとめると

  • 「理系の楽しさを知ってほしい」という目的のツアー
  • 医療関係者のためのトレーニングセンターで6つの手術体験
  • 理系志望の参加者が多い中でも、文系志望の生徒も

手術着に着替え気分も盛り上がる。最新医療器具で、外科手術体験

医療に携わる人たちが最新の医療機器を安全に使えるよう、トレーニングする「Johnson & Johnson Institute(東京サイエンスセンター)」という施設があります。今回この場所で、理系学部で学び・働くことの魅力について実体験を通して学ぶイベントが行われました。

イベントに参加した約80名の女子中高生たちは手術着に着替え、グループごとに6種類の模擬手術が体験できる部屋へ移動しました。脳神経外科手術で使う医療器具を実際に手に取って使ってみたり、傷口を縫い合わせる縫合を体験したりとかなり本格的。最初は緊張の面持ちだった生徒たちも、次第に器具の使い方に慣れて、鮮やかに医療機器を扱っていました。

患者の負担を減らす、腹腔鏡下手術

中でも参加者が苦戦しながらも楽しんで取り組んでいたプログラムの一つが、腹腔鏡下手術の体験。以前腸などの手術をする際は、お腹を数十cm切って、開腹手術をする必要がありました。その場合患者にかかる負担は大きく、術後の入院期間も長い傾向がありました。それに比べて腹腔鏡下手術は、お腹に小さな穴を4カ所開け、モニターを見ながら手術を行います。この手術の良いところは、術後の痛みが少ないことや回復が早いこと。人によっては2日から3日ほどで退院できることもあるのだそうです。

今回はこの腹腔鏡下手術の体験として、4カ所の穴から器具を差し込み、胃に見立てたシリコンの一部を切除したり、ビー玉を移動させるなどの繊細な作業に挑戦していました。

「理系って楽しいかも」手術体験で、理系への興味が大きくなる

実際に手術体験をした高校生に感想を聞いてみたところ「普段経験できないことなので、とても楽しかった」という声を多く聞くことができました。

医療や薬学など、理系の世界へ進みたいと考える女子中高生が多い中、「将来は法律の仕事につきたいと思っているが、医療訴訟に関わるかもしれないので今回のイベントに参加した」と語る高校2年生の姿も。

また、理系に進もうか文系に進もうか悩んでいるという高校1年生は、「今回のイベントに参加して理系って楽しいなと感じました。理系に進もうかな」とリケジョへの関心が高まったようです。

将来は理系に進むと決めている女子中高生はもちろんのこと、文系志望の生徒も参加していた今回のサイエンスツアー。普段の生活では味わうことができない最新医療器具を使った手術体験には、緊張しながらも楽しむ女子中高生の姿がありました。「やってみたら意外に上手くできた。理系に向いているかも」とにっこり笑う女子高生の姿が印象的でした。

医療分野の仕事には医者や看護師だけではなく、手術の時に使う器具を作る人・販売する人・使い方を教える人……など、さまざまな立場の人がいます。医療系に進みたいと漠然と考えている人は、他にもどのような仕事があるのか、詳しく調べてみてはいかがでしょうか。

【取材協力】
ジョンソン・エンド・ジョンソン 株式会社 
Johnson & Johnson Institute(東京サイエンスセンター)

この記事のテーマ
医療・歯科・看護・リハビリ」を解説

医師とともにチーム医療の一員として、高度な知識と技術をもって患者に医療技術を施すスペシャリストを育成します。医療の高度化に伴い、呼吸器、透析装置、放射線治療などの医療・検査機器の技師が現場で不可欠になってきました。専門的な技術や資格を要する職業のため、授業では基礎知識から医療現場での実践能力にいたるまで、段階的に学びます。

「医療・歯科・看護・リハビリ」について詳しく見る