同じ中学からの友達が少なく、高校で孤立している。どうすれば友達ができる? ~進路のミカタ知恵袋~

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

同じ中学からの友達が少なく、高校で孤立している。どうすれば友達ができる? ~進路のミカタ知恵袋~

2017.10.16

提供元:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

同じ中学からの友達が少なく、高校で孤立している。どうすれば友達ができる? ~進路のミカタ知恵袋~

Q. 高1です。進学した高校は同じ中学から入った友達が少ないため、孤立しています。どうすれば友達ができますか?

A. 明るい雰囲気を心掛け、自分から積極的に話しかけてみよう

友達を焦って作ることはありません。クラス全体や周りの様子を見て、自分に合う友達を少しずつ探してみてください。

【自分から積極的に行動してみよう】
中学校が同じだった友達が、新しい学校にいないと不安になるかもしれません。しかし、高校生活はまだ始まったばかり。日頃のクラス活動や部活動、クラスの人との会話の中で、お互いの性格が見えてきて、友達を作るチャンスが生まれてきます。新しいクラスでの友達のつくりかたのコツをご紹介するので、ぜひ実践してみてください。

1. いつも笑顔で明るい印象に
入学当初は、不安や緊張で顔がこわばってしまいがち。表情が怖いと近付きづらいので、あまり構えずにニコニコと笑顔でいましょう。自然と誰かが話しかけてくれるはずです。

2. 隣や後ろの席の人に話しかけよう
友達が欲しいなら、声をかけられるのを待っているだけではなく自分から話しかけてみましょう。まずは席が近い人にあいさつすることから始めてみてはいかがでしょうか? 「今日は暑いね」「家はどの辺?」など相手が答えやすい質問から始めれば、どこかで共通点が見つかり、会話が弾むかもしれません。

3. 話しかけやすそうな人を見つける
一人でも話しかけやすそうな人が見つかれば、その人から徐々に友達の輪を広げていくことができるかもしれません。新学期の最初は自己紹介の時間などがあり、クラスにどんな人がいるかを知るチャンスがあります。自分と趣味の合いそうな人を見つけて、話すきっかけを自分から作ってみましょう。


新しい環境で人間関係を一から作ることは、大人になる上で大切な経験です。あまり緊張せず、焦ることなく友達作りに励んでみてくださいね。

【回答者:進路のミカタ編集部】