社会人入試と一般入試の違いって何? ~進路のミカタ知恵袋~

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

社会人入試と一般入試の違いって何? ~進路のミカタ知恵袋~

2017.10.19

提供元:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

社会人入試と一般入試の違いって何? ~進路のミカタ知恵袋~

Q. 高校卒業後、一度就職して学費を貯めてから進学したいと考えています。社会人入試と一般入試の違いは何ですか?

A. 入学への強い意志や資質を重視する社会人入試

大学や専門学校の社会人入試は、入学への強い意志や資質を重視する推薦入試やAO入試を実施している学校が多いのが特徴です。具体的に試験にはどのような傾向があるのか、また、気になる学費の確保方法について紹介します。

【一番大きな違いは、試験の内容】
社会人入試の場合には、学力試験を実施しない学校も多くあります。小論文の課題や面接によって入学希望者の適正を判断し、選抜していくのが社会人入試の傾向であるといえます。

しかし入学後は、高校の学習を終えたばかりの学生と一緒に学ぶことになります。入試対策と併せて、入学後の授業もしっかり受けられるだけの基礎学力を身に付けておくことも大切です。

また、学部によっては一般入試とあまり変わらない学力試験を課す場合もあります。志望校の社会人入試制度について、よく調べておきましょう。

【人気が高い学部・学科を目指す場合は、狭き門になることも】
近年は比較的多くの大学が社会人入試を実施しているということもあり、基本的に社会人入試の倍率がそこまで高くないといえるでしょう。しかし、本当に人気の高い学部・学科となると話は別です。そもそも社会人入試で募集している人員が少ない場合もあります。

特に看護系は人気が高く、国公立大学の看護系学部の場合、社会人入試だと倍率は8倍程度あることも。在職証明が必要な場合や、実務経験何年以上というような条件付きの場合もあるので、あなた自身に受験資格があるかきちんと調べておきましょう。

【入学後の学費の確保について】
金銭的な理由で社会人入試を検討しているのであれば、奨学金や国の教育ローンの活用も考えてみましょう。

社会人が利用できる奨学金としては、独立行政法人日本学生支援機構の「第二種奨学金」(有利子)というものがあります。他にも各学校が社会人向けに奨学金制度を創設している場合もあるので、志望校を決める上でのポイントとして考えてみてもいいでしょう。

また、入学金や授業料の減免といった制度があるかどうかも調べておきましょう。社会人学生は学費を半額にしているという学校や、特定の資格を保有している社会人に対して入学金を完全免除にしているような学校もあります。
学部や学科によっては、「一般教育訓練給付金」や「専門実践教育訓練給付」という制度が利用できる場合も。修了後にハローワークで申請を行えば、支払った学費の一部が戻ってくることもあります。

社会人入試は学力重視だけの入試ではないので、個々の志望校の入試の傾向をよく知り、計画的な対策を進めることが大切です。進学に関わる費用についても、活用できる制度などをあらかじめ調べておきましょう。

【回答者:進路のミカタ編集部】