児童指導員になるには、どんな大学に進学すればいい? ~進路のミカタ知恵袋~

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

児童指導員になるには、どんな大学に進学すればいい? ~進路のミカタ知恵袋~

2017.09.12

提供元:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

児童指導員になるには、どんな大学に進学すればいい? ~進路のミカタ知恵袋~

Q. 児童指導員になるには、どのような大学に進学すればいいですか?

A. 児童指導員になるためには、「児童指導員任用資格」が必要

児童指導員とは、児童の生活サポートや教育的な支援を行う職員を指します。学習指導だけではなく生活上のアドバイスも行い、子どもたちが社会に巣立つための手助けをしていきます。活躍の場は、児童養護施設をはじめ、障害児施設、児童発達支援センター、児童家庭支援センターなど多岐にわたります。

児童指導員になるためには、「児童指導員任用資格」が必要になります。この資格を取得するには以下の方法があります。

・福祉・社会・教育・心理系の児童指導員を目指せる大学・学部を卒業する
・小・中・高のいずれかの教員免許を取得(級・教科不問)する
・厚生労働省が指定する児童指導員養成校を卒業する
・高校を卒業後、2年以上児童福祉事業に従事する

この他にも、「社会福祉士」や「精神保健福祉士」の資格を持っている人にも、児童指導員任意資格が与えられます。

児童指導員の資格は、あくまでも任用資格なので、ただ資格を持っているだけでは効力がありません。実際に仕事をするためには、希望する施設での児童指導員採用試験を受けて、採用・任命されなければなりません。実際に児童養護施設などで働きたいのであれば、その施設がある自治体の職員になる(=公務員採用試験に合格する)必要があります。

自分が将来どのような施設で働きたいのかを考えているのであれば、そこで働くにはどのような試験を受ける必要があり、どのような進路の選択肢があるのかをきちんと調べておきましょう。また、実際にその施設を見学させてもらうと、将来そこで働く自分の姿が明確に描けるかもしれません。

その他にも、志望する大学のオープンキャンパスや個別見学には積極的に参加し、先輩や先生に直接アドバイスをもらってみましょう。きっと進路選択の参考になるはずですよ。

【回答者:進路のミカタ編集部】