手のひらでお金を引き出す? 新しい銀行サービスとは

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

手のひらでお金を引き出す? 新しい銀行サービスとは

2017.09.20

提供元:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

手のひらでお金を引き出す? 新しい銀行サービスとは

コンビニのATMが当たり前となったように、銀行のサービスは私たちの生活に合わせて進化を続けており、スマホの登場も加わって、ますます便利になってきています。今回は、新たに登場した、銀行のユニークな取り組みをご紹介します。

この記事をまとめると

  • 手のひらがキャッシュカード代わりになるATMがある
  • スマホで支払いできたり、割り勘もできる「LINE Pay」
  • 便利かつ安全なお金のやりとりは、ますます広がっていきそう

キャッシュカードいらず。手のひらをかざせばお金が引き出せる?

岐阜県にある大垣共立銀行では、「手のひら認証ATM“ピピット”」というサービスを始めました。

これは全国初の試みで、生体情報(手のひら静脈情報)を事前に登録すれば、自分の手のひらがキャッシュカードの代わりになるというサービスです。使用方法は、認証装置の上に手のひらをかざして生体情報を読み込み、生年月日や暗証番号を入れるだけ。とても簡単に操作ができます。この手のひら認証があれば、キャッシュカードを持ち歩く必要がないので、落とした時に誰かに悪用される心配もなくなりますし、災害が発生して急に避難しなければないようなときでも、キャッシュカードなしで銀行のATMが利用できるようになります。

手のひらで本人確認ができる技術のおかげで、キャッシュカードが不要になり、銀行の利用がより便利で安全になりました。

スマホがあれば、お財布が必要なくなるかも?

皆さんもよく使っているであろうLINEにも、お金にまつわるサービスがあります。それは「LINE Pay」というスマホのお財布サービス。前もってチャージしておけば、加盟店での買い物がLINE Payでできるという仕組みで、スマホをお財布のように使うことができるのです。口座番号なしで簡単に送金ができるようになるので、友達とご飯に行ったときに送金機能を使えば、現金を持たずに割り勘をすることも可能。小銭が無くて割り勘できないときなどに、とても便利です。

LINE Payは、LoppiやFamiポートなどのコンビニ端末でチャージができる他、提携銀行の口座からチャージすることも可能です。みずほ銀行や三井住友銀行などのメガバンクに加え、山形や秋田などの地方の銀行もLINE Payとの提携を始めています。提携銀行の口座を持っていると、設定した金額を下回ったら自動的にチャージされる、オートチャージが使えるようになるので、一回一回チャージに行く必要もないのだそう。銀行がLINE Payと連携することで、便利なサービスが広がっているのですね。

銀行の窓口で通帳と印鑑でお金を引き出すのが一般的だった時代に比べると、最新の技術を利用してお金の扱い方はよりスマートに進化していることが分かりました。銀行は預金を集めたり企業への融資をしたりといった業務を行っていますが、いろいろな人が便利にお金を使えるよう時代に合わせたサービスを展開しています。銀行を利用するとしたら、どういったサービスがあれば更に便利になるか、銀行業界の未来について考えてみるのも面白いのではないでしょうか。

企業や個人の間での資金の仲介をするのが、銀行・証券業界。今回紹介したのは銀行の取り組みでしたが、証券・株式・債権を扱う証券会社についても、どのような新しいサービスが行われているのか、調べてみてはいかがでしょうか?


【参考文献】
LINE|LINE Payって?
https://line.me/ja/pay

荘内銀行|電子マネーチャージ
https://www.shonai.co.jp/kojin/benri/e-money.html

北都銀行|「LINE Pay」への電子マネーチャージ機能の提供開始について
https://www.hokutobank.co.jp/news/pdf/20170725.pdf

時事ドットコム|LINE Pay、荘内銀行・北都銀行と連携
https://www.jiji.com/jc/article?k=000000762.000001594&g=prt

大垣共立銀行|手のひら認証ATM“ピピット”
https://www.okb.co.jp/personal/conveni/seitai.html

マイナビニュース|大垣共立銀、手のひら認証だけで口座開設 - 全国初導入へ
http://news.mynavi.jp/news/2016/09/16/112/

この記事のテーマ
金融」を解説

おカネ(資本)の流れを円滑にし、経済を活性化させる仕事。企業や公共団体、個人から集めたおカネを、設備投資や商品購入のために必要としている先に融通します。おカネそのものを扱う銀行、資産運用を目的とした信託銀行、株式や債券などの証券を扱う証券会社、保険商品を開発・販売する保険会社などが含まれます。現在は電子化が進み、世界の市場でリアルタイムに取り引きが行われています。

「金融」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「銀行・証券」
はこんな業界です

資金を必要としている企業・個人と、資産を運用して増やしたい企業・個人の間で、お金のやり取りを仲介するのが銀行・証券業界である。銀行は企業・個人から預金を集めて、資金を必要としている企業・個人に貸し付けることが主な業務。都市銀行の合併などによりできた巨大資産を持つ銀行を「メガバンク」と呼ぶ。個人や中小企業向けのリテール(小口金融業務)を中心に行う銀行もある。一方、証券は株式や債券を売りたい企業・個人と、買いたい企業・個人(投資家)の売買を仲介することが主な業務だ。

「銀行・証券」について詳しく見る