4Gの次は5G! もっと便利になる、新たな通信システム

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

4Gの次は5G! もっと便利になる、新たな通信システム

2017.09.15

提供元:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

4Gの次は5G! もっと便利になる、新たな通信システム

私たちの生活に欠かせないアイテムの一つであるスマホ。どこにいても家族や友だちと連絡が取れますし、SNSなどを通じて今の自分の状況をリアルタイムで発信することもできます。通信技術の発達によって遠隔であらゆる情報のやり取りが可能になりましたが、現在、通信業界ではより便利で安定した通信システムの開発に取り組んでいます。

この記事をまとめると

  • 2020年ごろには「5G」という新しい通信規格が一般的になる
  • VR(バーチャル・リアルティ)コンテンツ実現のためにも5Gは不可欠
  • 通信の高速化によって、国民一人ひとりの生活はより便利になる

スピードと安定性が求められる通信の世界

スマホなどで人と連絡をとるとき、私たちは通信技術を使っています。現代では、児童から高齢者まで幅広い世代の人たちがスマホやパソコンを使うようになったこともあり、より速く、安定的に膨大な量のデータを送受信できる通信環境が求められるようになりました。

現在、総務省は2020年の東京五輪に向けて、さらなる通信整備の強化に取り組んでいます。そんな中、大手通信各社は従来よりも大容量のデータを、低コストかつ省エネルギーで通信する「第5世代移動通信システム」の研究開発をスタートしました。

この第5世代移動通信システムは、通称「5G」と呼ばれています。GとはGeneration(ジェネレーション=世代)の頭文字を取った通信規格の総称で、現在の携帯端末に使われているのは「3G」または「4G(一部はLTEと呼ばれている)」です。手持ちの携帯電話やスマホの電波強度を示す表示(アンテナのマーク)を見ると、自分が現在どちらの通信規格を使っているのか表示される機種もあるのでぜひ確認してみてください。

Gは数字が上がるほど高性能になるのですが、新たに登場する5Gでは、通信できるデータ容量は4Gの1,000倍に上がると見込まれています。

5Gで、より便利な産業システムやサービスが可能に!

5Gの実用化に向けた各社の取り組みについて、大手通信各社の例を見ていきましょう。

ソフトバンクグループ株式会社は2016年9月より、東京・大阪・北海道の一部地域で、5Gによる一般消費者向けサービスを開始しました。基地局に大量のアンテナを設置し、ユーザー一人ひとりにより多くの専用電波を割り当てることで、よりスムーズな通信を実現。人が多く集まる繁華街や駅周辺、コンサート会場などで快適な通信環境を提供することも可能になりました。

KDDI株式会社(以下KDDI)は、セコム株式会社と共同でセキュリティーシステムの向上に向けた実証実験を実施。5Gによって監視カメラからの映像を、高速かつ途切れることなく受信できるようになることを目指しています。

さらにKDDIは、株式会社大林組や日本電気株式会社などと手を組み、建設機械の遠隔操作を行う実証実験も始めています。製造現場や建設現場、災害復旧現場といった危険が伴う場所での作業も、5Gを使って機械を遠隔操作することでよりスムーズに行えるようになりそうです。

他にも5Gの普及によって、ゴーグルを装着して仮想現実の世界を楽しむ「VR(バーチャル・リアルティ)」がより現実的なものになることが予想されます。従来の4Gでは安定したデータの送受信が難しかったのですが、より高度な通信システムである5Gの実用化が進めば、もっと私たちの身近なところで使えるようになると期待されています。今後どんな驚くべきテクノロジーやサービスが登場するのか、通信システムの進化からますます目が離せません。

今では世界中どこにいても情報や物がネットワークでつながる時代となりました。通信について知ることは、将来きっと皆さんの役に立ってくれることでしょう。通信システムを通じて新たな感動を生み出してみたい人は、通信業界を目指してみてはいかがでしょうか? 


【参考文献】
総務省|電波政策 2020 懇談会 報告書(案)
http://www.soumu.go.jp/main_content/000423012.pdf

SoftBank |5G PROJECT
https://www.softbank.jp/mobile/special/5g-project/

KDDI|セコム・KDDI、次世代移動通信システム「5G」の技術実証で提携
http://news.kddi.com/kddi/corporate/newsrelease/2017/02/22/2331.html

KDDI|KDDI・大林組・NEC、5Gを活用した建設機械による遠隔施工の実証実験を開始
http://news.kddi.com/kddi/corporate/newsrelease/2017/05/16/2446.html

ITPro Special|走り始めたVRビジネス パートナーと描く理想の未来とは?
http://special.nikkeibp.co.jp/atclh/ITP/17/nttdocomov0307/

この記事のテーマ
ソフトウエア・通信」を解説

コンピュータやスマホで使うアプリケーションやシステムを開発したり、インターネットや無線通信を管理・運営するなど、デジタル技術による製品やサービスを提供する業界です。ウィンドウズやマックOSなどの基本ソフトを開発したり、通信ネットワークを維持・管理したりするグローバル企業から、少数精鋭の技術者集団まで企業規模はさまざま。いずれも、ITの可能性を広げる最前線を担う業界です。

「ソフトウエア・通信」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「通信」
はこんな業界です

固定電話や携帯電話・スマートフォン、インターネットと、これらは通信業が提供する情報通信サービスの代表。すでに現代では定着しているインターネットはさまざまなツールを提供する。なかでも普及が高まるにつれ、連動したコンテンツの売り上げが大きいスマートフォンは、この業界のカギとなる。さらなるネットワークの充実とシェア拡大に向け、各社ではシステムエンジニアや、ネットワークエンジニアなど、専門職が活躍している。

「通信」について詳しく見る