テレビや雑誌の仕事がしたい。どんな学校、学部・学科を選べばいい? ~進路のミカタ知恵袋~

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

テレビや雑誌の仕事がしたい。どんな学校、学部・学科を選べばいい? ~進路のミカタ知恵袋~

2017.10.26

提供:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

テレビや雑誌の仕事がしたい。どんな学校、学部・学科を選べばいい? ~進路のミカタ知恵袋~

Q. 将来は、テレビや雑誌などメディアに関わる仕事がしたいです。どんな大学、学部・学科を選べばいいですか? 専門学校からでは就職できませんか?

A. 自分が目指す職種を考え、それに関連する学校、学部・学科を選ぼう

まずは、どの職種を目指すかをしっかりと見定めることが大切です。
職種、業界やビジネス、就職事情をよく調べ、自分が目指す職種に関連する学校、学部・学科を探してみましょう。

【どのようにメディアに携わりたいかを考える】
「メディア」と一括りにいっても、媒体はテレビ・新聞・雑誌・インターネットと多岐に渡ります。また、それらに携わる学問や学部、学科もさまざまです。メディアによってどのような学問があるのかをご紹介します。

■メディア学
メディア学の授業には、コンピュータグラフィックスを扱い、音や映像の処理方法を学ぶ「メディア系」のコース、ネットワークプログラミングやセキュリティ、ソフトウェアの設計方法について学ぶ「コンピューター系」のコース、メディアリテラシーについての知識を深め、メディアの社会的役割について学ぶ「ジャーナリズム系」のコースなどの種類があります。名前を聞いただけではその学習内容が分からないことも多いので、志望する場合はコースについてよく調べることが大切です。

■マスコミ学
テレビやラジオ、雑誌、新聞、インターネットなどの主要なメディアの媒体を通じて、どのように情報を発信するか、どのようにコンテンツを作るかを学べる学問です。メディアの現場で活躍するプロが講師になることも多く、実際に使われている撮影施設や編集道具を使用しながら、実践的なスキルを身に付けることができます。

■社会学
社会の仕組みや働きについて研究し、学びを深めます。研究するテーマの自由度は高く、「家族」「芸術」「宗教」「教育」など、社会的な側面を持つものであれば何でも扱うことができます。最初は、研究を進めるのに必要な基本的な調査方法や理論について学び、文献を読んだりフィールドワークを重ねながら自分の考察を深めていきます。テレビや雑誌の報道を通じて社会について何かを伝えたいと考えている人にとっては、重要な学問だといえそうです。


まずは、メディアに関するさまざまな学問について調べ、やりたいことを見つけましょう。大学、専門学校の授業内容を比較し、特徴の違いを理解した上で、自分が学びやすい学校を探してみてくださいね。

【回答者:進路のミカタ編集部】

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける