空港で働きたい。大学と専門学校、どちらに進学すればいい? ~進路のミカタ知恵袋~

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

空港で働きたい。大学と専門学校、どちらに進学すればいい? ~進路のミカタ知恵袋~

2017.09.12

提供元:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

空港で働きたい。大学と専門学校、どちらに進学すればいい? ~進路のミカタ知恵袋~

Q. 将来、空港で働きたいと思っています。高校卒業後は大学に進学したいのですが、専門学校に進学したほうが就職に有利でしょうか?

A. カリキュラムや講座を比べて、自分に合った進学先を検討しよう

空港で働くといってもさまざまな仕事があり、大学・専門学校を問わず、目指す仕事によって進学先が変わってきます。進路を考えるときは、具体的にどんな職業を目指すかを決めることが先決です。

【空港での仕事にはどのようなものがある?】
空港では、さまざまな役割を持つプロフェッショナルが日々活躍しています。代表的な仕事をご紹介します。

・客室乗務員(CA)
客室乗務員の主な仕事は、機内食・ドリンクの提供や機内販売などの「サービス業務」と、急病人の救急処置や機内の安全を確保する「保安管理業務」の2つです。これらの仕事を通じて、乗客に安全で快適な空の旅を提供します。4年制大学を卒業する他、エアラインスクールに通って就職を目指す方法などがあります。

・グランドスタッフ
グランドスタッフは、空港に勤務し、利用客にさまざまなサービスを提供します。主な業務はチェックインカウンターでの接客です。グランドスタッフになるためには、エアライン系の専門学校で学ぶか、一般の大学や短大・専門学校で学んだ後に航空会社に就職するのが主なルートです。採用試験の際は、ある程度の語学力を求められることもあります。

・パイロット
航空機を操縦するパイロットは、航空管制官の指示に従いながら安全なフライトを行います。パイロットになるためには、大学から航空会社に就職して各社のパイロット養成訓練を受ける方法と、短大や専門学校を卒業した後に航空大学校へ入り、在学中にライセンスを取得する方法が一般的です。


航空会社の採用試験の合格は、実力と適性次第。大学への進学を考えるのであれば、大学の航空業界の就職試験対策講座を受ける、大学とは別にエアライン系の学校に通うなどの方法もあります。エアライン・旅行系の専門学校と大学のカリキュラムや講座を比べてみて、自分に合った進学先を決めてみてください。

【回答者:進路のミカタ編集部】