【シゴトを知ろう】環境コンサルタント ~番外編~

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

【シゴトを知ろう】環境コンサルタント ~番外編~

2017.09.28

提供元:マイナビ進学編集部

【シゴトを知ろう】環境コンサルタント ~番外編~

「【シゴトを知ろう】環境コンサルタント 編」では株式会社オオスミの飯島政明さんに仕事の内容や、省エネの改善策の練り方について教えていただきました。

企業によっては省エネに対して強い意識を持たないこともあるようですが、そんなとき環境コンサルタントの方はどのような提案をしているのでしょうか? 今回の番外編では企業に対する提案方法や、環境コンサルタントならではの「あるある」について伺いました。

この記事をまとめると

  • 街中で設備が古い建物を見ると省エネの方法について考えてしまう
  • 省エネに前向きではない企業には省エネで経費が削減できるとアプローチ
  • 企業が遵守すべき法令は多くあり、企業も認識しきれない場合がある

プライベートでも建物を見て、設備のチェックをしている

――環境コンサルタントならではの「休日あるある」やついしてしまう癖はありますか?
 
休日に外出すると、その先々でつい施設の設備へ目を向ける癖が付きました。ビルを見ると屋上にはエアコン用の室外機や煙突があるのかと観察しますし、室内に入ればエアコンの室内機や照明の設備を確認してしまいます。設備の機種が古いと分かると、この事業所はまだまだ環境に対して、負荷を軽くする方法があるなとその施設に対して有効な省エネ対策について考えてしまいます(笑)。
 
 

電気、ガスの料金面から省エネの必要性を説くことも

――省エネに対して消極的な企業へ提案をする際、どのような方法をとっていますか?

省エネはエネルギーを減らし、環境への負荷を軽減できるだけではなく、企業の支出を抑制できるという説明を行います。企業の電気、ガス代がかさむ理由は、社員の省エネに対する意識による部分が大きいのです。自宅だと個人宛に請求書が届きますので、請求額が高ければ省エネしようと思います。しかし会社では長時間電気を点けても、エアコンを使っても、自分に請求書が届かないので、どれだけのエネルギーを使っているのかが分かりません。そのため消費するエネルギー量を抑えようという考えに至らないのです。ですので、省エネを行うことで継続して電気、ガス料金を削減できるという説明は、企業の省エネへの意識を変えるための有効な提案になります。


――省エネの知識が仕事以外で役立ったエピソードがあれば教えてください。

私は休日に地域の社会貢献活動として少年サッカーのコーチをしているのですが、子どもに環境について話をしたことがあります。ペットボトルを捨てるときに、「リサイクルのために、キャップとラベルはボトルと分別して捨てるんだよ」などと教えると、子どもがその話を自慢げに妹や弟に伝えていました。その姿を見て、私が知っている環境に関する情報を知らない人はまだ多く、若い世代に伝える大切さを実感しました。
 
 

法令を確認し、企業が見落としていた部分を再確認した

――仕事の中で一番の思い出や、達成感を感じたエピソードを教えてください。

ある企業へ環境に関する法令の遵守状況を確認しに伺った際は、事前の準備を入念に行いました。最新の法令について本やインターネットで調べ、訪問先の企業に該当する条例についても調査をしたのです。訪問をしてみると、企業としてはこれが普通だと思っていたことが、法令から見ると間違っていると判明しました。

法令は企業が土地を購入し、建設するときから遵守する必要があります。しかし工場立地法に始まり、建設地域から取り扱う製品によってさまざまなルールがありますので、次第に認識しきれなくなります。複雑ではありますが、企業の設立当時からさかのぼって調べると変革した法令内容が確認できました。時系列で内容を追うことで見落としていた部分に気付き、訪問した企業は行政へ届出の必要があったと分かったのです。事前準備をしていたことで対処ができたため、お客様にも大変喜んでいただけました。
 
 
環境コンサルタントは環境に関する知識だけではなく、設備や法令の知識も求められるのですね。日々新しい機器が開発されたり、法令が改正されたりするため、新しい情報を得ることも重要になりそうです。

皆さんもニュースや新聞などのメディアを活用して、最新情報を収集する癖をつけてみてはいかがでしょうか? 新しい情報を仕入れることで、意外なことを知ることができるかもしれませんよ。
 
 
【profile】株式会社オオスミ 調査第二グループ 飯島政明

この記事のテーマ
環境・自然・バイオ」を解説

エネルギーの安定供給や環境問題の解決など、自然や環境を調査・研究し、人の未来や暮らしをサポートする仕事につながります。また、自然ガイドなど、海や山の素晴らしさと安全なレジャーを多くの人に伝える仕事もあります。それぞれ高い専門性が求められる職業に応じて、専門知識や技術を学び、カリキュラムによっては資格取得や検定も目指します。

「環境・自然・バイオ」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「環境コンサルタント」
はこんな仕事です

主に環境コンサルティング会社に勤務して、公的機関や民間企業、団体からの依頼を受けて環境保全に関わる調査・予測・解析を実施し、指導やアドバイスを行う仕事。依頼によっては環境対策の企画立案をしたり、事業の推進役として業務管理に携わったりすることもある。たとえば、行政機関が環境政策を実施する際や、民間企業の工場が環境負荷の少ない工程を検討する際などに依頼を受け、現状を調査・分析した上で対策立案を行う。環境保護と開発事業とのバランスの取れた社会づくりに欠かせない仕事である。

「環境コンサルタント」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける