就職に強い大学・専門学校は、どうやって選べばいい? ~進路のミカタ知恵袋~

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

就職に強い大学・専門学校は、どうやって選べばいい? ~進路のミカタ知恵袋~

2017.10.10

提供元:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

就職に強い大学・専門学校は、どうやって選べばいい? ~進路のミカタ知恵袋~

Q. 就職に強い大学・専門学校に進学したいです。どうやって選べばいいですか?

A. 就職指導の具体的な内容をよく調べて比較し、自分に合った学校を選ぼう

大学や専門学校の就職率、資格合格者の数にとらわれ過ぎず、自分の性格や目標に合った就職指導を受けられるかどうかを調べてみてください。

就職率が高い、または資格試験の合格者が多い学校が、必ずしも自分にとって学びやすい学校とは限りません。就職指導の具体的な内容をよく調べ、自分に合った指導が得られる学校を探しましょう。

【まずは自分のやりたい仕事は何かを考えてみよう】
「就職に強い」学校を探す前に、まずは自分自身の将来やりたい仕事について考えてみましょう。その仕事や業種によって、必要な資格や専門的な知識があるはずです。

就職率が高い=自分のやりたい仕事に就けるわけではありませんので、自分の興味のある仕事について考え、その仕事への就職率が高かったり、必要な資格を取ることができる学校を探してみてはいかがでしょうか?

【学校選びのポイント】
学校を選ぶ際は、以下のような就職指導体制が整っているかどうかをチェックしてみましょう。

・就職に関する科目・カリキュラムの具体的な内容
自分が目指す業界(例えば、公務員、マスコミ、航空など)の就職試験対策がしっかりしているか、資格試験対策の講座などの教育制度が整っているかなどを確認しましょう。

・個別の相談体制
キャリアセンター施設など、親身になって相談に乗ってくれる先生がいるか、そういった場所があるかなど、就職に向けたサービスがどれくらい充実しているかを確認しましょう。

・学内での企業説明会の有無
企業説明会とは、学校がさまざまな企業に参加の依頼をして、企業に来校してもらう就職説明会のこと。学校によって、参加してもらう企業の数や業種も異なります。企業説明会の有無も確認しておきましょう。

これらの情報は、学校のWebサイトやパンフレットの他、学校説明会やオープンキャンパスなどでも調べることができます。実際に自分の目で見たり、先輩のリアルな体験談を聞いてみるのもとても参考になります。オープンキャンパスには積極的に参加して、複数の学校を比べてみながら自分に合った学校を探しましょう。

【回答者:進路のミカタ編集部】

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける