小学校と中学校の教員免許を両方取るにはどうすればいい? ~進路のミカタ知恵袋~

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

小学校と中学校の教員免許を両方取るにはどうすればいい? ~進路のミカタ知恵袋~

2017.09.12

提供元:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

小学校と中学校の教員免許を両方取るにはどうすればいい? ~進路のミカタ知恵袋~

Q. 小学校と中学校の教員免許を両方取りたいです。大学をどうやって選べばいいですか?

A. 教育大学・教育学部、総合大学のその他の学部。それぞれの特色を比較検討しよう

卒業までの4年間で2種類の教員免許を取る場合は、教員養成を目的とした教育大学、または教育学部への進学が望ましいでしょう。

【教員養成系を目的とした教育大学・教育学部への進学を検討したい】
教育大学や教職課程がある教育学部では、教員養成を目的にしたカリキュラムが組まれているため、その他の大学・学部と比較すると、教員免許を取りやすい環境があるといえます。卒業に必要な単位を取得すれば教員免許を取得できるため、大学在学中に教員免許取得を目指したい人はぜひ検討したい進学先です。

また、教育大学・教職課程がある教育学部における教職課程では、国語や英語、数学といった専門科目の学習だけでなく、生徒の指導方法などについても学ぶことができます。教員になるだけでなく、教育そのものについても知識を深めることができるのは、教育大学や教育学部の大きなメリットといえるでしょう。

ただし、2種類の教員免許を取るのであれば、履修しなければいけない科目が多くなるため、大学在学中の履修計画をきちんと立て、計画的に授業を受けていく必要があります。

【総合大学で教員免許を両方取ることはできる?】
総合大学の他の学部の中にも、小学校と中学校教員の教職課程を設けている大学・学部はあります。制度上、両方の教員免許を取ることができますが、文学部や社会学部といった教育以外の学部・学科を選ぶと教職課程以外の履修科目が増えるので、4年間で2種類の教員免許を取得するのが難しい可能性があります。

また、小学校の教員免許を取得するための教職課程がない大学・学部もあります。そのような進路を選んでしまうと将来、思い通りの仕事に就きづらくなってしまう可能性もあるので、各大学・学部の科目・カリキュラム・課程についてはよく調べ、比較検討するようにしましょう。


小学校と中学校の教員免許を取得して、将来は小学校と中学校でそれぞれ教えられるようになりたい、と将来目指す姿が明確な人は、教育大学や教育学部への進学がおすすめです。気になる大学が見つかったら、そこでどのような勉強ができるのかを調べ、進学へのイメージを膨らませていきましょう。

【回答者:進路のミカタ編集部】