進学後に将来の仕事を決めたい。学部・学科はどう選べばいい? ~進路のミカタ知恵袋~

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

進学後に将来の仕事を決めたい。学部・学科はどう選べばいい? ~進路のミカタ知恵袋~

2017.10.27

提供元:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

進学後に将来の仕事を決めたい。学部・学科はどう選べばいい? ~進路のミカタ知恵袋~

Q. 将来の仕事は大学に進学してから決めたいと思っています。学部・学科はどのように選べばいいですか?

A. 大学に入って何を学び、何を経験したいのかを考えよう

大学に進学してから将来を決めるにしても、大学に入って何を学び、何を経験したいのかはしっかりと考えましょう。

【自分の興味・関心から、進学先を決めよう】
まずはあなたの興味のある分野から、志望する学部・学科を絞り込んでいきましょう。例えば、「本を読むのが好き」「数学の公式を突き詰めて考えたい」「英語を自然に話せるようになりたい」といった、自分の好きややりたいという気持ちを大切にしましょう。そこから、文学部、数学科、英語学科などの進みたい学部・学科が見えてくるはずです。

【志望大学について具体的にイメージできるようになろう】
大学・学部ではどのようなことを学べるのか、具体的なイメージを持つことも大切です。大学の雰囲気や学部での学びについて把握できるよう、オープンキャンパスには積極的に参加しましょう。先輩たちの生の声を聞くと、大学生活や専門研究についてイメージしやすくなります。いろいろな大学のオープンキャンパスに参加して、特徴を比較してみるのもいいかもしれません。

【大学進学後も、進路を変えるチャンスはある】
高校のときに決めた進路が、必ずしも自分に合った進路とは限りません。大学生活の中でさまざまな学びや社会経験を経て、本気で目指したい仕事が見つかるということもあります。

近年では、文系・理系を問わず幅広く学ぶことができる文理融合型の大学も多くなっています。また、最初の1年で基礎的な知識を身に付けて、2年生進学時に興味がある学部・学科を選べる大学もあります。最初に学部学科を決められない場合は、進学後に自由に研究のテーマが選べる大学に進むのも選択肢の一つです。


高校と大学との学び方の違い、専門教育や研究活動の内容など大学の学びについてよく調べ、入学後にどのように過ごすか考えてみましょう。心掛けと行動次第で、理想の進路が見つかると思います。

【回答者:進路のミカタ編集部】