推薦入試とAO入試は何が違うの? ~進路のミカタ知恵袋~

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

推薦入試とAO入試は何が違うの? ~進路のミカタ知恵袋~

2017.09.11

提供元:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

推薦入試とAO入試は何が違うの? ~進路のミカタ知恵袋~

Q. 推薦入試とAO入試の違いが分かりません。

A. それぞれの入試の特徴を知ろう

推薦入試とAO入試の違いについて明確に分からない方もいると思います。それぞれの特徴について解説しますので、志望校の受験を考える際の参考にしてみてください。

【推薦入試とは?】
推薦入試の中にも、指定校・公募制・自己推薦などの種類があります。それぞれの特徴を説明します。

■学校長からの推薦が必要!
公募制推薦入試は、学校長からの推薦があり、各大学が定める生徒像に合った条件を満たす生徒であれば、誰でも応募ができる入試制度です。書類審査の他、面接試験や小論文試験が課せられることもあります。

■学校側からの推薦は不要!
自己推薦入試は、学業成績の他に、部活動の実績や、習得した資格、ボランティア活動といった活動において優秀な実績がある場合に、評価の対象となることがあります。学校側からの推薦が必要ないのが特徴です。

■大学からの推薦枠が必要!
指定校推薦入試は、大学側が高校を指定し、一定の推薦枠を設定する入試制度です。大学が定める評定が平均値以上などの基礎学力が求められます。
高校側で学内選抜が行われる場合も多く、まずは学内選抜を勝ち抜く必要があります。併願や合格後の辞退はできないので、注意が必要です。選考方法は、書類審査・小論文試験・面接試験が主体となります。

【AO入試とは?】
AO入試は学校長の推薦状は求められませんが、大学が求める学生像「アドミッション・ポリシー」に基づき、書類選考(志望理由書)や面接、小論文、グループディスカッションなどさまざまな試験方式で、入学への強い意志や適性、資質などが問われます。複数回面接を実施する学校もあれば、書類選考を中心に選考を進める学校もあります。学校によって入試方法は異なるので、事前に調べておくことが大切です。


推薦入試を受けるにしてもAO入試を受けるにしても、なぜその学校へ進学したいのかを明確にしておかなければなりません。進路選択は人生を左右する大事な選択ですので、事前に学校についてよく調べ、入試対策をしっかりとしておきましょう。

【回答:進路のミカタ編集部】