就職に有利な大学に進学しないと、いい会社に入れない?~進路のミカタ知恵袋~

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

就職に有利な大学に進学しないと、いい会社に入れない?~進路のミカタ知恵袋~

2017.10.10

提供元:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

就職に有利な大学に進学しないと、いい会社に入れない?~進路のミカタ知恵袋~

Q. なぜ大卒者の3割が3年で会社を辞めるんですか? 就職に有利な大学に進学しないと、いい会社に入れませんか?

A. 自分にとってのいい会社を考えよう

就職後3年以内に会社を辞めてしまう新卒の新入社員は、3割ほど(※)といわれています。すぐに仕事を辞めてしまう理由として多いのが、「仕事内容が合わない」というもの。つまり、入社前の理想と入社後の現実にギャップを感じて離職していると考えられます。

※厚生労働省|新規学卒者の離職状況(平成25年3月卒業者の状況)

【いい会社とはどのような会社?】
まず、自分にとってのいい会社とはどのような会社なのか考えてみましょう。「知名度のある大企業」「給料の高い企業」などと答える人もいるかもしれませんが、好きな仕事ができる、仕事と休暇のバランスが取りやすい、スキルアップや結婚・育児の支援が充実しているなど、将来に目を向けた上で自分に合った働きやすい会社がいい会社だといえるのではないでしょうか。

大事なのは、さまざまな職業や業界に興味をもち、自分に合った仕事や働き方を見つけることです。大学卒業まで、専門分野や関連する分野をしっかり学び、課外活動などで社会経験を積んで、自分で考えて行動できる社会人になる準備を進めていきましょう。周りの評判ではなく、自分にとっていい会社や働きたい仕事を見つけてください。

【将来就きたい仕事について考えてみよう】
就職率の高さを掲げる大学は多いですが、必ずしもそのような大学に入学しなければいい会社に入れないわけではありません。また、入試難易度の高い大学、有名な大学の学生が会社などに採用されやすい、という話を聞きます。学歴や出身校による選抜を行っている企業も、実際にはあるようです。しかし、すべての企業や団体(官公庁を含む)がそのような採用選考を行っているわけではありません。

質問者さんは、「就職に有利」であることを気にされていますが、まずは将来やりたい仕事について考えてみることが大切。大学への進学よりも、専門学校へ進学するほうがスキルを身に付けやすくなるということもあります。就職率が高い=自分のやりたい仕事に就けるわけではないので、自分の興味のある仕事について考えてみてください。

【回答者:進路のミカタ編集部】